チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Im Sook

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

パッタイ(50-70B) 店内

 もとチェンマイ大学で料理・食物栄養学などを教えていたプラヤット先生とスイスでホテルマネージメントを勉強したスッパリーさんがオープンしたお店。特徴は、化学調味料や着色料などを使わず、安全な材料を使い、健康に良いものを作っていること。甘さ、塩分、脂分は控えめに、砂糖はブラウンシュガー、米は玄米(白米あり)を使うなど、体に良いものを考えたレシピになっている。
 メニューは一皿料理、スープ、カレー、サラダ、軽食などひと通りのタイ料理が揃っている。キノコを2種類以上一緒に食べるとデトックス効果がある、素材によっては油で炒めたほうが栄養がある、カロリーが低い魚やオメガ3を含むサーモンを利用したり、「サラダ・イムスック」のドレッシングはオイルを使わなかったり、クワイのデザート(タップティム・グローブ)の色付けはドラゴンフルーツでしたりと、先生ならではの秘訣がいろいろな料理にちりばめられている。

ムール貝の黒コショウ炒め(110B) ゲーンソム(80-110B)
 
 一皿料理でオススメなのは、パッタイとあんかけ麺(ラートナー)というが、確かにパッタイは他の店と違い、脂っこくないし甘くない。魚の身をほぐしてカレーペーストとコブミカンの葉と混ぜた「クアヘーン・パネーン・プラーナームドークマイ」やサーモンのカレー「パネン・サーモン」はごはんが進む1品。その他、今注目を浴びているマルム葉を使った酸味のあるスープ「ゲーンソム」、野菜たっぷりのスープ「ゲーンリアン」、ムール貝の炒めものなど種類は豊富で、甘さ・辛さは自由だ。
料理教室もしているので、お気に入りの料理が見つかったら習ってみては?(O)

イム・スック情報
【営業時間】7:30~22:00(無休)
【電話番号】0-5321-8968
【場所】本誌地図 I-1先(ラーンナーゴルフ場を過ぎてすぐ左手)


 


ヘルシータイ料理

このページのトップへ

| ホーム |