FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

137 Pillars House Chiang Mai THE DINING ROOM  137ピラーズ・ハウス・チェンマイ ダイニング・ルーム 

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

チークの館で優雅でノスタルジックなひと時を

美しいメイン棟。2階にダイニングルームがある。美しいメイン棟。2階にダイニングルームがある。


ワットゲートエリアにある「137ピラーズ・ハウス・チェンマイ」はラグジュアリーなブティックホテル。
敷地の中央にあるラーンナー・コロニアル様式の美しい建物の2階がレストランだ。
1889年に英国ボルネオ社が所有した建物で、
館を支える137本ものチークの柱がホテルの名前の由来となっている。
優雅なテーブルで食事を
タイ料理とアジア各国料理を提供するダイニング・ルームは、
天蓋付きのテーブルがプライベートで特別な空間を演出している。
骨付きラムのゲーンハンレー590B 横骨付きラムのゲーンハンレー590B

洗練されたタイ北部料理のメインディッシュは、
ラムのゲーンハンレー、和牛のガパオ炒めがおすすめ。
前者は生姜の効いたミャンマー由来の豚のカレー。
ここでは豚の三枚肉の代わりに骨付きのラムで供され、
ラムの風味とスパイスの香りとが意外と合い、とても満足感のある一皿。
和牛の「パットガパオ(バジル炒め)」450B和牛の「パットガパオ(バジル炒め)」450B

後者は柔らかな和牛にホーリーバジルがアクセントになったスパイシーなソースが絡む。
どちらも「カーオヤム」という黒米に青マンゴー、
カシューナッツ、ポメロ、炒ったココナッツフレークなどとあえた
あっさりしたご飯のサラダに良く合う。
ご飯のサラダ「カオヤム」490B。ライスベリー使用。ご飯のサラダ「カオヤム」490B。ライスベリー使用。

ココナッツを器にしたお勧めカクテル380B。ココナッツを器にしたお勧めカクテル380B。

お洒落なオリジナルカクテルもぜひ味わいたい。
ココナッツの殻を容器にした見た目にも南国風のカクテルは、
目の前で火を灯してくれる演出にテンションUP。
(左)ライムが爽やか。ジンベースのカクテル「オールド・ハウス」。トロピカルな「エレファント・ランナー」各380B(左)ライムが爽やか。ジンベースのカクテル「オールド・ハウス」。トロピカルな「エレファント・ランナー」各380B

そんなお洒落なカクテルは、レストランでも、
以前のオーナーの名をとったジャック・ベインズ・バーでも楽しめる。

建物の魅力を味わいながらのアフタヌーンティーも格別。
チェンマイの歴史を感じながら、
優美な空間で食事を楽しみたい時には、ぜひ訪れてみて欲しい。    (S)

137 Pillars House Chiang Mai情報
【営業時間】THE DINING ROOM 6:30~23:00 
【電話】0-5324-7788 
【誌面地図】G-5




 



このページのトップへ

| ホーム |