FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ONSEN@MONCHAM温泉@モンチェム(367)

Filed under 未分類

 

モンチェムの自然で「温泉」につかる

広々とした浴槽。温度は約39℃広々とした浴槽。温度は約39℃

メーサー・エレファントキャンプから北へ車で20分ぐらい行ったところに
モンチェムという場所がある。
タイ人に人気の観光地で、標高が高いこともあり、
ブドウやイチゴ、山の景色を楽しむ人で特に冬は賑っている。
Emperor Suite(140㎡)のリビングEmperor Suite(140㎡)のリビング

今年4月にオープンしたこのホテルも標高1200mに位置し、
冬は10℃を下回るところに立っている。
 ホテルのオーナーは大の日本好きで、
日本の旅館と温泉をイメージして5年をかけて建てたという。
どこか武家屋敷のようなつくりで、
ところどころにラーンナーの建築やヨーロッパ、
中国などのインテリアがアレンジしてある。
部屋のテラスやレストランなど、
ホテルのどこからも緑が目に入って気持ちいい。
IMG_7753_20180810004254ad1.jpg

部屋は16部屋あり、ノースウィングとサウスウィングに分かれている。
前者は日本の旅館風の部屋、
後者はバスタブ付きでモダーンなタッチが入っている。
Imperial Onsen Suite(70㎡)。すべての部屋の寝具は寝心地を追及した英国スランバーランド製。すべての部屋の寝具は寝心地を追及した英国スランバーランド製。

ホテル名にもなっている温泉施設は広々としていて、露天風呂も楽しめる。
天然温泉ではなく、鉱泉を温めているが、
この地域の水はタイを代表するミネラルウォーター「aura」の生産地で、
温泉やホテルの水はすべて天然水を使用している。
テラスからの景色テラスからの景色

成分はマグネシウムやカルシウム、亜鉛、硫酸イオンなどで、
お風呂上りはお肌がしっとり、すべすべになるのを感じるだろう。

敷地には、レストラン、ウィスキーラウンジ、
パターゴルフ場などが揃っているので、ホテルでのんびり過ごしたい。
日帰り温泉としても利用できるのでモンチェム観光の際、
寄ってみてはいかがだろうか。(O)

ONSEN@MONCHAM情報
【営業時間】8:00~22:00(温泉利用)無休
【電話】0-5311-1606
【誌面地図】H-1の先  www.onsenmoncham.com



      

 



このページのトップへ

| ホーム |