チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

カーオソーイ・メー・パーシー (235号)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

パーシーお母さんとメムさん(左) カノムジーン・ナームニヤオ(30B)

 せっかくチェンマイに来たのだから北部料理を食べたい!と思う人は多いものの、意外に郷土料理を食べられる店が少ない。チェンマイ名物のカーオソーイ(カレーラーメン)やサイウア(ハーブソーセージ)、スープなどを1箇所で味わいたい人は、パーシーお母さんが15年ほど前にオープンしたこの店へ行ってみよう。最初はカーオソーイだけを売る小さな店だったが、評判が良く、娘のメムさんが手伝い始めてからはお店を広げ、北部料理もメニューに加えた。レシピはメムさんのおばあさんが家族のために昔から作っていたもので、化学調味料を使わず、1つ1つ手作りしている。

カーオソーイ(35B) サイウア(50B)

 看板商品は、店名にもなっているカーオソーイ。ここのはココナッツミルクが多目で、椰子砂糖とココナッツミルクの自然の甘味があり、ピリリッと唐辛子のアクセントがきいている。鶏肉、牛肉、豚肉、ルークチン(つみれ)の他、焼き鶏(ガイヤーン)がのったものもある。
 ミャンマー風カレーの「ゲーン・ハンレー」はコトコトと煮込んであり、タマリンドの酸味とスパイスがきいた味。手作り「サイウア」は皮はパリッと、中はジューシーで、レモングラスやコブミカンの葉がふわっと口に広がる。どちらももち米が進む1品だ。北部料理をいろいろ食べたい人は、「オードブル・ムアン」や「アハーンプーンムアン・メーパーシ」がオススメ。前者は北部のソーセージ系つまみ、後者はスープや野菜ディップ、肉料理などがセットになっている。
 また、郷土料理以外にも、パッタイやトムヤムなどもある。家庭的な店で気軽に料理を楽しめる店だ。

カーオソーイ・メー・パーシー情報
【営業時間】8:00~17:00(基本的に無休)
【電話】0-5327-7194
【地図】誌面地図D-4
【住所】179 Ratchamanka Road(PBシティーチェンマイホテルの向かい)


 

(“カーオソーイ・メー・パーシー (235号)”の要約です。)

このページのトップへ

ウアン・カム・サーイ

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

扇風機も昔風のレトロな店内 レモングラスの葉で包んだサイウア・ルー 150B
 
 カントーク・ディナーでおなじみのチェンマイ・オールド・カルチャーセンターの敷地内に実にユニークな北タイ料理レストランが登場した。半世紀以上も前の「いにしえのチェンマイ」の食堂の雰囲気を再現したもので、ここのオーナー自身のアイデアだという。
 建物の内部に入ってみると、確かにはるか昔のチェンマイへとタイムスリップしたかのような気分になる。丸太の木材をそのまま柱に使い、土を焼いた小さな瓦で屋根を覆っている。扇風機や照明もアンティック風のレトロなデザインだ。全体的に日本の山小屋を思わせるような素朴な雰囲気が漂う。

ちまき風のカーオバーイ 80B ゲーン・パックシアンダー・サイ・プラーヘーン 110B

 店の造りだけでなく、料理のほうもなかなかユニークだ。他の店では食べられないようなメニューが並んでいる。まずオススメはカーオバーイ。もち米に豚肉、カイケム(塩卵)、漬物を詰め、ナムプリック・ターデーンをちょっぴり塗って、バナナの葉で包んで蒸した「ラーンナー風ちまき」だ。その昔、舟でチェンマイからバンコクへ物品を運んでいくときの携帯保存食だったとか。これだけお土産として購入することも可能だ。他にレモングラスの葉で巻いて揚げたサイウア・ルー(タイルー族の腸詰)、アヒルの卵と豚肉を潰して卵で揚げたカイクワムなど、珍しいメニューをお試しあれ。 
 どの料理も化学調味料を一切使っていないので、オリジナルな本格的北タイの味覚が楽しめる。各種ハーブドリンクは自家製で甘さも控えめ。土焼きのカメを模した水の容器にまで昔風の配慮が行き届いている。(B)           
ウアン・カム・サーイ情報
【場所】誌面地図地図 B-5
【営業時間】11:00~22:00 (無休)
【電話番号】0-5320-2993~5
【サイト】www.oldchiangmai.com



TAGS: 北部料理

 

(“ウアン・カム・サーイ”の要約です。)

このページのトップへ

バーンナムニヤオ・ウィアンガオ

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

ナムニヤオ・ヌアウア 25B  ゲーンペット・ムー 35B
 
 メコン川に接した古都チェンセーン出身のエウさんが作るナムニヤオのお店。ナムニヤオとは北部料理を代表するスープのひとつで、カノムジーンという素麺のような米の麺と一緒に頂く。チェンセーン風ナムニヤオはチェンマイのとは違い、スープがこっくり濃厚なのが特徴だ。ぜひ一度味わって欲しいのが、チェンマイでは珍しい牛肉入り「ナムニヤオ・ヌアウア」。ハーブや香辛料たっぷりのナムニヤオの出汁で煮込んだ牛肉は、香りがよく、とっても柔らか。ぷりぷりした食感の生のクウェティアオ麺で頂くのがチェンセーン流だ。しっかり辛いので、セルフサービスの生野菜の千切りを山盛り入れて食べると、マイルドになって丁度いい。それにしても、このボリュームで25Bとは激安だ。

オーナーのムンさんとお義母さんのエウさん ムー・デートディアオ 35

 残念ながら辛いのは苦手という人には、「カノムジーン・ナムヤー・プラーチョン」がお勧め。甘いココナッツミルクと雷魚の身をほぐしたクリーミーなソースをカノムジーンに絡めて頂く上品な一品だ。その他、ゲーンキアオワーン、ゲーンペット・ムーなど、ココナッツミルク入りのカレーも、辛さ控えめで日本人の口に合う。カレーの表面に浮かんだ油分はココナッツミルクから出たもので、時間をかけて丁寧に調理されている証拠だ。
 また、日干しした豚肉を揚げた「ムーデートディヤオ」は、特製塩辛入りたれをつけて食べると甘みが増して美味。豚の血を混ぜ込んだご飯「カーオニヤオ」、バナナをココナッツミルクで煮込んだデザート「グルアイ・ブッチー」も合わせて食べれば、大満足間違いなし。 (S)

バーンナムニヤオ・ウィアンガオ情報
【場所】誌面地図J-4
【営業時間】10:00~16:00(日休み)


 

(“バーンナムニヤオ・ウィアンガオ”の要約です。)

このページのトップへ

ルン・ラット・ガイムアン・オップ・ファーン

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

これが噂のガイ・オップ・ファーン ゲーン・ノーマイ・プラーヤーン

個人的ランクからすれば、ガイムアン・オップ・ファーンは「世界最高の焼き鳥」だ。稲刈りが終わった田んぼでチャオバーン(村人)は石油缶にガイムアン(地鶏)を入れ、その周囲に稲のワラを被せて蒸し焼きにする。  
それがこの店ではいつでも食えるのだから、まさに願ってもない話。
ドラム缶を利用した特製釜を使って、やはりワラで蒸し焼きにするとか。
店名同様、メニューにもガイムアンと明記してあるが、食べてみると歯応えがちょっとばかり違う。
オーナー(ルン・ラット)の娘さんでマネージャーのティックさんに確かめたところ、ガイムアンに近い飼育種だと正直に教えてくれた。
まあ、ホンモノの地鶏だったら、1羽139バーツのお値段では儲けが出ないか。
でも、脂肪分はきっちり落ちているし、味のほうも野趣があって香ばしい限り!

エビのタマリンド・ソースかけ 昼間からビールをぐいっとやる。

蒸し焼きだけでなく、「ガイムアン料理」のバリエーションがいろいろ揃っているので、何回か通ってそれぞれ試してみるとよい。
そのほか、北タイやイサーンの郷土料理メニューもディープに充実している。
ここで特筆すべきは、ひたすらローカルな店の雰囲気。店に入った途端に、一昔前のどん臭いタイにワープしたような気になる。
客層も若者は少なく、昔ながらのオッサン連中や不倫カップル(?)が大きな顔をしている。
昼間からだらだら飲みたいときには、案外こんな場所がいちばんかも。
もちろん、夜は客の下手なカラオケなどガンガンだが、それを肴にビールをぐいっとやってこそ正真正銘の「北タイ通」になれるというものだ。(B) 
ルン・ラット・ガイムアン・オップ・ファーン情報
【営業時間】11:00~24:00
【電話】0-5380-2456
【場所】C-7(サンサーイ方面、ルアムチョーク市場近くのCALTEXガソリンスタンド前にも2号店がある。)

 

 

(“ルン・ラット・ガイムアン・オップ・ファーン”の要約です。)

このページのトップへ

ラーン・ナーム・メーピン(閉店)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

オードブル カオソーイ

ナワラット橋のすぐ近く、ピン川沿いのチェンマイ・ランプーン通りのバス乗り場があった場所に美味しい北部料理を食べさせる店ができた。
料理を作るのはメー・ナーイさん(ナーイ母さん)。
彼女の母親もまた料理上手で有名だったそうで、そのレシピを受け継いだメー・ナーイさんが心を込めて作る北部料理は、まさしくお袋の味。
新鮮で良質の材料が惜しみなく使われ、しゃきっと瑞々しいレタスやハーブはお店の裏で栽培しているから農薬の心配は不要。
開放的で気取らない内装や、メニュー作りなどは2人の娘さんが担当している。
そんなアットホームな雰囲気も魅力のひとつだ。
日本人に人気のメニューは、カーオソーイとゲーンハンレー。
カーオソーイはこだわりの麺が使われ、柔らかくかつコシがある。
ゲーンハンレーは豚の喉の部分のみを長時間煮込んでいるから、脂身が少なくとっても柔らか。

グンチャン 季節のジュース(苺)
 
以前は北タイのソーセージ「サイウア」を作ってターペー門付近で売っていたそうだが、それがなんと、世界一長いソーセージとしてギネスブックにも載っているそうだ。
サーブされるときには食べやすく切って出されるからその長さを確認することはできないが、7種類のハーブがぎっしり詰まっていて美味。
店のお勧め料理はミークローブ・ラーンナー(ラーンナースタイルの揚げ麺)。
カリカリに揚がった麺に甘みのある汁をかけて混ぜ時に麺がパリパリッと音を立てるのが、なんとも楽しい。
その他、パッタイやカーオパットなどタイ料理も充実。
ぜひ召し上がれ。(S)

ラーン・ナームメーピン情報
【営業時間】10:00~22:00(無休)
【電話】0-5326-6046
【場所】(地図G-5)

 

 

(“ラーン・ナーム・メーピン(閉店)”の要約です。)

このページのトップへ

フアン・ジャイ・ヨーン

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

ターペー通りから移した古い家 (2) 舟のテーブルはアイデア賞!

本格的な北タイ料理を素朴で寛いだ雰囲気の中でじっくり味わいたいなら、
このお店を訪ねてみるといい。
北タイ弁でフアンとは家のこと。
つまり「フアン・ジャイ・ヨーン」とは「ヨーン族の心の家」という意味になる。
この店のあるサンカンペーン郡ブアックカーン地区は、
かつてシーサンパンナーやチャイントン方面から移住して来た
タイヨーン族(ランプーン周辺に多く居住)の村の集まりだという。
ちなみに店のオーナーご夫妻はこの土地の出身だ。
レストランとして使われている古い木造家屋は、もともとターペー通りにあったもの。
伝統的な建築様式の家を保存するために友人から譲り受け、約7年前にこの店を開いた。
古めかしい家の床下には旧式の手動ミシンや木製の舟のテーブルが並べてあり、
古き良き北タイの世界へと誘う。

サー・パッカートノーイ トムソム・プラーチョーン

ノックさんの母親ノーイさんが腕を振るった北タイの郷土料理の数々は、
どれも品のよい「お袋の味」で二重丸。
お値段のほうは30~60バーツ程度と実に良心的だ。
ガイムアン(地鶏)料理が楽しめるのも嬉しい。
なお、2階席はカントーク・スタイルで木の床に座って食べるようになっている。
レストラン脇のスペースではラーンナー文化関連の本や絵(複製・ポストカード)を販売。
食欲と文化的関心の両方が満たされる、得がたいお店だ。 (B) 

フアン・ジャイ・ヨーン情報
【営業時間】10:00~16:00(月曜休み)
【電話】08-6671-8710、08-6730-2673
【場所】チェンマイ市内からサンカンペーン温泉方面に向かう1317号線沿い(チェンマイから14km地点)にある。

 

 

(“フアン・ジャイ・ヨーン”の要約です。)

このページのトップへ