チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ビスミンラー

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

カーオモック・サーム・カサット 110B 娘さんのドゥアンジャイさん

チェンマイランド近くのチャーンクラーン地区は、チーンホー(イスラム系中国人)の居住エリアのひとつ。この辺りの食堂をいくつか覗いてみれば、きっとユニークなメニューがあれこれ見つかるはず。
というわけで、ぶらりと入ってみたのがこのお店。女主人ピンプレーオさんは、5年前にメーサーイから移ってきてこの食堂を開いた。店名のビスミンラーはアラビア語で、宗教的な意味がこめられている。
ここの売り物は表の看板にもあるように、ナーン(15B)とカレーの組み合わせ。カレーは鶏(20B)、牛(20B)、山羊(60B)などからお好みで選べる。焼きたてアツアツ、フワフワ(当然、薄い部分はカリカリです)のナーンをじっくり煮込んだカレーにつければ、2~3枚ぐらいはすぐ食べられそう。ガーリック入りナーンはニンニク味が少々きつめだが、香ばしくて美味しい。

ヒヨコ豆のカレーとナーンのセット 45B 山羊のカレー・セット 110B

カーオモック・ガイ(鶏のドライカレー 35B)は普通だとただ黄色いカレー味のご飯だが、ここはインド風にヒヨコ豆、ニンジン、レーズンが入っている。鶏に加えて牛・山羊の3種の肉がついたカーオモック・サーム・カサットは人気の看板メニューだ。これらはぜひトマトの酸味が効いたスプ・ウア・ハーン(牛のテイル・スープ)と一緒に食べたい。
ワンパラーンのタイ料理に飽き飽きしたら、この店で味覚探検してみてはいかがだろうか。インド系料理だけでなく、雲南風中華メニューもあり。 (B)

ビスミンラー情報
【営業時間】8:30~20:30(無休)
【電話番号】0-5327-4542、08-9755-7844、08-9755-3566
【場所】本誌地図 D-6


 


イスラム人が作るタイ料理

このページのトップへ

| ホーム |