FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ビラ・パヤカム Villa Payakam(398)

Filed under ホテル

 

チェンマイ郊外の「隠れ家ビラ」で優雅な休日

木をぜいたくに使った部屋の作りだ。木をぜいたくに使った部屋の作りだ。
今やチェンマイにはゲストハウスから高級ホテルまで
滞在施設は星の数ほどあるが、
ノーンホーイ地区のワーリー学校裏手に昨年オープンしたビラ・パヤカムは、
チェンマイで静かに健康的に過ごしたい人にピッタリの「隠れ家ビラ」だ。
併設のカフェでゆったり寛ぐ。併設のカフェでゆったり寛ぐ
バンコクでジャーナリストをしていたソーンさん夫妻は、
とりわけ環境問題にこだわり、
居心地の良い木造2棟4室の高床式コテージと
緑いっぱいの1エーカーの広い庭にオーガニックの農園を作った。
ツインベッドの部屋
ツインベッドの部屋
室内もすべて木造で、心が落ち着く空間になっている。
チーク板を張った広いベランダには風が吹き渡り、
小鳥の声で目覚める。
朝食には、庭で採れた新鮮なオーガニック野菜が並ぶ。
ビラの前はオーガニック農園だ。ビラの前はオーガニック農園だ。

自由に使える共同キッチンやゆったり寛ぐカフェのスペースがあり、
長期滞在(特別料金あり)にも最適の拠点になるはず。
無料の貸自転車に乗って、
近くのウィアンクムカーム遺跡をのんびりめぐるのも楽しい。
オーナーのソーンさんは
タイの主要新聞に鋭い記事を書いていた知性派で、
奥様のスカンヤーさんは長年高校の科学の先生していたという
インテリジェントあふれるご夫婦。
中心部の喧騒からたった15分で
こんなに静かで心和むステイができるのは、
チェンマイならではの新しい魅力だろう。
清潔な暮らしができる。清潔な暮らしができる。

チェンマイ中心部や空港からタクシーで15分80バーツ 。
空港ピックアップは無料。
宿泊料金は1泊1室(2名)700バーツと
900バーツと良心的(各2室ずつ)。
こぢんまりした家庭的ビラとしてお奨めしたい。(M)        
チーク張りの広いベランダが気持ちいい!チーク張りの広いベランダが気持ちいい!



ビラ・パヤカム 情報
【営業時間】11:00~14:00、17:00~22:00(日曜休み)
【電話】 08-9635-6633 ※Villa PayakamでFacebookとairbnbで探せます。
【誌面地図】G-7
【地図】127/1 Moo 5, Mahidol Rd., T. Nonghoi, A. Muang Chiangmai







 



このページのトップへ

| ホーム |