FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

The Restaurant, Anantara Chiang Mai Resort ザ・レストラン アナンタラ・チェンマイ・リゾート

Filed under 洋食レストラン

 

Acevichado tuna roll 

ピン川の畔で旬の素材にこだわる「ニッケイ料理」を味わう

 ペルー発祥の「ニッケイ料理」とは、
1899年以降ペルーに移住した日本人移民とその子孫が伝えた和食に、
ペルーの豊かな食文化を融合させたペルー料理のジャンルのひとつ。
ピン川畔のシックでお洒落なアナントラホテルのレストランでは、
日系ペルー人シェフによる本格ニッケイ・フュージョン料理が食べられる。
シェフのフェルナンド・ガブリエル・ソエダさんシェフのフェルナンド・ガブリエル・ソエダさん

シェフのフェルナンド・ガブリエル・ソエダさんは、
14歳で料理の道に入り、
有名な和食シェフの小西紀郎氏に師事。
独立後は3カ国の有名レストランのシェフを努めてきた。
勉強熱心でどこに行っても地元の料理や食材について学ぶのが楽しみだそうで、
現地の食材の美味しさを十分に引き出すニッケイ料理を創り出している。
River Prawn with Anticuchos sourceRiver Prawn with Anticuchos source

今回、新しくメニューに加わった「川海老のアンチクーチョソース」は、
グリルした川海老に甘辛い濃厚なソースをかけたもの。
ペルーの唐辛子を使った深みのあるソースが、
淡白な海老の甘みを引き立たせる。
Roasted Kurobuta Pork with perouian malinateRoasted Kurobuta Pork with perouian malinate

続いて「黒豚のロースト&ペルー風マリネ」は、
かりっと焼き上がった熱々の黒豚をほうばると、
肉汁がじゅわっと口の中に広がる。
Acevichado tuna roll 

そして、代表的なニッケイ料理の巻き寿司のひとつ「アセビチャード」。
巻き寿司の表面にはマグロ、中にはアボガドやチーズ、
その上には、わさびをほんのり効かせたソースがたっぷりの、
なんともクリーミーな食感。
Foil gias nigiri Foil gias nigiri

さらに極めつけは「フォアグラのにぎり」。
甘みのある香ばしいタレをぬって炙ったフォアグラが、
口の中でとろける至福の時間…。
近く、同シェフのセビーチェ&寿司バーがオープンする予定というから楽しみだ。 (S)

DSC05692.jpg
アフタヌーンティーもおすすめ

DSC05774.jpg
The Restaurant, Anantara Chiang Mai Resort 情報

【営業時間】朝食6:30~10:30、ランチ12:00~15:00、アフタヌーンティー14:00~18:00、ディナー18:30~10:30
【電話】0-5325-3333
【地図】マップ


 



このページのトップへ

| ホーム |