FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Tha homemade ター・ホームメイド(391)

Filed under

 

DSC09178.jpgTシャツは500B~


草木染の青と黒が描く色と模様

ピン川にほど近いターペー通りにある
茶色い壁の商館に入った小さな洋服店を紹介しよう。
DSC09176.jpg

藍と黒檀で染めたコットンや大麻など、
自然素材のナチュラルな洋服が並んでいる。
特に目を引くのがバティックだ。
バティックとは蝋で布に柄を描いて染める技法で、
染残った蝋の部分が模様になる。
DSC09238.jpg
のびのびと描かれた線は、
藍と黒檀で染めてあり、
植物のエネルギーを表現しているかのよう。
DSC09214.jpgかっこいいパンツ700B
着こなし方では、
若い人から年配の方まで幅広い層にかっこよく着てもらえそうだ。
とても手の込んだものなのに、
1着1000B未満という良心的な価格だ。
DSC09202.jpg
女性オーナーのターさんは、
美大で学んでいた頃から、
家業であるバティックの仕事を手伝っていたという。
店に並ぶバティックの衣料品は
全てターさんのご両親の手描きの作品で、
染色はターさんが担っている。
2~5回染重ねる作業は、暑い日はなかなかの重労働なのだとか。
最近はターさんがデザインした絵を
父親が蝋で描くというコラボレーションもしているそうで、
スマイルマークやペイズリーなどのポップな絵柄がちらほら。
DSC09228.jpg

とにかく、店に並ぶ服やカバン、スカーフからは、
仲良しのターさんご家族のあたたかい雰囲気も伝わってくる。
青い小物もいろいろ気になる
DSC09212.jpgターさんの刺繍のコースター220B
 
洋服以外に、帆布の肩掛けカバンも大人気。
砂のように小さな石を繋いだブレスレットもターさんの手作りだ。
また、ターさんが店番をしながら刺している刺繍のコースターは、
柄がとてもユニーク! 
どれも藍や黒檀の色を意識したデザインなので、
トータルでコーディネートが楽しめそうだ。    (S)


Tha home made ター・ホームメイド情報
【営業時間】10:00~16:45(日曜定休、日曜歩行者天国に移動)
【電話】09-3 305-8211
【誌面地図】G-5





 



このページのトップへ

| ホーム |