FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

サイウア・ムアン・ヨーン ไส้อั่วเมืองยอง(402)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

真っ直ぐなサイウアは脂身が少ないのだ

真っ直ぐなサイウアもいいでしょ!?予備写真真っ直ぐなサイウアもいいでしょ!?

サイウアは北タイ名物の豚の腸詰め。
チェンマイの大きな市場に行けば、
たいてい2、3箇所で専門店が見つかる。
日本人利用客も多いチャープアック地区のターニン市場の中にあるこのお店もそのひとつ。
卓上型電気コンロで焼いていく。卓上型電気コンロで焼いていく。

チェンマイ郊外サーラピー地区に住む女性オーナーのノーイさんは、
十数年前にターニン市場、ノーンホーイ市場、
ソーンペット市場(現在は閉店)でサイウアを売り始めた。
サーラピーの製造所でサイウアを作って、
それぞれの市場で売るというスタイルだ。
次々とお客さんがやってくる。次々とお客さんがやってくる。

この店のサイウアは、ちょっと形状が変わっている。
普通のサイウアはぐるぐる巻きにして焼いてあるが、
ここのものは長さ20cm程度の真っ直ぐな棒状で、
太さもやや細めだ。
それを卓上電気コンロでお客さんの目の前でていねいにジリジリ焼いていく。
製造時に7割がた火が通っているから、
市場での仕上げはこのやり方でちょうどよい焼け具合になるという。
その場で切ってくれる。その場で切ってくれる。

普通の豚肉を使ったものと軟骨入り豚肉の2種類あって、
それぞれ1本25バーツとちょうど手頃な値段だ。
形状がストレートだから、お土産用としても包装しやすい。
お土産用に包んでくれる。お土産用に包んでくれる。

安いサイウアは肉の脂身がやたらに多かったりするが、
その点はこの店では心配無用。
豚肉75%、ハーブ類18%、脂身5%、塩分2%と
ちゃんと包装シールに表示してある。
脂身の割合が少ない。脂身の割合が少ない。
辛さも控えめで食べやすく、もち米との相性は申し分なし。
通常でも1日に200~300本、
年末年始などは500~600本も売れるとか。
次から次へとお客さんがやってくる、ターニン市場の隠れた人気店だ。  (B)
サイウア・ムアン・ヨーン ไส้อั่วเมืองยอง情報
【営業時間】6:00~20:00(平日)、5:00~20:00(土・日)
【電話】08-7300-6609
【誌面地図】①G-2 ②N-5


      


 



このページのトップへ

| ホーム |