チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

THE MELLOWSHIP ザ・メロウシップ(354)

Filed under 洋食レストラン

 

ジャズに酔いしれながら、粋な一夜を過ごそう!
チェンマイの夜にはジャズがお似合い?チェンマイの夜にはジャズがお似合い?


チェンマイでは寛ぎながら大人の音楽を聴く場所が少ない。
たまには、グラスを傾けながらジャズでもじっくり楽しみたい……
という方に、うってつけのスポットをご紹介しよう。
週末の夜は大いに盛り上がる。週末の夜は大いに盛り上がる。

フエイケーオ通りプーカム交差点の角、
イビス・スタイルズ・ホテル1Fにあるこのお店だ。
ここの女性オーナー、ジョーイさんの本業はお医者さん。
かつてロックバンドでベースを弾いていたという音楽通だ。
もともとジャズが大好きだったこともあって、
約2年前に念願の「毎日ジャズ・ライブが楽しめるお店」をチェンマイにオープンした。
BBQ Spare RibsBBQ Spare Ribs
表通りに面したガラス張りの店内は、
お洒落でカジュアルなラウンジバーといった感じの落ち着いた雰囲気が漂う。
壁には、懐かしのカウント・ベイシーやスタン・ケントンのライブを告知したポスターが貼ってある。
食事はスナックから、タイ料理、洋食、フュージョン風料理などいろいろなメニューが揃っている。
Salmon Steak Spicy SaladaSalmon Steak Spicy Salada
Duck Prosciutto CrostiniDuck Prosciutto Crostini

Caesar Salada予備Caesar Salada

オードブルには、フランスパンにアヒルの胸肉を載せた一品がお奨め。
西洋人向け(?)特大サイズのスペアリブのBBQは食べ応えがあるので、何人かでシェアするとよい。
ライブは毎晩8時半頃からスタートで2ステージ。
ショーチャージ無料というのが嬉しい。
週末ライブはかなり盛り上がるらしいが、
逆にゆったり聞きたい人は平日が狙い目かも? 
ジャズのスタンダードやポップスのメロウなナンバーを聴いていると、
北タイにいることを忘れてしまいそう。
現在、夜8時までなら、カクテル1杯注文でもう1杯無料のプロモーションを実施中だ。(B)       
本格派シンガーのメロウな歌声に酔う。本格派シンガーのメロウな歌声に酔う。


ザ・メロウシップ情報
【営業時間】18:0 0~24:00 無休(酒類禁止の日を除く)
【電話】Tel: 0-5390-8888, 08-4981-1260
FB:themellowshipjazz
IG:themellowshipjazz
【誌面地図】D-1



 



このページのトップへ

スイート・トリーツ Sweet Treats

Filed under カフェ

 

sweet treats4
一杯ずつお湯を沸かす「急がなくていい」コーヒー。

 チャーンプアック門からお堀の内側を東へ5分ほど歩いたところに静かに佇む
「スイート・トリーツ」は、高床式の民家の床下空間に作られた、隠れ家のようなカフェだ。
sweet treat omake
 天井が高く開放感のある多くのチェンマイのカフェとは対照的に、
低い天井に小さな造りのこの部屋はまるで秘密基地のよう。
 イラストレーターとしても活躍するオーナーのバードさんは
「子どもと一緒にいることのできる仕事をしたい」と、
床下の空間を改築してこのカフェを立ち上げたのだそうだ。
sweet treats 1 2

小さなお子様でも楽しめるような絵本やおもちゃもたくさん置かれている。
sweet treats 6

 質の良いバターや無漂白のきび砂糖など、
その時々で手に入る安心な素材で作られる
ほど良い甘さのケーキはお子様でも安心して食べることができる。
sweet treats 5

また、一杯ずつお湯を沸かして淹れるハンドドリップのコーヒーには
「急がずゆっくり行こう」というバードさんのメッセージが込められている。
少し酸味のあるすっきりした味わいの一杯だ。
sweet treats 2
 バードさん一番のおすすめメニューはゼリーコーヒー(70バーツ)。
コーヒーゼリーの上に新鮮な牛乳が注がれており、
ストローでかき混ぜてから飲むと
ツルツルと柔らかい食感がコーヒーの香りとともに喉を流れていく。
sweet treats 3

 また、裏には日当たりの良い庭が広がっている。
ここも「子どもたちが安心して遊べるように」と造られた空間だ。
児童公園のような遊具は、資材を運び入れこの庭で組み立てられたのだそう。
ゆっくりとコーヒーを飲んだ後は、
日の当たる庭でのんびり過ごしてみてはいかが?
スイート・トリーツ情報
【営業時間】10:30〜18:00(月曜休み)
【電話】083-206-7712
【誌面地図】F−3






 



このページのトップへ

カーオニヤウ・ターブン(352)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

カーオニヤウ・ラート・ナムニヤウ 25B カーオニヤウ・ラート・ナムニヤウ 25B

ブン爺さんのスピリットが生きる庶民の味

お昼時、お客さんがいっぱいのお店は
「安くてウマイ」と相場が決まっている。
スーパーハイウェイ沿いのロータス・カムティアン店近くにある、
チャイ&ユイさん夫妻が経営するこの庶民的な北タイ料理店も例外ではない。
オーナー夫妻とブン爺さんオーナー夫妻とブン爺さん

店名にあるターブン、つまりブン爺さんとは
ユイさんの母方の祖父のこと。
タイヤイ族の血筋を引くブン爺さんは、
長年カーオニアウ(ご飯に豚の血と挽き肉を混ぜバナナの葉で包んで蒸した携帯食)を
チェンマイの街中で売り歩いていたという。
7年ほど前、孫のユイさんはワット・チェットヨート脇の道端で
「祖父の味」を受け継ぐカーオニアウを売り始めて評判になり、
さらに3年前、ブン爺さんの名を冠したこの店をオープンした。
カーオニヤウ・ターブン 15Bカーオニヤウ・ターブン 15B

カーオニアオはそれだけ食べても十分美味しいが、
この店ではそれにナムニアウ(カノムジーンの汁)をかけた
カーオニアウ・ラート・ナムニアウも人気。
カーオソーイ・ガイ 35Bカーオソーイ・ガイ 35B

カーオソーイはココナッツ・ミルク多めの
マイルドな味で日本人の口に合う。
ゲーンペット・ヌア 30Bゲーンペット・ヌア 30B

ゲーンペット、ゲーンキアウワーンなどの汁物は
単独注文でも、ご飯やカノムジーンにかけてもよい。
ソムタム・ムートッククロック 50Bソムタム・ムートッククロック 50B

豚肉入りのソムタム・ムートック・クロックはちょっと珍しいかも? 
ナンプラー味の豚肉カリカリ揚げはナムプリックヌム付き、
ポーピアトート(揚げ春巻き)は中身たっぷり……とそれぞれ良心的な配慮が嬉しい。
ムー・トート・ナンプラー 50Bムー・トート・ナンプラー 50B
ポーピア・トート 25Bポーピア・トート 25B
ガイ・トート・ナンプラー 50B ●サイト用ガイ・トート・ナンプラー 50B

主にユイさんの母親が作る料理は
どれもホンモノの北タイの味。
店のトレードマークになったブン爺さんもさぞ満足していることだろう。
近々、ワット・チェット・ヨート裏手にモダンな支店もオープンの予定。 (B)


カーオニヤウ・ターブン情報
【営業時間】9:0 0~16:00(日曜休み)
【電話】08-9950-6038
【誌面地図】I-2






 



このページのトップへ

ナカラ・ジャルダン Nakara Jardin (350)

Filed under ケーキ

 

岸辺の庭で粋なアフターヌーンティーはいかが?

ケーキ類はどれも140Bケーキ類はどれも140B

ピン川沿いのジャルーンプラテート通りソイ9(ドーイピンマンション向かい)を
ちょっと入っていったピンナカラ・ブティックホテルの裏手の庭にある、
岸辺の素敵なカフェ&レストラン。
ここのアフタヌーン・ティーは最高よ!ここのアフタヌーン・ティーは最高よ!
 
ここの若きご主人、ポムさんは
チェンマイ生まれの中華系タイ人。
若きオーナーのポムさん若きオーナーのポムさん
チェンマイ大学工学部を卒業後、
そのままエンジニアにはならずに、
もともと好きだった料理の道を進むことを決心した。
まず有名料理学校ル・コルドン・ブルーのバンコク校で
フランス料理など洋食の基礎を習得、
バンコクのレストランで修行をしてから、
5年前にこのお店をオープンした。
アイスと生クリームたっぷりのブレッド・プディング 200Bアイスと生クリームたっぷりのブレッド・プディング 200B

ここはもともとピンナカラのオーナーである
アーさんの邸宅の敷地で、
甥のポムさんにその有効利用を託したという。
全体にプライベートで落ち着いた雰囲気が漂っているのはそのためだろう。
P_20170829_143955.jpg
Patisserie & Bistroと看板に掲げているように、
ご主人自ら作るここのケーキは極上レベルの本格派。
たぶん、チェンマイでいちばん美味しいのでは? 
見た目もとびきりお洒落で、まさに食べる芸術品なのだ。
P_20170730_115548_001.jpg
注文してから作るデザート類、
スパゲッティやサンドイッチの軽食、
本格的なメインディッシュ、飲み物類など、
どれもハイセンスで美味しいものばかり。
大きなエビ入りスパゲティがウマイ! 320B大きなエビ入りスパゲティがウマイ! 320B

笑顔を絶やさないフレンドリーなスタッフの応対も実に気持ちがいい。
オープンスペースなのでエアコンはないが、
扇風機の風も自然に涼しく感じられるような、
さり気ない配慮が嬉しい。
こんな居心地のよいカフェでアフターヌーンティーを楽しんだら、
ピン川もセーヌの流れに思えてくるかも?   (B)
満後&パッションフルーツ・スムーシー 120Bマンゴー&パッションフルーツ・スムーシー 120B
DSCN9676.jpg
DSCN9673.jpg

ナカラ・ジャルダン情報
【営業時間】9:0 0~21:00(水曜日)
【電話】0-5381-8977,06-1370-6466
【誌面地図】ちゃ~お地図F-6、https://goo.gl/maps/8vGNV2vcgsJ2


   

 



このページのトップへ

バーン・タックトー Bantaktor 350

Filed under 雑貨

 

どのこもかわいくて迷います

手作りの温もりのある人形を選びたい

3人の王様像広場の近くに、
なんとも可愛らしい人形のお店
「バーン・タックトー(バーンは編む、タックトーは編む)」がある。
PA244870.jpg

日本では編みぐるみという毛糸で編んだ人形が人気だが、
こちらの人形はタイ産のコットンの糸で編まれている。
大きな頭に大きな目の人形は、タックちゃん、トーちゃん、モゾ君の3種類。
小さめに使う

そして、それぞれの人形に服と帽子、鞄、靴を選べるところがとても楽しい。
カラフルな服はフリルいっぱいのドレスあり、ニットとジーンズありと、
いろんな種類があって迷ってしまうほど。
帽子、鞄、服、靴、全部で580B帽子、鞄、服、靴、全部で580B

これらの人形は、パヤオ県のチェンカム郡出身のオーナーのオイさんで、
地元の農村の女性グループに発注をしている。
人形作りに携わる女性は、約50名。
それぞれが農作業の合間に作ったものを買い取るというシステムで、
村人にとって大切な副収入になっているのだそう。
こんなに大きな人形もこんなに大きな人形も
人形以外にも、鍵編みのブックカバーがついたノートやコースター、
がま口のお財布やバック、キーホルダー、帽子など、
つい欲しくなる雑貨もいろいろある。
ブックカバー 180B,250B
編みぐるみのキーホルダーも 180B~

どれも、一目一目、丁寧に編まれていて、
側にあるだけでほっと温もりを感じるデザインだ。
また、ゆったりサイズで着心地の良さそうなコットンの服や、
陶器の急須と湯のみのセットなど、大人向けのハンドメイドの商品もある。
ゆったり着れる服や編んで作ったバックも
小さな娘さんや姪っ子、お孫さんにプレゼントを探している人にも、
自分のためのお気に入りを探している人にもお勧めだ。             (S)

バーン・タックトー情報
【営業時間】9:30~18:00(基本的に無休)
【連絡先】FB BantaktorCiangkum
【誌面地図】H-4





 



このページのトップへ

アルパカフェ&ビストロ Alpacafé & Bistro(349)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

店内でも外でもどうぞ!店内でも外でもどうぞ!

アルパカとビストロの不思議な関係とは?

 プロムナーダ脇の交差点からサンカンペーン温泉方向に
約900m進んだ右手にガラス張りの小粋なカフェ&レストランがある。
この不思議な店名は……やっぱりちょっと気になるではないか!?
●クラーソーン&エーンさん夫妻クラーソーン&エーンさん夫妻
お店のオーナーであるクライソーンさん(バンコク出身)とエーンさん(プーケット出身)は
大学時代に知り合ってから、
一緒に15年ほどプーケットのリゾートで働いた仲良し夫妻だ。
子供の教育のために環境のいい場所を求めてチェンマイに移り、
約2年前に念願の自分たちのお店をオープンした。
2人はいつも穏やかに微笑んでいるような表情の動物アルパカが大好き。
そんな和やかな雰囲気のカフェにしたいという気持ちから
Alpacaféなるユーモラスな造語を店名にしたとか。
●ゲンソム・クン・チャオーム 150Bゲンソム・クン・チャオーム 150B
主にコーヒーなどのドリンク類は旦那さん、料理関係は奥さんが業務分担。
リゾート・レストラン運営の経験を持つエーンさんは、
各種タイ料理からスパゲティやピザなどの簡単な洋食まで、
どんなメニューでもキチンとツボを押さえた料理に仕上げる腕の持ち主だ。
●ミー・ホッキアン 90Bミー・ホッキアン 90B

●ムーホーン 120Bムーホーン 120B
とくにプーケットに伝わる中華風メニュー、海鮮焼きそばミー・ホッキアン(福建麺)、
三枚肉を柔らかく煮込んだムーホーンは日本人受けすること間違いなし。
ピリ辛スープのゲーン・ソムも技ありの旨みがあって、
どんどんご飯が進んでしまう。
日本のカレーライスも人気メニューだ。
ピザ・フォーシーズンズ 140Bピザ・フォーシーズンズ 140B
●マラワーン・パッカイ 80Bマラワーン・パッカイ 80B
ガラス張りの明るい店内
Keep Calm & Be an Alpacaがここの標語。
このお店に入ったら、アルパカになったつもりで
ニコニコしながらのんびり食事を楽しんでいただきたい。  (B)

アルパカフェ&ビストロ Alpacafé & Bistro情報
【営業時間】9:0 0~21:00(水曜日)
【電話】08-1691-6627
【地図】https://goo.gl/maps/q6E3L13EkhK2





 



このページのトップへ

マンチース・カフェ MUNCHiES café(349)

Filed under カフェ

 

森の中の素敵なカフェ

木漏れ日にコーヒーの香りが漂うカフェ&ビラ

チェンマイ大学メーヒア農業学部キャンパスの裏側に、
木々の生い茂る静かなエリアにビラ&カフェがオープン。
小さな門をくぐると、ガラス張りのお洒落なカフェがまず目に入る。
この辺りの道は自転車愛好家のルートになっているため、
朝はサイクリングスーツ姿のお客さん達が立ち寄って
朝のコーヒーを味わっている。

お洒落なカフェスペース
中に入ると大きな窓から、広々とした庭の緑が目に入る。
これからの季節は外の木陰の席も気持ち良さそうだ。
デーツのケーキのキャラメルソースがけは秋の気分デーツのケーキのキャラメルソースがけは秋の気分
アイスラテ、アイスカプチーノ 各70Bアイスラテ、アイスカプチーノ 各70B
コーヒーはドーイサケットとメーホーンソーンで収穫される豆をブレンド。
ラテはたっぷりサイズで、シナモンロールやケーキ、
サンドイッチなど、ホームメイドベーカリーと良く合う。
緑いっぱいの敷地のプライベートな空間
まるで森のような敷地内には、カフェの他に5棟のビラが立っている。
一軒一軒が程よく離れているので、プライベートな空間はしっかり保たれている。
オーナーのテーンさんによれば、
お客さんにゆっくり寛いで欲しいからと、
7日以上の方のみのロングステイ向けになっている(1ヶ月借りると30%オフ)。
広々した間取りで寛げる
どの部屋の窓からも庭の木々を見渡すことができ、
自然の中でのんびりとリラックスできること間違いなし。
市内から少し離れているので、車やバイクなど足がある方が便利だが、
近所には農業キャンパスやドイカム寺、ラーチャプルック国立公園、
ナイトサファリなど、ちょっとそこまでのお散歩コースは選り取り見取りだ。
新築のキッチン付ビラが1日1100~1300B。新築のキッチン付ビラが1日1100~1300B。

すぐ近くのメーヒア市場で食材を買って、
室内のキッチンで料理を楽しむのもいいだろう。
とにかく自然の中でリラックスしたいという人にはぴったりカフェ&ビラだ。 (S)


マンチース・カフェ MUNCHiES café情報
【営業時間】9:00~18:00(日・月休み)
【電話】08-1764-3446、【連絡先】fb Munchies café
【場所】https://goo.gl/maps/8xdwshvhzxk





 



このページのトップへ

ソムタム・パーンサワン(348)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

タム・クンソット 70Bタム・クンソット 70B

お客さん本位のソムタム店は、庶民の味方です!
タイの庶民にとっての人気料理ナンバーワンといったら、やっぱりソムタムだろう。
「安い、旨い、早い」の3拍子揃った庶民の味方の食べ物なのだ。
庶民のアパートがひしめくサンティタム地区はソムタムの激戦区。
そのなかでも、学生さんたちの支持率が高いのがこのお店だ。
カフェのような雰囲気なのだ。カフェのような雰囲気。
ここの女性オーナー、ニットさんはソムタムの本場、
イサーンはウドーンターニーの出身。
チェンマイに出てきてから、雇われ仕事で屋台のソムタム作りを担当、
やがてその店を引き継ぎ、約10年間でソムタムの人気店にした。
その2号店として、昨年11月にオープンしたのがこのお店だ。
設備投資最小限の素朴な本店(地図E-1)とは対照的に、
こちらは立派な門構えで座席数も多く(大人数グループもOK)、
テーブルもソファーもきちんとしているから、寛ぎながら食事をとることができる。
お店はグレードアップしても値段は据え置きなのが嬉しい。
タム・テーン 30B タム・テーン 30B
タム・ケープムー 50Bタム・ケープムー 50B
店の基本はセルフサービス。
まず、奥のカウンターでお好みのソムタムや料理を注文してから、
右手ガラスケース内の串刺しのガイヤーン(焼き鳥1本20バーツ)を皿に載せ、
ビニール小袋入りカーオニアオかカノムジーン(1袋10バーツ)を選び、
生野菜(無料サービス)を取り、飲み物を持っていく……という流れになっている。
トム・セープ 50Bトム・セープ 50B
スプ・ノーマイ 40Bスプ・ノーマイ 40B

友達2、3人と一緒なら、ソムタム+ガイヤーン+カーオニアオの3点セットを食べても、
50バーツでおつりがくる。
「お客さんが(安くて)食べられるから、私達も食べられる」と話すニットさん。
安易な値上げはせずに、今日もソムタム作りに腕を振るっている。      (B)          
これだけで大満足!これだけで大満足!
ソムタム・パーンサワン情報
【営業時間】9:0 0~20:00(無休)
【電話】08-8403-0087
【誌面地図】F-2






 



このページのトップへ

Thai Tribal Crafts Fair Trade タイ・トライバル・クラフツ・フェアトレード(348)

Filed under 未分類

 

P9214525.jpg

機織体験で豊かな時間を

イギリス大使館近くのバムルンラート通り沿いに、
カラフルなハンモックがぶら下がったお店がある。
そこは北タイ各地の山岳民族の支援を目的とした、
ハンディークラフトを販売するショップで、
モン、カレン、ラフ、リス、ヤオ、アカ、ラワの7民族の手工芸品が並んでいる。
IMG_8028.jpgP9214554.jpg


238号でも一度紹介しているが、
最近新たに山岳民族の座織りの織物教室を開催しているというので行ってみた。
P9214515.jpg
教室は、ちょっと古びたなかなか渋い佇まいの建物の3階。
教えてくれる先生はラワ族の女性のトゥイさんだ。
ワンツーマンで、必要なら通訳(英語、日本語)も頼める。
カレンやラワ族の伝統的な座織りスタイルは、床に座って脚を伸ばし、
腰帯で経糸を張りながら織っていく。
穏やかな雰囲気の中、ひたすら機織の動作に向き合うのは、とても贅沢な時間。
P9214547.jpg
定員は1人から3人まで。家族3人で体験する人もいる。
織れる長さは人によってまちまちだが、織れた分は持って帰ることができる。
3時間じゃ足りないという人は、午前、午後の6時間コースも選べる。
あるオーストラリアからのお客さんは、すっかり気に入ってしまって、
座織りセットを一式購入して、帰国後も織り続けているのだとか。
この織機の良いところは、壁から外してくるくるっと巻けば小さくまとまるところ。
どこにでも持っていくことができて便利だ。
P9214520.jpgこんな柄織りは上級者
 「機織の体験を通して、森に住む人々の文化や、
手で作ることの大切さを知ってもらえたら嬉しいです」とは、
日系アメリカ人のボランティア、ジョイスさん。
12月までは彼女が滞在しているので、
言葉に不安のある人も気楽にチャレンジできるよい機会。ぜひお試しあれ。  (S)

タイ・トライバル・クラフツ・フェアトレード情報
【営業時間】9:00~17:00(日曜休み)。機織教室は火・木9:00~12:00、13:00~16:00(要予約。火・木以外の曜日を希望の方は相談可。予約の時に、草木染の糸か科学染料の糸かを指定できる)
【予約・連絡先】 experience@ttcrafts.co.th、電話0-5324-1043
【値段】3時間1人1200B、午前午後の6時間なら1人2200B
【誌面地図】H-4 https://goo.gl/maps/FJ4mN33PZrB2







 



このページのトップへ

ホーリー・グリル Holy Grill(347)

Filed under 韓国料理

 

コリアン風味とチーズの相性はバッチリでしょ?
Lサイズ2種類入り 450BLサイズ2種類入り 450B

チェンマイ大学に近いトンパヨーム市場脇の道を空軍基地ゲートに向かっていく途中右手に、
今、若者の間で人気を呼んでいるユニークなお店がある。
店のウィンドーにはハングル文字が書かれていて、
店内にはK-POPが流れている……てっきり韓国人経営のお店かと勘違いしそうになったが、
「オーナーです!」と目の前に現れたのは、
意外にもうら若きタイ人美女だった。
うら若きオーナーのキックさんうら若きオーナーのキックさん


薬剤師としての顔も持つこの女性キックさんは、
韓国を旅行した時、肉にチーズを絡めた料理を初めて食べて「タイの若者に受ける味」だとピンときた。
今年3月に学生の多いエリアを選んで、
この新感覚メニューのレストランをオープンした。
店名は、キリストの最後の晩餐の時に用いた聖杯Holy Grailをもじったものだとか。
スペアリブのバーベキュー 135Bスペアリブのバーベキュー 135B
肉は、骨付き鶏肉、豚スペアリブ、
柔らかい豚肉の3種類から選ぶ。
お値段のほうはMサイズ255バーツ、
Lサイズ(2種類の肉を選んでもよい)455バーツ。
調理済みの肉とたっぷりチーズ(チェダー+モッツァレラ+パルミザン)を載せたフライパンが熱くなってくると、
次第にチーズが溶け始め、それを箸でかき混ぜていく。
熱くなって溶けてきたらかき混ぜる。、熱くなって溶けてきたらかき混ぜる。

トロトロになったチーズをぐるぐると肉に絡めていく作業が楽しい! 
こうやってトロトロのチーズを巻いていく。こうやってトロトロのチーズを巻いていく。
ちゃんとビニールの手袋が用意してあるので、
手づかみでも大丈夫。
この甘辛のコリアン風味の肉とチーズとの相性がバッチリなのだ。
ジャージャー麺 125Bジャージャー麺 125B
他にジャージャー麺などのヌードル(韓国インスタント麺)、
ご飯ものも注文できる。
実はキックさんは大の日本好き。
年末まで「ちゃ~お」持参で10%割引サービスしてくれる。(B)
いつも学生さんたちで賑わっている。いつも学生さんたちで賑わっている。
DSCN8983.jpg

ホーリー・グリル情報
【営業時間】11:0 0~21:00(無休)
【電話】Tel:09-1551-9222
FB:holygrillkoreancafe
【誌面地図】ちゃ~お地図B-2 https://goo.gl/maps/TzwRUyBJwim/div>




 



このページのトップへ