チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Akha Ama Coffee 

Filed under カフェ

 

【アップで使用】カフェラテ(35B) 店

 自分の村の人たちを助けたい、生活を良くしたい、そう願ってアカ族のリーさんが開いたのがこのお店だ。チェンラーイ県出身の大のコーヒー好き。もともと家族が村でコーヒーを栽培していたこともあり、村のコーヒーを広め、地元の人たちの安定した収入にしたいと強く思い、仕事を辞めて村のコーヒー栽培・販売に力を入れることにした。店名の「アマ」はアカ語でお母さんという意味で、母として、時には先生として、また友達としてリーさんをずっと温かく見守り、サポートしてくれた尊敬するお母さんからとっている。
標高約1500メートルのメージャンタイ村で栽培されているコーヒーは、ほとんど堆肥を使った自然の恵みを受けたものばかりで、ここのアラビカ種は香りがとても良いとファンが多い。店では、淹れたてのエスプレッソやカフェラテ、カプチーノ、モカなどを味わうことができる。ミルク入りのものは、トップに注ぐ泡立てた牛乳がとてもクリーミーで、少しずつ口の中でコーヒーとミルクが混ざり合い夢心地。特にアイスモカはオススメだ。
【アップで使用】クリーミーなアイス・モカ(40B) コーヒー豆は3種類から選べる。(120B/250g)

店では豆も販売していて、100%のアラビカ種のフルシティー・ロースト(浅煎り)、イタリアン・ロースト(中煎り)、ストロング・ロースト(深煎り)がある。どれも手頃な値段なうえ、フェアトレードなので直接作り手の援助になるのが嬉しい。
村の人が幸せで、コーヒーを飲む人も幸せなら、自分も幸せ、そんな考えのリーさんの笑顔もアカアマ・コーヒーのおいしさの秘訣なのだろう。(O)

アカアマ・コーヒー情報
【場所】誌面地図F-2
【営業時間】8:00~20:00
【電話番号】08-6915-8600


 


アカ族の人たちが作るコーヒー

このページのトップへ

| ホーム |