チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Calm Cool Cooking Class

Filed under 未分類

 

素材の説明を聞きながら一緒に調理
素材の説明を聞きながら一緒に調理

タイ料理を日本語で習える料理教室

「タイ料理を日本語で習いたい!」という人にオススメなのが、
カーム・クール・クッキング・クラスという料理教室だ。
日本語が話せるオップさん、エラさん、日本人スタッフの砂貴(さき)さんがとても丁寧にタイ料理を教えてくれる。
左からスタッフのエラさん、砂貴さん、オップさん左からスタッフのエラさん、砂貴さん、オップさん
教室はチェンマイの郊外、タイ王国現代建築家チュラタット・キティブット教授によって設計された
バーンスワン(レストラン)の敷地にある。
植物に囲まれたオープンスペースの教室はいるだけで心地よいところだ。
教室の横にはハーブや野菜を育てている無農薬の畑があり、
そこで料理に使う食材を自分で収穫することができる。
植物に囲まれた料理教室植物に囲まれた料理教室
メニューは曜日別に違い、どの曜日もおかず3品、
デザート1品を作る半日コースになっている。
市場やココナッツショップの見学も含まれていて、
タイの食生活やココナッツの奥深さに触れることができる。
エラさんと一緒に畑で収穫エラさんと一緒に畑で収穫
月・水・金のコースは、トムヤム(またはトムカーガイ)、春雨サラダ、鶏肉のバジル炒め、バナナ揚げ、
火・木は、パッタイ、豚肉の串焼き、グリーンカレー(またはゲーンハンレー)、マンゴーともち米のデザートだ。
そして北部料理好きの人にイチオシなのが、土曜日の北部料理のコース。
カーオソーイ、北タイソーセージ(サイウア)、北タイボロネーゼ(ナムプリック・オン)、
北タイ風雷おこし(カオテーン)を作るチェンマイならではのメニューだ。
北部料理を作れるようになって日本でふるまえば、喜ばれること間違いないだろう。
ランチに作った料理を食べるランチに作った料理を食べる
1人ずつ作るので、辛さや甘さを自分好みに作れるし、
何よりもとても親切に教えてくれるのが嬉しい。(O)
市場見学
市場見学

Calm Cool Cooking Class情報
【営業時間】11:00~14:00、17:00~22:00(日曜休み)
【電話】084-046-0710
【サイト】http://www.calmcoolcooking.com
【メール】calmcoolcooking@gmail.com
【値段】2016年2月29日まで1080B。(通常1200B)
【時間】ホテルのピックアップ ①8:30頃~、②13:45頃~
*メニューは相談可。









 



このページのトップへ

Shizen Hair Salon

Filed under 未分類

 

シンプルで心地よい店内にはアロマオイルの香りが
シンプルで心地よい店内にはアロマオイルの香りが

自然あふれるヘアサロンで軽やかに
ソーイ・ワットウモーンにある「クロンガーン・カーンワット」という
雑貨店やカフェなどが集まるショッピングエリアに、新しくヘアサロンがオープン。
緑がいっぱいこの場所が大好きで移住を決心プラーイさん、この場所が大好きで移住を決心

カットからお店の経営まで、全て1人で行っているのは美容師のプラーイさん。
彼女はバンコクのスクンウィットにある人気ヘアサロン「Rikyu」で修業をした後、
自然いっぱいのチェンマイで独立。
ちなみに「Rikyu」は日本にある有名ヘアサロン「boy Tokyo」のタイ支店。
カット前のシャンプーはもちろん日本式だから、かゆいところに手が届く心地良さ。
丁寧なカットで自然な仕上がりに丁寧なカットで自然な仕上がりに
髪を乾かしながら髪質や生え方などのクセをみたうえで、
お客さんの希望のスタイルを聞いているという彼女のカットは、とにかく丁寧だ。

髪には自然のものを使いたいと、シャンプーなどはRikyuオリジナルのナチュラル素材のシャンプーを、
カラー材はケミカルをできるだけ抑えた日本製品、頭皮のケアにはイタリアのdavinesを使用するこだわりぶりだ。
イタリアのヘアケアブランド
カットやカラー、コールドパーマ以外に、頭皮をデトックスする「スカルプ・デトックス」もお勧め。
お客さんは椅子に座ったまま、
ジェルやクリームのスーッと清涼感のある香りとともに至福の頭皮マッサージを受けるだけで、
頭皮に蓄積された毒素やフケなどが取り除かれる。
施術後は頭皮が健やかになり、髪の毛が根元から持ちあがってボリュームアップ。
肩凝りや目の疲れが和らぐ嬉しい効果も。
鏡と椅子は2セットのみ、後はプラーイさんの笑顔があるだけという極シンプルなお店だが、
髪だけでなく心も軽くなるような心地よいサロンだ。    (S)
髪を短くする女性が増加中!?髪を短くする女性が増加中!?12249636_495616067286649_568306749284598709_n.jpg

年末までのディスカウントサービス
カット700B→500B
パーマ、ヘアカラー、スカルプ・デトックスは15%オフ

Shizen Hair Salon情報
【営業時間】9:30~18:00(月曜定休)
【電話】09-1858-0612(要予約) FB Shizenhairsalon
【誌面地図】A-3 先




 



このページのトップへ

FARM STORY HOUSE ファーム・ストーリー・ハウス

Filed under 未分類

 

自家製のお米と手焙煎珈琲で笑顔を
スパイスが香ばしいチキンのセット 130B

ラーチャダムヌーン通りソーイ5の小路を入ってすぐ、
民家を活かしたカフェ&ゲストハウスがある。
木のインテリアで統一され、お座敷席もあってゆっくりくつろれる。
丁寧に淹れてくれる珈琲の香りが漂う


 オーナーのジャンさんが手焙煎する珈琲は、
浅煎り、中煎り、深煎りから選べる。
豆はその時々で良質のものを仕入れるという。
「豆の良さをまっすぐに届けたい」と一杯ごと丁寧にドリップしてくれる。
この焙煎機を使用!この焙煎機を使用!

 ジャンさん夫妻は4年前にバンコクからチェンマイへ、
有機農業をするために移ってきた。
100%オーガニックの米作りをして4年目、
自慢の米をもっと街の人に食べてもらいたいとこの店を開いた。
自家製オーガニック米や石鹸自家製オーガニック米や石鹸

お食事メニューはいろいろ。ファラフェルやサンドイッチも気になるが、
ここはまずごはんを味わってみて。
お勧めは三枚肉と生姜の北部カレー「ゲーンハンレーとオムレツ」のセット。
三枚肉を使うのが一般的だがオーナーのお婆さんが作るゲーンハンレーは脂を取り除いたあっさり味。
ゲーンハンレーのセット 110Bゲーンハンレーのセット 110B

スパイスが効いた鶏肉のステーキとご飯のセット「ゴイ・ザガーデン」、
グリーンカレー、トムヤムなどが人気。
カレン族のスタッフが作る納豆ペーストとオムレツのセット「ナムプリック・ガリヤン」もごはんが進むメニューだ。
もちろん科学調味料は一切使っていない。
香りが良くもちもちしたお米は1キロ110Bで購入も可能(6キロ以上だと1キロ85B)。
 2階は3部屋のゲストルームになっている。
日曜歩行者天国のすぐ側でなかなか便利。
手作りが好きな奥さんによるコーヒー石鹸や蜂蜜入り石鹸、カバンなどの雑貨も要チェック。  (S)
PA130093.jpg

FARM STORY HOUSE情報
【営業時間】8:30~21:00(月曜定休)
【電話】08-4001-6773
【誌面地図】F-4










 



このページのトップへ

STUDIO THREE スタジオ・スリー(293号)

Filed under 未分類

 

P6175732.jpg
古い建物で味わう発酵食品とお豆腐

「おいしいお豆腐屋さん」がついにチェンマイに登場。
旧シープラカートホテルという築110年のチークのお屋敷の1階、
前から3番目の部屋なので「STUDIO THREE」と名付けられた、こだわりの食品店だ。
販売されているのは、手作りの豆腐(絹・木綿)、
厚揚げ、豆腐のアイスクリーム、豆腐のマヨネーズなど豆腐製品の他、
塩麹、オリジナルブレンドのカレースパイス、こぶみかんシャンプーなど。全て手作りだ。
P6115579.jpg

お豆腐は、オーガニックの大豆とチェンダーオ山のミネラルウォーターで作られている。
保存料は入っていないので、その日のうちに食べるのがベター。
絹豆腐はオーダーのみ、木綿豆腐は毎日あるが一定数しか作らないのであったらラッキー!という人気ぶり。
一口食べれば大豆の旨味が口に広がる。ミネラルウォーターはペットボトルで販売もしている。
 発酵食品に力を入れているこのお店の調味料コーナーは要チェック。
P6115574.jpg

塩麹や麹味噌、韓国の伝統調味料チュジャンなどの瓶が並ぶ。
商品と共に使い方のヒントが書いてあって親切。いつもの一品を絶品に変えてくれそうな、
魔法の調味料の瓶を前に、どれにするか悩むはず。
P6115575.jpg
P6175704.jpgP6115565.jpg
こぶみかんのシャンプー、麹を使った調味料

 その他、コースターや手ぬぐいなど、ついつい欲しくなる手作り雑貨もある。
そして見逃せないのが、スパイスが効いた日替わり野菜カレー。
P6175678.jpg

左側にある大部屋の席で食べることができる。
P6175668.jpg

週末にはチーズケーキのような食感の豆腐ケーキや豆腐ティラミスなどの豆腐ケーキもある。
自家焙煎のコーヒーと一緒に味わいたい。 (S)
情報
【営業時間】11:00~17:00(月・火定休)
【電話】09-2438-6610
【誌面地図】G-5 旧シープラカートホテル内


※豆腐や味噌作りのワークショップも開催。FB Aeeen をチェック。

 



このページのトップへ

天然燕窩 ランノック・タマチャート(281号)

Filed under 未分類

 

ツバメの巣とフカヒレでちょっと得した気分?
●ツバメの巣のシロップ煮(これは200B)ツバメの巣のシロップ煮(これは200B)
お堀の内側の通りをスアンドーク門に向かっていくと、
漢字の店名の下に「燕の巣」と日本語の看板を掲げた店を見つけた。
●ツバメの巣はグレードによって値段が違う。

ここのご主人ティラワットさんは、もともと自動車修理関係の仕事をしていたが、
約15年前にバンコクの中華街ヤワラートにツバメの巣とフカヒレの専門店「東方燕窩」を開いて大成功。
そのチェンマイ支店がこの11月にオープンしたばかりのこのお店だ。

まずは店名にもなっているツバメの巣にトライしてみよう。
店頭のステンレス製容器に入ったツバメの巣は、100~1500バーツまでの9種類から選ぶ。
大きさ、状態、色によってグレードが違い、
赤みがかったものが最高級とのこと。その場で注文したツバメのシロップ煮にギンナン、
半熟卵、ハチミツを入れていただく。
独特の不思議な食感と上品な味が癖になりそう。
かの楊貴妃も愛飲していたというから、お肌の美容効果満点かも?
ギンナンと卵をいれるとこんな感じ。ギンナンと卵をいれるとこんな感じ。
もうひとつの売り物は、店入り口の氷の上に並べてあるフカヒレだ。
これも大きさや形状によって品質、値段が異なる。
フカヒレ・スープは300バーツ、500バーツ、1000バーツの3種類。
●フカヒレのスープ(これは300B)フカヒレのスープ(これは300B)

土鍋に入って出てきたスープにネギ、モヤシ、パクチーを入れて食べてみると……
さすが専門店ならではの本格的な味に納得。
フカヒレのゼラチン質が口の中でとろけていく快感がたまらない。
これが最上級のフカヒレなのだ。これが最上級のフカヒレなのだ。
●フカヒレだから船形の席でどうぞ!?フカヒレだから船形の席でどうぞ!?

日本だとツバメの巣もフカヒレも敷居も値段も高い食材だが、
この店なら気軽に格安料金で楽しめる。
ツバメの巣の瓶詰め(シロップなし1瓶800バーツはお勧め)など、
気の利いたチェンマイ土産になりそうだ。(B)    
茹でたツバメの巣の瓶詰め 800B茹でたツバメの巣の瓶詰め 800B
    
チリ・ビレッジ情報
【営業時間】11:00~24:00(無休)
【電話】0-5200-3720
【誌面地図】E-3



 



このページのトップへ

Chiangmai Cabaret Show

Filed under 未分類

 

ナイトバザールでニューハーフショーに通う

時間を忘れてしまいます時間を忘れてしまいます
ナイトバザールと隣接しているアヌサーン市場内で
ニューハーフショーを行っていると聞いたので早速行ってみた。
アヌサーン市場といっても広く、店の場所を聞いていなかったが、
市場のちょうど中ほどでショー用の衣装を着た美しいお姉さま方が
案内に立っているので直ぐに分かる。
見とれてしまいます見とれてしまいます

場所はピン川方面を向いた場合、市場中ほどの右側にあるスペースの奥。
話を伺ったのはマネージャーのリリーさん。
リリーさん。ショーの合間にはハッピーアワーがあり、ビアチャーンとカクテルが半額にリリーさん。ショーの合間にはハッピーアワーがあり、ビアチャーンとカクテルが半額に

「以前は、サムイ島でショーをしていたけど、
3年前にチェンマイでオープンして、
現在は30名ほどのダンサーが在籍しているわ。
バースタイルで気軽に入れるのはチェンマイでここだけよ。
毎日ショーの内容を変えているので、毎日でもいらして頂戴」。
案内のお姉さま方と看板案内のお姉さま方と看板

システムは200バーツの入場チケットでワンドリンク無料。
ショーの開始はPM9:30から。
客席数はざっと100席ほどか。客層は観光客がメインだ。
ステージとの距離はとても近い。
ステージは直ぐ目の前ステージは直ぐ目の前

ここは思い切って最前列中央に陣取ってみよう。
リリーさんによると、連日ほぼ満席近くになるので、
良い席を取るなら9:00頃にいらしてね、とのことだ。
ショーの内容は、実際に体験していただくのが一番だが、約1時間で13曲ほど。
全力で踊るダンサーに観客も大ノリであっという間だ。
時にはステージより降りて時にはステージより降りて

底抜けに明るく、どこか悲しいが閉演後は爽快感。
都合3回ほど通ってしまった。彼女達に会いに行ってみてはいかが。
しっとりと魅せますしっとりと魅せます
Chiangmai Cabaret Show情報
【営業時間】9:30~(国王誕生日やカオ・パンサー等仏教行事が行われる休日)
【誌面地図】Fの⑤アヌサーン市場内




 



このページのトップへ

MOGA モガ(266号)

Filed under 未分類

 

日本のクオリティーでお洒落に変身!
お洒落な店内

  暑いこの季節、どうやって気分転換をしようかと考えている人は、
チェンマイ初の日系美容院「MOGA」へ行ってみよう。
 ニマーンヘーミン通りのMAYA店、スーパーハイウェーのセントラルフェスティバル店、
共に店長は日本人だから、安心して任せられる。
猫になったような心地


「MAYA」店のお勧めは「ヘッドデトックス」。
 ということで、さっそく受けてみた。
まずは髪や頭皮のチェック。
そこで店長の小泉さんが取り出したのは、「ドルフィン」とうイルカの形をした器具だ。
「ドルフィン」を使って頭皮を一周させると、
途中でぐりぐりと引っかかる箇所がある。
それがコリの原因の「乳酸」の塊らしい。
これをもみ解すことで、目の疲れや首・肩の凝りが解消される。
ヘッド・デトックスほぐれます~

また、頭皮に溜まった老廃物がなくなり、
リフトアップ効果によってお肌のたるみまでも解消されるとのこと。
さらに、寝つきが良くなる、毛流れが自然になりボリュームUPするなど、
嬉しい効果もあるらしい。
施術時間は20分。
ドルフィンで頭を柔らかくマッサージされるうちに、
すうっと凝りが溶けていくのを実感。
簡単なストレッチを終えた後には、視界がクリアになった気がした。
ベテランの美容師さん揃い

「セバスチャン」や「モルトベーネ」のシャンプーやスタイリング剤は購入も可能。
薄毛が気になる方には、専用の「ナイオキシン」というシャンプーが髪のコシを強くし、
ボリュームUP効果抜群だそうだ。
明るくお洒落な店内で日本の最先端のヘアカタログを眺めるだけでウキウキしてくる。
日本の最新ヘアカタログ

「伸ばしっぱなし」になっている方、「MOGA」ですっきりしてみてはいかが。(S)
日本式のシャンプーは気持ちいい~日本式のシャンプーは気持ちいい~

P4242342.jpg

※「MAYA」店キャンペーン 5月いっぱいは「WELLA」のカラーメニューが20%OFF


MOGA情報
【営業時間】平日11:00~21:00、日曜祝日10:00~21:00
【電話】 0-5208-1045(日本語・タイ語)
【誌面地図】E-1 MAYA2階




 



このページのトップへ

YOGA BRIGHT (ヨガブライト)(260号)

Filed under 未分類

 

Sky Flyで新しい感覚を体験しよう!
P1231085.jpg

ヨガブライトはいち早く「Sky Fly」を取り入れた
新しいタイプのヨガスタジオだ。
Sky Flyとはハンモックを使った
ピィラティスやヨガの要素を取り入れたエクササイズで、
日本では反重力ヨガと呼ばれ、これから大流行すると噂らしい。

スタジオに並んだカラフルなハンモックやフックは
Sky Flyの発祥地アメリカから輸入されたものとのこと。
高さは膝、腰、頭の3段階あり、
もちろん初心者は膝の高さから。
ヨガの経験者はもちろん、
水泳やマラソンなどのスポーツをしている人ならすぐにできるという。
ものは試し、レッスンを受けてみた。

初心者でも参加できるSky Flyのクラス

軽快でかつ優雅な音楽に合わせて、
まずはストレッチ系の運動から。
体はハンモックに乗せ、腕を床につけて前後に降り腕で止める、
などなど、全部で10種類くらいの運動を行った。

普段はあまり使わない肩や背中、
2の腕、握力などをフルに使う。
ハンモックの揺れをコントロールするのに
コツと集中力が必要だが、慣れてくると爽快!
様々なポーズを取りながらブランコをしている感覚でなかなか楽しい。
難易度が高いポーズでは、
初心者は見学するようにという指示があり親切だ。
そんな感じで、1時間はあっという間。
体を動かすことが好きな人はぜひ体験してみてほしい。
プライベートレッスン中の上級クラスの生徒さん。プライベートレッスン中の上級クラスの生徒さん。

ターイ先生のヨガのクラスターイ先生のヨガのクラス。2か月通って6キロやせた人もいるとか。

ヨガクラスも6種類が準備されていて、飽きずに長く通える。
4人のベテラン講師が教えてくれるので質も保障付きだ。
ターイ先生のヨガクラスでは、
「肩の力を抜いて」などとフリーハンドのマイクで
英語とタイ語で指示がされ、
先生の呼吸の音も聞こえるので分かりやすい。
ヨガマットやタオルが準備されている他、初心者用にブロックもある。
ストレス発散! ムエタイのクラスストレス発散! ムエタイのクラス
ダンサーのマックス先生ダンサーのマックス先生

その他、モダンジャズダンスやムエタイ、ティラピスのクラスも。
きれいな待合室、ロッカールーム、シャワールームなどの施設が充実。
リフレッシュするのに最適の場所である。(S)
P1231097.jpg
P1241208.jpg


YOGA BRIGHT情報
【営業時間】朝2二クラス、午後3クラス。スケジュールは毎週変わる。1クラス60分。(日曜休み)
【電話】08-5243-5100、0-5385-1545(タイ語・英語)、08-4741-8388(日本語)
【誌面地図】Jー4








 



このページのトップへ

Busakon Farm Chiangmai (卵販売)(224号)

Filed under 未分類

 

Jumpee&Loon&Kan Kratak

 タイ料理は確かにおいしい。でも一通り食べてしまうと、海苔、納豆、卵がけご飯なんていう、シンプルな日本料理が懐かしくなりますよね。     
 海苔や納豆等の日本食品は、大きなスーパーに行けば手に入りますが、生で食べられるような卵は売っていない。つまり、世界中で鶏卵を生で食べるのは、日本人だけで、タイを含めた外国では、ゆで卵、目玉焼き等々、熱を通すのが当たり前。「あの卵掛けのご飯をタイで食べられたらなー」と考えている人に朗報。
 チェンマイ北郊外、運河沿いのここBusakon Farm Chiangmaiでは、厳格な品質管理で、生で食べられる安全、清潔な卵を販売しています。そうあのアツアツご飯に生卵の朝食が、タイで実現できるのです。

とにかく卵がたくさん! 鮮度が違います。

 ここは養鶏場直営の販売所で、基本的には卵専門の卸売店ですが、10個から小売もしてくれます。サイズも通常のS、M、Lの他にスーパーラージ、ジャンボ、メガ等々10ランク位に分かれ、特にスーパーラージ以降の超特大の卵は、卵白が多くて、ケーキ作りに最適。この「規格外」の超特大卵は、通常のスーパーや市場では、まず売っていません。製造直売の店ならではですね。
 ここの経営者は「キョウハ、ジュッコデ、○○バーツ。ヤスイヨ」「アリガトウゴザイマス」「タマゴガケゴハンダイジョウブ」と日本語も達者。値段も普通のスーパー、市場よりも安く、何より取れたて新鮮が嬉しいところ。まずは、ホームページにアクセスしてみては。日本語対応の電話もあります。(YS)

ブサコン・ファーム・チェンマイ情報
【営業時間】8:00~12:00、13:00~16:30(日曜、祝祭日は休み)
【電話】08-1530-1001(タイ語・英語)、08-7191-4626(日本語)
【地図】誌面地図E-1の先
【サイト】www.eggs4u.net


 

(“Busakon Farm Chiangmai (卵販売)(224号)”の要約です。)

このページのトップへ

パン・ア・パーオ (パン屋)

Filed under 未分類

 

可憐なオーナーのヌックニックさん ほら、柔らかそうでしょ?

 パンは焼きたてが美味しいのは当然だが、いつも焼きたてが食べられるとは限らない……と諦めてはいけない。チャーンプアック門近くのお堀沿いの通りで、いつも焼きたてのパンを売っているお店がある。
 ちょっと変わった店名は「パンを食べていかない?」といったような意味だとか。意外なことに、焼きたてのパンをその場で売るこのタイプの店は、ラオス国境の街ノーンカーイが発祥地。そこからローイエット、ナコーンパノムなどに東北タイに広がっていったそうだ。チェンマイでは、ウドーンターニー出身の女性ヌックニックさんとそのご主人ヌーンさんが経営するこのお店が一番乗り。何度もマーケット・リサーチをするうちに「チェンマイの人はパンが大好き」と判り、半年前にこのお店をオープンしたところ、予想通り大評判になって夕暮れ時には行列ができるほどの人気を呼んだ。今では、毎日、約1000個も売れるというからすごい。                
どれどれ、焼けたかな? 夕暮れ時は列ができる人気だ。

 ここのパンは中に、カスタードクリーム、ココナッツ、レーズン、ハム・チーズ、ベーコンなどいろいろな具が入っていて(どれでも1つ20B)、焼きあがるとそのサンプルが1つだけガラス張りケースに並べられる。そこから選んで注文すると、その場で丸や四角のパンの金型から出して、ビニール袋に詰めてくれる。触ってみると、なるほど熱々でフアフアに柔らかい。菓子パン感覚というか、中華まんじゅう感覚で食べるパンだろう。冷めてしまったら美味しさは半減するので、なるべく熱々のうちにどうぞ!(B)  
    
パン・ア・パーオ情報
【営業時間】12:00~22:00(無休)
【電話】08-6717-1873
【場所】誌面地図 F-3


 

(“パン・ア・パーオ (パン屋)”の要約です。)

このページのトップへ