チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Mai Kiddee マイキディー(343)

Filed under 未分類

 

見学に来る人が多い

緑いっぱい! のびのび育つ幼稚園

ピン川に架かるランナーⅣ橋を渡って直進した左側に、緑の生い茂ったエリアがある。
その中の様々な国旗が下がった門を入ると、大きなトランポリンで遊ぶ子供たちの楽しそうな笑い声が聞こえてきた。
敷地はとっても広くてのびのびした最高の環境だ。
一番小さい園児は2歳半
ここは韓国人オーナーが経営するインターナショナルの幼稚園で、
2~6歳の、タイ国籍のハーフの子供や、
様々な国の子供たちが集まっている。
クラスは、2~3歳児までのDay Careと、3歳~4.5歳児のKindergarten1、
4.5歳~6歳児のKindergarten2に分かれている。
1クラス6人程度と少人数制。
各クラスに、英語のネイティブの先生とタイ人の保母さんが数人ついている。
ベテラン先生による英語のレッスン。楽しそう!ベテラン先生による英語のレッスン。楽しそう!

英語が話せなかった子供たちも、卒園するころには理解できるようになっているそうだ。
期間は各19週間の2学期制(今年は5月15日~9月22日と、10月24日~12月24日)。
間の休みにも、CAMPという期間を設けて預かってくれる。
1日のスケジュールは、遊びながら学ぶ英語や数字、
アート、ミニゴルフやプール、お昼寝、外で遊ぶ、など。
DSC085901.jpg
特に、脳を発達させるのに重要な手を使う活動は毎日行っている。
手をたくさん使うことが大切です
昼食と2回のおやつタイムがある。
また、動物園や公園へのフィールドトリップ、ローイクラトーンやクリスマスなどのイベントもある。
先生から保護者へのレポートもあり、ミーティングも設けている。
旅行で来る家族のために、1ヶ月単位での預かりも引き受けているそうだ。
興味のある方は気軽に見学を申し込んでみて。  (S)
絵本のコーナーも充実
プールもひろびろ~
民家を改造したぬくもりのある建物民家を改造したぬくもりのある建物

Mai Kiddee マイキディー情報
【営業時間】8:00~17:00(月~金)、土曜日は英語教室あり
【電話】0-5200-9325
【地図】https://goo.gl/maps/xPVhuFsqeGA2【サイト】www.maikiddee.com,fb kiddee.house.5






 



このページのトップへ

セーンカム・テラス Saenkham Terrace แสนคำเทอร์เรส(343)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

予備(レストランからの眺め)AAA_5524
アートと料理が融合されたレストラン

チェンマイにおいしい店はたくさんあるが、
味が良くて雰囲気もセンスも素敵なタイ料理レストランとなるとぐっと数が減る。
その中でも、日本から来た友人などを連れて行くのにおすすめなのが、
バーン・ナイ・ファンという住宅地にある「セーンカム・テラス」だ。
ソムジェットさん (1)ソムジェットさん
共同オーナーのソムジェットさんとワンペンさんが20年以上前にオープンした店は、
今も地元の人に愛され続けている。
店内の絵や家具、装飾品などのインテリアも見事だが、
外には青々とした美しい田園が広がっている。
実はこの田んぼ、レストランがオーガニック栽培しているもので、
採れた玄米は店で味わうことができる。
また、一部販売しているお米の売り上金は、郊外の学校建設費用にあてている。
鶏肉のカシューナッツ炒め。器まで食べられる。(180B_) (3)鶏肉のカシューナッツ炒め。器まで食べられる。(180B_)
メニューはタイ料理と北部料理があり、おなじみ鶏肉とカシューナッツの炒め物「ガイ・パット・メットマムアン」や
トムヤムクン、春巻き「ポーピヤ・サーラーイ・クン」、
エビと海苔の春巻き(180B_) (1)エビと海苔の春巻き(180B_)
天日干しシイタケの揚げ物(170B_) (1)天日干しシイタケの揚げ物(170B_)
天日干ししたシイタケに衣をつけて揚げた「ヘットホーム・デートディアオ」など
種類豊富に揃えている。
トムヤムクン(時価) (1)トムヤムクン(時価)
トムヤムには大きな手長エビやココナッツの実が入っていたり、
鶏肉のカシューナッツ炒めを盛り付ける容器がタロイモを揚げたものでできていたりと、
見た目も味もこのレストランならではだ。
金曜日と土曜日の夜はピアノの生演奏(19:00~)も楽しめるので、
家族や友人、恋人を連れて行ってあげたら喜ばれるに違いない。
日本語メニューもある。(O)
セーンカム・テラス情報
【営業時間】11:00~22:00(無休)
【電話】0-5383-8990、08-9850-3763
【地図】https://goo.gl/maps/Bk3hjmJP7oD2【サイト】www.saenkhamterrace.com 





 



このページのトップへ

N&K Cafe’ (342)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

ミンムアンの味を引き継いで
ブリトー(ベジタリアン)100B ブリトー(ベジタリアン)100B

二マーンへーミン通りで長く親しまれていたタイ料理レストラン「ミンムアン」。
読者にもファンが多いと思うが、
移転後、惜しまれながら閉店。
ところがつい3ヶ月ほど前、ミンムアンで18年間料理を担当していた
若夫婦のヌンさんとグンさんが、
ミンムアンの味を引き継ぐレストランを旧市街にオープンさせた。
グンさん(左)、ヌンさん (2)グンさん(左)、ヌンさん

メニューを開くと、ミンムアンでもお馴染みの料理が並んでいて嬉しくなる。
カーオソーイ・ガイ 80Bカーオソーイ・ガイ 80B

タイ料理はどれも間違いない美味しさだが、
2人のお勧めはチェンマイ名物のカレーラーメン「カオソーイ・ガイ」。
外国人でも美味しく食べられるようにと、辛さ控えめでソフト。
それでいてコクのあるスープは、幅広のコシのある麺との相性も良く、
最後まで飲み干せる美味しさだ。
盛り付けも美しくて写真を撮らずにはいられないはず。
バミーナームサイ・シーフード 80Bバミーナームサイ・シーフード 80B
同じ麺を使った「バミーナームサイ・シーフード(シーフードラーメン)」は、
日本人なら誰でもホッとする味だ。
トーマングン トーマングン120B
他に、衣はサクッ、中はプリプリっのエビのさつま揚げ「トート・マングン」や、
ソフトシェルクラブのカレー炒め「プーニム・パットポンガリー」、
ココナッツミルクとチキンのスープ「トムカー・ガイ」も美味しい。
レモングラスのサラダ 100Bレモングラスのサラダ 100B
タイ料理上級者には、パンチの効いた
エビとカシューナッツ入りレモングラスのスパイシーサラダをどうぞ。
場所柄、西洋人旅行者が多いので、ブリトーやハンバーガー、
またベジタリアンメニューも充実している。
気取らない雰囲気のレストランで、
2人が心を込めて作るタイ料理を味わってみてはいかが?      (S)
ライムミント(手前) 50Bライムミント(手前) 50B

N&K Cafe’情報
【営業時間】7:00~22:00(月一回の不定休)
【電話】08-1602-4934
【誌面地図】Eー4






 



このページのトップへ

Eat@Rincome(342)

Filed under 洋食レストラン

 

できたてのホテルで美味しいひととき
予備(レストラン)1

ニマーンヘーミンのリンカム交差点にU Nimman Chiang Maiホテルがついにオープンした。
横のコンベンションセンターはまだ建設中だが、
ホテルはほぼ満室状態で、併設のレストラン「Eat@Rincome」では、
シェフこだわりのタイ料理と洋食を食べることができる。

シェフのティティさんシェフのティティさん

シェフのティティさんはバンクーバーやシンガポール、
クアラルンプール、バンコクなどのホテルやレストランで30年以上働いてきたベテランで、
ここのメニューをすべて考案している。
Chilean Sea Bass (450B)、Chefs Salad、Spicy TagliatelleChilean Sea Bass (450B)、Chefs Salad、Spicy Tagliatelle

オーブン焼きシーバスのバルサミコソース添え(Chilean Sea Bass)や
クリーミーなハーブドレッシング味のシェフサラダといった洋食の他、
北部のソーセージ「サイウア」をタリアテッレとあわせたパスタ(Spicy Tagliatelle)や
大きな川エビを生胡椒と炒めたぴり辛タイ風スパゲッティー(Hot Basil Spaghetti)、
殻ごと食べられるソフトシェルクラブのソムタム(Som Tam Poo Nim)、
塩卵の焼き飯(Kao Pad Goong Kai Kem)といったフュージョン料理など、
どれもここでしか味わえないものばかりだ。
Som Tam Poo Nim(220B)Som Tam Poo Nim(220B)

Hot Basil Spaghetti(250B)Hot Basil Spaghetti(250B)

また、図書館をイメージしたロビーラウンジではアフタヌーンティーを楽しむことができる。
本にちなんで「First Edition」(初版)、
「Limited Edition」(限定版)といった名前がついていて、
タイ菓子を中心にしたものから洋菓子がメインのものまで4種類あり、
飲み物とセットで199B~(2人分。税・サ込)とお手頃。
本のような箱に入っているLimited Edition (2人分で299B)本のような箱に入っているLimited Edition (2人分で299B)
ビュッフェは金・土の18:00~22:00、250B。こちらも要チェックだ。(O)


Eat@Rincome情報
【営業時間】6:30~23:00(~11:00朝食メニュー)
【電話】0-5200-5111、(URL)www.unimmanchiangmai.com
【誌面地図】見開き地図E-2、ニマーン地図L-2







 



このページのトップへ

ラープ・ガイ・ニマーン(341)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

北タイ郷土料理はコロニアルな雰囲気で
パット・パックチアンダー・サイ・カイ 70B パット・パックチアンダー・サイ・カイ 70B

読者の方から
「ニマーンヘーミンにあまり知られていない美味しい北タイ料理の店がある」
という情報をいただいき、
早速、探しに出かけた。
北タイ料理店というよりは…。北タイ料理店というよりは…。

北タイ料理というから、ラーンナー風の素朴な店構えで、
いかにもそれっぽいゆったりした音楽でも流れているかと思いながら覗いてみたら……
壁にはワインボトルが並び、
どこかコロニアルな雰囲気の店内からは
軽快なレゲエが聞こえてきた。
タム・カヌーン 60Bタム・カヌーン 60B

ここの女性オーナー、ガイさんはチェンマイ郊外サンパートーン郡の出身、
以前は工芸品関係のビジネスをしていたが、
もともと料理好きだったこともあって
約3年前にこのレストランを開いた。
フランス人の旦那さんの洒落たセンスも店のあちこちに見え隠れしている。
タイ語

チェンマイには北タイ料理の看板を掲げたところはたくさんあるが、
ホンモノの北タイ家庭料理が食べられるお店は意外と少ない。
その点、ここのメニューはなかなか本格的だ。
たとえば、各種ゲーン(唐辛子スープ)類など、
北タイの食卓ではお馴染みの「おふくろの味」がいろいろ載っている。
しかも、ほとんどのメニューが100バーツ以下とお値段も安いから嬉しくなる。
●¥ラープ・ガイラープ・ガイ

店名になっている(オーナーの名前にもかけてある)ラープ・ガイは
癖がなく食べやすい味で、野菜との相性は二重丸。
北タイ風和え物サーは日本人好みの一品だが、
普通の店では食べられない。
●サー・テンクワー ?B サー・テンクワー
ここではさっぱりキュウリとケープムー(豚の皮揚げ)の絶妙の組み合わせでどうぞ。
●カーオソーイ・ガイ 89B カーオソーイ・ガイ 89B

今の時季なら、野生のまん丸キノコ、
ヘット・トープの珍味も堪能できるので、ぜひトライしてみては?   (B)
●ゲーン・ヘットトープ・サイ・ノーマイソム 110Bゲーン・ヘットトープ・サイ・ノーマイソム 110B

ラープ・ガイ・ニマーン情報
【営業時間】10:00~22:000(無休)
【電話】09-8545-5863 FB: Labkai Nimman
【誌面地図】D-2、ニマーン地図M-5







 



このページのトップへ

กำแพงแก้ว ガンペーンゲーオ(341)

このページのトップへ

タイランド・キング・フルーツ・パラダイス Thailand King Fruit Paradise(340)

Filed under 未分類

 

フルーツ王国タイの果物が食べ放題だよ!
●ドリアンとライチは今が食べ頃よ。 ドリアンとライチは今が食べ頃よ。

雨降り続きでウンザリの毎日だが、悪いことばかりじゃない。
雨季になると、南国の魅力的な果物が次々とお目見えする。
たとえば、フルーツの王様ドリアン、女王マンゴスチン、
楊貴妃が大好きだったライチ……と、どれも甲乙つけがたいおいしさだ。
●中国から来たかいがありました!中国から来たかいがありました!

5月19日、MAYA前のThinkParkで商務省大臣、
チェンマイ県知事など要人も臨席して、
果物王国タイが誇るフルーツを食べ放題で提供する
「タイランド・キング・フルーツ・パラダイス」(チェンマイ県・商務省・ThinkParkなどの主催)の
盛大なオープニング・セレモニーが催された。
●オープニング・セレモニーも華やかに。オープニング・セレモニーも華やかに。

チェンマイを訪れる外国人(主に中国人?)観光客に
安くて良質な産地直送の果物を満喫してもらおうという期間限定特別企画だ
(ブッフェ料金1人399バーツ。9月15日まで毎日開催)。
どれどれとブッフェ会場ThinkPark内T Stationを覗いてみると、
ドリアン、マンゴスチン、ライチ、マンゴー、パイナップル、チョンプー……とまさに南国の果物のオンパレード! 
何から食べたらよいか、迷ってしまうが、
まずは元を取るために(?)殻付きのドリアンにトライしよう(カロリーが高いので食べ過ぎに注意)。
●まずはドリアンに手が伸びる?まずはドリアンに手が伸びる?
そのほか旬の果物がどれも食べ放題だから、
果物好きにはたまらない。
さらに、ココナッツ味のもち米にマンゴーを載せたマムアン・カーオニアオ、
フルーツ・アイス、フルーツ・ジュース、ココナッツ・ゼリー、タイのお菓子もどうぞ! 
メロンとスイカのアート?メロンとスイカのアート?
私たちフルーツ娘です!私たちフルーツ娘です!

10人グループなら1人299バーツの割引料金になるというから、知り合いを誘って行こう!(B)
チョンプーとパイナップルチョンプーとパイナップル
カーオニアオ・マムアンもあるよ!カーオニアオ・マムアンもあるよ!
タイランド・キング・フルーツ・パラダイス 情報
【営業時間】12:00~20:00(9月15日まで)【休み】無休【連絡先】06-2347-8799 FB:thailandkingfruitparadise
【誌面地図】E-2、ニマーン地図K-2







 



このページのトップへ

The Chef Restaurant ザ・シェフ・レストラン(340)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

木造の米蔵レストランで味わうタイの味
ゲーンキアオワーン・プラーサリット・トーグロープ 149Bゲーンキアオワーン・プラーサリット・トーグロープ 149B

旧市街のチェンマン寺の南側、米蔵を改装した素敵なレストランがある。
古いチーク材の柱を活かしたシンプルな内装、
大きな窓から植物を愛でつつ、
タイ料理を中心に洋食やフュージョン料理を味わうことができる。
DSC05422.jpg
DSC05438.jpg
オーナーはタイ人男性のビーさんとタイさん。
ビーさんは、高級ホテルのレストランのマネージャーや
ワインのソムリエを務めた経験をいかし、接客を担当。
そして、タイさんは、コックドールなど有名フレンチレストランのシェフ暦20年。
そんな実力のある2人が志しているのが、
タイ料理の美味しさを伝えること。
高級魚のフライやオーストラリア牛のステーキなども提供しているが、
2人にお奨め料理を尋ねるとタイ料理が上がってくる。

まずは「サリット」という淡水魚のフライを添えたグリーンカレーを。
ココナッツミルクのコクとハーブの香り豊かなカレーと、
タンパクな白身魚との相性が抜群。
元フレンチのシェフらしい盛り付けが美しい。
P5273783.jpgベーコンのスパゲティー 69B

もう1つは、お馴染みタイの焼きそば「パッタイ」。
タマリンドソースの甘酸っぱさがほんのり感じられ、
麺と具とのバランスが絶妙。
カーオオップ・サッパロット 119Bカーオオップ・サッパロット 119B
お子さんにも人気のパイナップル蒸しご飯「カーオオップ・サッパロット」は、
パイナップルをくりぬいた器に、レーズンやナッツ、
豚のでんぶ、パイナップルの入った、
食べればハッピーになる蒸しご飯だ。
DSC05458.jpgパッタイ・グン(エビ) 79B
DSC05474.jpgフルーツのジュースは59B~
こんなに美味しいのに値段は69バーツからと、とても良心的。
タイ料理以外にも、スパゲティーやステーキ、ハンバーガーなどの洋食メニューも豊富。
いろいろ食べに通いたくなるレストランだ。         (S)
DSC05415.jpg
The Chef Restaurant ザ・シェフ・レストラン情報
【営業時間】11:30~21:00(毎月15日定休)
【電話】08-6659-0740
【誌面地図】F-3





 



このページのトップへ

ボー・クン・ベンジャワン บ่อกุ้ง เบญจวรรณ

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

活きたエビやカニをその場で焼いてくれる!
DSCN8448.jpg

市内から国道118号線を進んで内側環状線を渡り、
サームイェーク市場を過ぎてすぐ左手に
殻付きのエビを焼いている店を見つけた。
店内を覗くと、いくつかのタイル張りの水槽があり、そこにエビが泳いでいた…。
3日に1回、活きたエビを運んでくる。3日に1回、活きたエビを運んでくる。

網ですくうとピチピチ跳ねる。網ですくうとピチピチ跳ねる。

 ここはクン・ペン、つまり活きた淡水エビを専門に扱っているお店。
華人の血をひくチェンマイ育ちのご主人ヨートさんは
保険関係の仕事をしていたが、約2年前にこの店を開いた。
「エビが大好き。安くておいしいエビが食べたかったから」
という実に単純明快な動機が微笑ましい。
店名のベンジャワンは母親の名前からつけたもの。
オーナーのヨートさんは大のエビ好き!オーナーのヨートさんは大のエビ好き!

 活きたエビは3日に1回、
中部スパンブリー県の友人の業者から仕入れ、店の水槽に放す。
毎日、平均して30~50kgほど販売。
買いに来るのは業者やレストランなど常連の顧客がほとんど。
値段のほうはM・L・XL・XXL・ジャンボとサイズによって異なり、
1kgあたりそれぞれ449・599・699・799・899バーツ(5月現在)となっている。
炭火で焼くエビは香ばしい。炭火で焼くエビは香ばしい。
5匹でも10匹でもその場で焼いてもらうこともOKだ(焼き代無料)。
カニは蒸すか焼くかお好みで。カニは蒸すか焼くかお好みで。
DSCN8461.jpg

塩水の水槽には南タイ産の活きたカニが入れてあり、
こちらもお好みで焼いたり蒸したりしてくれる。
お値段は699バーツ(3匹で1kg)、750バーツ(2匹で1kg)とレストラン価格よりずっと安い。
南タイ産のカキは特大サイズだ。南タイ産のカキは特大サイズだ。

 ほかにスラータニー産のカキ、
プーケット産のイカなどのシーフードは2日に1回空輸で仕入れている。
「店頭販売のパック入り焼きエビは安いけど、
氷漬けで鮮度は劣るからお奨めしない」と正直に教えてくれたヨートさん。
その商売に対する良心的な姿勢が嬉しい。    (B)      

13419185_994661363981262_2932867285336379692_n.jpg
ボー・クン・ベンジャワン情報
【営業時間】9:00~20:00(無休)
【電話】08-6916-6665、08-7787-2324
【誌面地図】J-4の先








 



このページのトップへ

ケーキクラブ Cake Club(339)

Filed under カフェ

 

穏やかな時間の流れるケーキ屋さん
DSC04830.jpg
チョンラパターン運河を南へ行き、
サムーンの交差点からサムーン方面に2キロほど入った左手に、
ウティラート寺の大きな白い仏像が見える。
その向かいに、西洋風とラーンナー風がミックスした
なんとも可愛らしい建物あり、それが今回紹介するケーキ屋さんだ。
P9019182.jpgカフェラテ 40B、ブラウニー 50B

日替わりで毎日約4種類のケーキを焼いているのがエイムさん。
ちょっとビターなコーヒーなど、ケーキに合うドリンクを担当するのがご主人のテッドさん。
息の合ったご夫婦が経営する愛情たっぷりの小さな店内には、
ナチュラルな木のテーブルがゆったりと配置。
生まれたばかりの赤ちゃんもいて、とてもアットホームな雰囲気だ。
P7287632.jpgブルーベリー・チーズケーキ 60B
まずは作り立てのケーキが並ぶショーケースを覗いてみよう。
西洋人のお客さんに人気なのが、
ブルーベリーのソースをたっぷりとかけてくれるクリームチーズケーキ。
ボストン・チーズケーキ 60Bボストン・チーズケーキ 60B
チョコレートの風味豊かなブラウニーやボストンチーズケーキも定番だ。
P6166054.jpgレッドベルベット 60B
P5073769.jpg小豆入り抹茶チーズケーキ 60B  
その他、カップに入ったレッドベルベットや抹茶チーズケーキなど、
お土産にも喜ばれるキュートなケーキ、
そして、しっとり柔らかいチョコレートケーキや、
口の中で優しく溶けるティラミスもぜひ味わいたい。
P8118196.jpgゆったり座れます。

街中のケーキに比べると、甘さはやや控えめ。
生クリームやバターは品質の良い輸入品を使用するなど、
素材にこだわりながら、価格は良心的。
お客さんとの語らいを大切にしているエイムさんのお店には、
毎日通う常連のお客さんもいる。
市内からやや離れているものの、
美味しいケーキをゆっくり味わいたい人はきっと満足できるはず。
ぜひ一度訪れてみて欲しい。  (S)

Cake Club情報
【営業時間】8:30~18:00(無休)
【電話】09-9465-5161
【誌面地図】A-3先



misechizu.jpg



 



このページのトップへ