FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

くぼちゃん Kubochan(399)

Filed under 屋台

 

懐かしい屋台の味をチェンマイで楽しむ

まるで縁日の屋台みたい。まるで縁日の屋台みたい。

オールドチェンマイカルチュラルセンターそばの「ガートマニー」は
いろいろな料理が楽しめる大規模屋台市場。
最近、そこになんと日本屋台が出現したとか!? 

この店のご主人、くぼちゃんこと久保田さんは
山梨県甲府の出身で、
実家は80年も続く和菓子屋の老舗。
敢えて家業は継がずに宝石加工業のビジネスを展開していたが、
リーマンショックの時にバンコクでの事業に失敗、
財産をすべて失って奥さんの実家チェンマイへ。
しばらく茫然自失の日々を送っていたが、心機一転、
2年前にチェンマイ大学正門前の夜間市場で始めた日本屋台が大人気になり、
さらに今年9月にこの店を出したばかり。
もうそろそろ焼けたかな?もうそろそろ焼けたかな?

目の前で作ってくれるたい焼きは
まさに懐かしい本物の日本の味。
最初は粉の選択にひと苦労したとのことだが、
ミルク、卵をたっぷり混ぜて焼き上げたその皮は翌日になっても固くならない。
女の子にはバナナ入りチョコレートが大人気!女の子にはバナナ入りチョコレートが大人気!

中身はあんこ、カスタード、チョコレート(本当のチョコレート使用、バナナ入りもあり)、
ブルーベリー、抹茶の5種類で、すべて自家製。
これで1個たった25バーツ! 
こんがりして美味しそう!こんがりして美味しそう!

小さい時から店を手伝ってきただけあって、
たこ焼きを作る手つきはさすが鮮やか。
ちゃんと出汁、天かす、桜海老入り、
最後に鰹節、青海苔まで振りかけてくれて、5個入り30バーツ。
さすが鮮やかな手つきなのだ。さすが鮮やかな手つきなのだ。

どら焼きは、自宅で用意したものを販売。
たっぷり詰まったあんこ(カスタード)と弾力のある皮との相性はバッチリ。
1個20バーツ、3個50バーツとこちらもタイ人価格で大サービス。
本物のどら焼きがこの値段。本物のどら焼きがこの値段。

「やっぱり日本人として恥ずかしくないものを作りたい」
と語るご主人の心意気が嬉しい。(B)

●こうやって型に流し込んでいく。


くぼちゃん Kubochan情報
【営業時間】17:00~22:00(無休)
【電話】08-6977-1869
【誌面地図】B-5


      


 



このページのトップへ

ディン カフェ Din cafe(399)

Filed under カフェ

 

自然とのつながりを感じるカフェ
外観
魅力的なお店が増えているハーンドン・エリア。
トンクウェンの交差点をサムーン方面へ行った左側のセブンイレブンの側にまた1軒、
素敵なカフェがオープンした。
郊外ならではの広々とした庭をながめつつ、
土と木と竹を使った目にもやさしい民家風の建物で
オーガニックのコーヒーを味わうことができる。
ラテ 75Bラテ 75B

店ではメーチェム地方のコーヒー豆を使用している。
オーナーのルンさんは
メーチェムの布を広める活動で著名なヌサラーさんの娘さん。
環境問題に関心の高く、
メーチェムの広大な森を切り開いたトウモロコシ畑の農家の年収が
2000Bと聞きショックを受け、
木綿を植えてもらいフェアな価格で購入したり、
森で採れるコーヒーを使いうことで役に立ちたいと考えているそうだ。
オーナーのルンさんオーナーのルンさん

父親も旦那さんも建築家で、
2人とも最初は土の家を作っていたこと、
母親に「人は最後は土に還る」と教えられたこと、
自然と共存できる暮らしを大切にしたいという思いを込めて、
「ディン(土)」という店名をつけたのだとか。
ブラッシュオン 90Bブラッシュオン 90B

器にはチェンマイの土を使った陶芸作家のカップや竹のストローを使っている。
香りがよく、深い味わいのコーヒーのお供に、
焼きたてのブラウニーやカヌレ、スコーン、
マドレーヌなどの焼き菓子がぴったり。
焼きたてのブラウニー焼きたてのブラウニー
アイス・アメリカン 70Bアイス・アメリカン 70B

冷たいメニューなら、
オレンジジュースとブレンドした「テラコッタ」が人気。
コーヒー以外に、ココアや抹茶ラテもあるし、
オリジナルのフルーツジュース「ブラッシュオン」は
ざくろの実が入っていて見た目にも楽しい。
ブランコもあり子連れもOKだ。   (S) 
外の席も心地よい

ディン カフェ Din cafe情報
【営業時間】8:30~17:30(水曜定休)
【FB】https://www.facebook.com/Dincafe.cnx/





 



このページのトップへ

茶せき Chaseki(398)

Filed under カフェ

 

香り良い京都産の抹茶を楽しめるカフェ
濃茶は2種類ある(349B~)濃茶は2種類ある(349B~)

 チャーンプアック門近くのお濠沿いに
本格的な抹茶を味わえるカフェがある。
ドイツ人のトムさんとタイ人パートナーのJJさんの店で、
日本茶に惚れ込んだトムさんが去年の11月にオープンした。
トムさん2トムさん

 特筆すべきことは、京都産の抹茶を使用していること。
それも日本でトップ30に入る茶師がブレンドする高品質な抹茶だ。
それをぜいたくにラテやフラッペ、ケーキなどに入れているため、
ひとくち口に含んだだけで、香りの違いに気づくはず。
濃厚な泉抹茶ラテ (155B)濃厚な泉抹茶ラテ (155B)

日本でもこのレベルの抹茶を出すカフェは少ないだろう。
牛乳はピスタッチオ、アーモンド、
クルミミルクに代えることもできる。
なんとラテやフラッペを買うと、
抹茶ケーキやアイスクリーム、ブラウニーなどが無料でついてくるから驚きだ。
抹茶が3層になっている抹茶チーズケーキ(99B)抹茶が3層になっている抹茶チーズケーキ(99B)

水だしほうじ茶や玄米茶フラッペなどの冷たいドリンクの他、
温かい煎茶やほうじ茶、玄米茶、玉露もある。 
特に抹茶好きにおすすめなのが、お濃茶。
どろっとしていて一見苦そうだが、甘味があり、
まるで濃厚なチョコレートのようだ。
どれもトムさん自身が飲みたいグレードのもの、
厳選したものだけを提供しているため、
口に入れる度に日本茶の魅力を再確認するだろう。
とにかく甘みや香りが違うのだ。
トムさんは日本茶を広めようとワークショップも行っているし、
いろいろと教えてくれるので疑問に思ったことは聞いてみよう。
煎茶は4種類から選べる(95B~) (2)煎茶は4種類から選べる(95B~)

嬉しいことに11月中はオープン1周年を記念して、
様々な特典を用意しているとのこと。
この機会に訪れてみてはいかがだろうか。(O)

ほうじ茶と抹茶のアイスクリーム(各69B、2個99B)ほうじ茶と抹茶のアイスクリーム(各69B、2個99B)

茶せき Chaseki情報
【営業時間】10:00~21:00(無休)
【電話】08-8768-8606 https://www.chasekitea.com
【誌面地図】K-6








 



このページのトップへ

ビラ・パヤカム Villa Payakam(398)

Filed under ホテル

 

チェンマイ郊外の「隠れ家ビラ」で優雅な休日

木をぜいたくに使った部屋の作りだ。木をぜいたくに使った部屋の作りだ。
今やチェンマイにはゲストハウスから高級ホテルまで
滞在施設は星の数ほどあるが、
ノーンホーイ地区のワーリー学校裏手に昨年オープンしたビラ・パヤカムは、
チェンマイで静かに健康的に過ごしたい人にピッタリの「隠れ家ビラ」だ。
併設のカフェでゆったり寛ぐ。併設のカフェでゆったり寛ぐ
バンコクでジャーナリストをしていたソーンさん夫妻は、
とりわけ環境問題にこだわり、
居心地の良い木造2棟4室の高床式コテージと
緑いっぱいの1エーカーの広い庭にオーガニックの農園を作った。
ツインベッドの部屋
ツインベッドの部屋
室内もすべて木造で、心が落ち着く空間になっている。
チーク板を張った広いベランダには風が吹き渡り、
小鳥の声で目覚める。
朝食には、庭で採れた新鮮なオーガニック野菜が並ぶ。
ビラの前はオーガニック農園だ。ビラの前はオーガニック農園だ。

自由に使える共同キッチンやゆったり寛ぐカフェのスペースがあり、
長期滞在(特別料金あり)にも最適の拠点になるはず。
無料の貸自転車に乗って、
近くのウィアンクムカーム遺跡をのんびりめぐるのも楽しい。
オーナーのソーンさんは
タイの主要新聞に鋭い記事を書いていた知性派で、
奥様のスカンヤーさんは長年高校の科学の先生していたという
インテリジェントあふれるご夫婦。
中心部の喧騒からたった15分で
こんなに静かで心和むステイができるのは、
チェンマイならではの新しい魅力だろう。
清潔な暮らしができる。清潔な暮らしができる。

チェンマイ中心部や空港からタクシーで15分80バーツ 。
空港ピックアップは無料。
宿泊料金は1泊1室(2名)700バーツと
900バーツと良心的(各2室ずつ)。
こぢんまりした家庭的ビラとしてお奨めしたい。(M)        
チーク張りの広いベランダが気持ちいい!チーク張りの広いベランダが気持ちいい!



ビラ・パヤカム 情報
【営業時間】11:00~14:00、17:00~22:00(日曜休み)
【電話】 08-9635-6633 ※Villa PayakamでFacebookとairbnbで探せます。
【誌面地図】G-7
【地図】127/1 Moo 5, Mahidol Rd., T. Nonghoi, A. Muang Chiangmai







 



このページのトップへ

パイヤーンノーイ・ゲストホーム paiyannoi guesthome(397号)

Filed under ホテル

 

カフェみたいに寛げる4室限定ホテル
カフェのようなレセプション
カフェのようなレセプション
ドーイステープの麓、
ソーイ・ワットウモーンエリアにあるパイヤーンノーイ・ゲストホームは、
昔ながらのタイの民家のテイストを取り入れたコテージタイプの宿泊施設だ。
隣で雑貨店などを営む
ウォンマーライのオーナーたちがコーディネートしているので、
どこか懐かしさのある工夫がすみずみにあって楽しい。
アンティークなインテリアも落ち着くアンティークなインテリアも落ち着く

昨年末にオープンしたばかりだが、
韓国人の20~30代のおしゃれ好きの女性に大人気だとか。

建物は3棟。
小さなスペースだが生垣で分けられ、
プライベートなスペースが保たれている。
家族で滞在できる4人部屋家族で滞在できる4人部屋

「ブループラネット」は平屋のコテージにキングサイズのベッドが2台、
4人で宿泊できる。
ベランダのブランコや長椅子がしつらえてあり、
子連れの家族にも◎。
ブランコでのんんびり読書したいブランコでのんんびり読書したい


「グリーンテイル」はシングルベッドが2台。友達と泊まりたい。
2階建ての建物の一階は2人まで宿泊OKの「ホワイト・ジャスミン」。
ベランダ付きで開放感のある2階の「バルコニー」にも小さなベッドが2台。
この建物は仕切りを外せば4人でシェアもできる。
ベランダ付き2階の部屋も人気ベランダ付き2階の部屋も人気

パイヤンノーイとは「などなど」というニュアンスの言葉で、
ただ泊まるだけでなく、
いろいろ楽しんで欲しいという意味が込められている。
日替わりの朝食も楽しみ
日替わりの朝食も楽しみ
日替わりのモーニングセットもおいしいと大好評。
すぐ隣のカフェ「ペーパースプーン」も利用したい。
カフェやクラフト雑貨店が集まる「バーンカーンワット」や
瞑想のトンネルがある神秘的な古刹ワット・ウモーンも歩ける距離にあるので、
周辺をのんびり散策するのがおすすめだ。 (S)

※値段 ハイシーズンは2人1500B。4人部屋は2人1800B。3人目、4人目は1人250Bプラス。予約サイトなどで予約可。

パイヤーンノーイ・ゲストホーム情報
【時間】チェックイン14:00から。チェックアウト 12:00まで。
【電話】06-1423-2945(英語可)、【FB】  ไปยาลน้อย paiyannoi guesthome
【誌面地図】A-3







 



このページのトップへ

ハービップ ร้านฮาบิ๊บ(397)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

イスラム系雲南餃子は鶏肉を使うべし!

餃子15コ入り 100B餃子15コ入り 100B

ピン川沿いのワット・ゲートガーラーム裏手にはイスラム教徒の居住エリアがあり、
ハラールフード(イスラム教徒に適した食べ物)の店が並んでいる。
リンインさんと娘のメイジンさんリンインさんと娘のメイジンさん

ファーン郡の雲南系中国人の集落ヤーン村出身の
リンインさんとメイジンさんの母娘がやっているこの食堂もそのひとつ。
店の前には、いかにもうまそうな餃子の写真の看板が立てかけてあり、
惹きつけられるように立ち寄ってみた。
餃子の皮の生地を伸ばしていく。餃子の皮の生地を伸ばしていく。

2年前に始めたこの店で餃子をプッシュするようになったのは、つい最近の話。
和食ブームで焼き餃子が広まってきたため、
雲南風餃子もいけそうだと判断したらしい。
ここの餃子はすべて手作り。
粉を練って皮を作り、ひとつひとつ丁寧に包んでいく。
皮を丸い型で抜いていく。皮を丸い型で抜いていく。

もちろん、豚肉はご法度なので鶏肉を使い、
白菜とニラ(ニンニクは入れない)と各種香味料を加える。
ひとつひとつ餃子を包んでいく。

大量にストックしないで、足りなくなったら作り足していく。
フライパンで蒸し焼きする。 フライパンで蒸し焼きする。
ひとつひとつ餃子を包んでいく。
フライパンにきれいに並べて蒸し焼きしながら、
日本の餃子と同じように片面だけカリカリの焦げ目をつける。
熱々のところをショウガ、ゴマ、ピーナッツを入れた雲南風のタレにつけていただく。
豚肉の餃子よりちょっとあっさりしているが、日本の餃子っぽくて大満足! 
小皿15コで100バーツ、大皿30コで200バーツだから、かなりの割安感がある。
パーパーソーイ 50Bパーパーソーイ 50B
 
山地米(カーオドーイ)の麺パーパーを使ったユニークな料理、
パーパーソーイにもトライしてみよう。
骨付き牛肉をじっくり煮込んだスープとモチモチした麺の相性の妙。
中華風香辛料を入れたスープで炊いたご飯がひと味違う
雲南風カーオマンガイもお試しあれ。(B)          


ハービップ ร้านฮาบิ๊บ情報
【営業時間】7:00~16:00
【電話】TEL: 08-6181-4726、08-8268-5988
【誌面地図】H-4






 



このページのトップへ

MIX Restaurant & Bar ミックス (396)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

トムヤムクン(エビ1尾265B/2尾490B~)"トムヤムクン(エビ1尾265B/2尾490B~)
驚きがいっぱいのタイ料理
店の入れ替わりが激しいニマーンヘーミンで
10年以上人気を保っているのがこのお店。
素材や盛りつけ、味付けに一工夫してあるタイ料理を楽しめる。
例えば、定番のトムヤムクンは大きな川エビを使った、
エビミソの濃厚なスープに仕上げている。
ぷりっぷりのエビにココナッツミルクの甘味、
唐辛子の辛み、ライムの酸味、
ハーブの香りが加わり、満足のいく一品だ。
エビは好きな数を選べる。
バイチャクラームのシーフードサラダ(375B)バイチャクラームのシーフードサラダ(375B)

また、海辺に生えるチャクラームという歯応えのある葉を使ったサラダは、
ピーナッツやタマリンドの甘辛いタレがよく合う料理になっている。
ローズマリースモークの和牛串焼き(375B)ローズマリースモークの和牛串焼き(375B)
肉好きには、オーストラリア和牛を
ローズマリーで燻した料理がおすすめ。
200グラムほどとボリュームがあり、
フェンネルやコショウなどのスパイスがきいていて、ビールが進む。

焼きナスとサーモンのサラダ(350B)焼きナスとサーモンのサラダ(350B)

オーナーのジャムさんは日本料理店で働いた経験があるのと、
日本好きということもあり、
和食とのフュージョン料理も提供している。
鰹のタタキのようにサーモンを藁で燻し、
削った本枯節を上にのせた焼きナスのピリ辛サラダなんていうものも。
アイスクリームはその場で作ってくれる。(595B)オーナーのジャムさんアイスクリームはその場で作ってくれる。(595B)オーナーのジャムさん
アイスクリームはその場で作ってくれる。(595B) (1)

手がこったデザートもあるのでお腹をあけておこう。
中でもその場で作るアイスクリームが人気。
パルメザンやトリュフ、ヘーゼルナッツ、
ハチミツ、金箔などが入っていて、
一口で複雑な味を楽しめる。
カリカリっとした珍しいアイスクリームの食感で、
ホワイトチョコレートで作った器ごと食べよう。

また、100種類以上のワインやカクテル、
ビールなども豊富に揃えているので、
バーとしても利用したい。(О)

チリ・ビレッジ情報
【営業時間】11:00~14:00, 17:00~20:00(無休)
【電話】0-5321-6878, 08-9757-7778 【FB】: Mixcnx
【誌面地図】L-2









 



このページのトップへ

クウェティオ・トムヤムラムヤイ ก๋วยเตี๋ยวต้มยำลำไย (396)

Filed under 未分類

 

ラムヤイ入りスープの大盛り麺食堂
クウェティオ・トムヤム・ラムヤイ・タレー 109Bクウェティオ・トムヤム・ラムヤイ・タレー 109B

クウェティオとは米粉の麺のことだが、
味にそれほど差が出ないので
決め手はやはりスープになる。
こちらは隠し味に北タイ特産の果物「ラムヤイ」入り。
さらに大量の玉ねぎをいちど炙ってから
長時間煮込むことで甘さを最大限に引き出している。
豚骨は秘伝スパイスを加えてコトコト煮込むこと4時間、
さらに一晩冷蔵庫で寝かして熟成させる。
オーナーのオーさんオーナーのオーさん

そんなこだわりスープの話をしてくれたオーナーのオーさんは
料理人のご主人とアメリカでタイ料理店を経営した経歴の持ち主。
いつも清潔に磨かれた厨房機器はアメリカ製だ。
クウェティオ・ムー・センレック 55Bクウェティオ・ムー・センレック 55B
まずはシンプルなクウェティオ・ムー・センレック(豚、細麺)を。
豚肉は柔らかく、ルークチンはプリプリ。
ゆで卵1個と細かい千切りキャベツがたっぷりで栄養満点、
かつ、一般的な店に比べて1.5倍ほど量が多い。
クウェティオ・トムヤム・ラムヤイ・タレー 109Bクウェティオ・トムヤム・ラムヤイ・タレー 109B

1番人気はクウェティオ・トムヤム・タレー。
トムヤム味の刺激と山盛りのイカ、ムール貝、エビ、
ゆで卵、パリパリの餃子の皮と
盛り沢山の具から滲み出た出汁がたまらない。
甘すぎないすっきりした味で日本人の口にも合う。
トムヤムのコクを生む調味料ナムプリックパオは手作りで、
タイと韓国の唐辛子をミックスして深みのある辛さを出すこだわりぶり。
昼時は中2階、2階席もいっぱいに
スアンドーク病院前という場所柄、
医学部の学生が多く、
彼らに人気なのは唐揚げ和風カレー。
唐揚げカレー69B(yoko)唐揚げカレー69B
揚げたての鶏唐とキャベツの千切り、
そして絶品スープもセットで69バーツは安い。
カーオソイ・ガイカーオソイ・ガイ50B 
北タイのカレーラーメン、カーオソーイも大満足のうまさ。
餃子やフルーツシェイク、
デザートもあるからお腹を空かしていこう。(S)
 
クウェティオ・トムヤムラムヤイ情報
【営業時間】7:30~22:00(無休)
【電話】09-4636-0077
【誌面地図】C-3




 

 



このページのトップへ

トーイ・ロット・セープ ต้อยรสแซบ(395)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

食べやすいように3つに切ってある。食べやすいように3つに切ってある。

ガイヤーンは、手羽が安くてウマイ!

ナイトバザール近辺で気軽にランチを食べたい、
できれば不謹慎にも真昼間からビールで乾杯したい!
……そんなときにお奨めしたいのがこのイサーン料理店。
ローイクロ通りとカンペンディン通りの交差点
すぐ近くの道端で、
鳥の手羽を焼いているお店だ。
基本的に料理はすべてトーイさんが作る。
ご主人のトーイさんは東北タイの中心都市、
コラートの出身でバンコクで育ち。
26年前にチェンマイに移り、
23年前からこの庶民的な食堂で腕を振るっている。
店名は、「トーイのウマイ味」といった意味。
手羽先1本20バーツです。(予備写真)手羽先1本20バーツです。

ガイヤーンにもいろんなスタイルがあるが、
ここのガイヤーンは敢えて手羽だけに限定。
余計な脂肪分が少なく、
身がしまっていてウマイし、
お値段のほうも1本20バーツと安い。
お店では、手羽を関節のところできちんと3等分してくれるから、
実に食べやすい。
焼き具合も、味付けもちょうどいい感じ。
ソムタム 30Bソムタム 30B

これとソムタム、カーオニャオ、
それにビールがあれば、もう言うこと無し。
ラープムー 50Bラープムー 50B

もちろん、豚肉を使ったイサーン料理も各種注文できる。
ラープムー(スパイシー豚肉サラダ)
ナムトックムー(豚肉ハーブ和え)、
トムセープムー(イサーン流豚肉スープ)、
コームーヤーン(豚の喉肉焼き)など…。
ヤム・コームーヤーン 50Bヤム・コームーヤーン 50B
スップノーマイ 40Bスップノーマイ 40B
クラン・ムーヤーン ●Bカーン・ムーヤーン 50B

雨季の今なら、ケーン・ノーマイ、スップノーマイなど
タケノコ料理も旬の味覚だ。
トムセープ・ムー 50B(予備写真)トムセープ・ムー 50B

それぞれ分量は控えめだから、
何品か頼んでシェアするのもよい。
以前、西洋人のライターによって、
「10カ国の美味しい店」の1つに選ばれたというだけあって、
気さくな料理人トーイさんの味付けのセンスが冴えている。(B)
       
トーイ・ロット・セープ情報
【営業時間】11:00~17:00
【電話】 0-5320-6455、06-1307-5979




 



このページのトップへ

Onuma Green Rabb  オーンウマ・グリーンラボ(395)

Filed under カフェ

 

丁寧にドリップしてくれる

グリーンに囲まれてとびきりの一杯を

スアンドーク寺の裏道に緑いっぱいの小さなカフェがある。
壁全面に設えた棚には硝子の瓶で育てるテラリウムが並び、
まるで森の中のようなマイナスイオンが充満する癒しの空間だ。
テラリウムが並ぶ(予備)

オーナーは建築家のご夫婦で、
奥さんのオーンさんは大の植物好き。
オーンウマさん(左)とオーさん
最初はテラリウムを販売する店としてオープンし、
後からコーヒー好きのご主人と一緒にカフェに改造。
今では28種類のドリンクと日替わりスイーツが味わえる。
ちなみに店名は「オーヌマ・グリーン・ラボ」と日本語風に読んでもいいそうだ。

コーヒーは森林を守りながら収穫されている
カレンのコーヒー・ブランド「LAPATO Organic Coffee」の、
浅、中、深煎りから選べる。
オーダーごとに豆を挽いて、
丁寧にドリップしてくれるからのんびり待ちたい。
そのうちに店中にコーヒーの香りが漂ってくる。
Big Fruits 80BBig Fruits 80

人気のドリンクは8種類のフルーツがごろごろ入った「ビック・フルーツ」。
甘酸っぱい果物とコーヒーのほろ苦さとが意外と合う。
On The Cloud 60BOn The Cloud 60B
グラスいっぱいのクリーミーなミルクの泡と
エスプレッソをかき混ぜながら飲む「オンザ・クラウド」もおすすめ。
ミニ盆栽を眺めつつ味わえば、まるで雲の上にいるような気分。
湿布の香り! Dark Root 70B不思議な香り! Dark Root 70B
ちょっと珍しいのはハーブ入り清涼飲料「ルートビア」に、
エスプレッソとカラメルを加えた「ダーク・ルート」。
ほのかに湿布の香り(!?)のようで
好き嫌いが分かれるが話のネタにいいかも?
その他、紅茶やジュースのメニューも充実している。
手作りのキーホルダー 150B~手作りのキーホルダー 150B~
サボテンのキーホルダーやバッチなど
2人の手作り雑貨も要チェック。
カフェの裏ではサボテンの販売もしていて、
テラリウムや小さな盆栽も購入可能。
自宅の卓上に緑を置きたい人は相談してみよう。  (S)

バナナヌテラトースト 65Bバナナヌテラトースト 65B

オーンウマ・グリーンラボ情報
【営業時間】9:00~15:00(土・日・月定休日)
【電話】08-6407-1956




 



このページのトップへ