FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ハリネズミ カフェ Harinezumi cafe(361)

Filed under カフェ

 

harinezumi 1人懐っこいカイトゥンくん

人に慣れたハリネズミの針は柔らかい

チェンマイにはゾウからトラ、ヘビ、ウサギまで
動物と触れ合える様々なスポットあるが、
今回ご紹介するのはハリネズミと触れ合える、
その名も「ハリネズミカフェ」だ。
harinezumi 3
harinezumi 5ハリネズミグッズも充実

このお店はシードンチャイ通りに面するカフェ激戦区にあり、
通りからはガラスケースの中でハリネズミ達が
のんびり遊んだり眠ったりしている姿が見える。
harinezumi 4目の前にハリネズミのショーケースが。


オーナーは日本の方で、
バンコクで飼育されたハリネズミを名古屋とチェンマイで取り扱っているそうだ。
 
店内にはハリネズミとハムスターがいて、
彼らと遊ぶも良し、ただ愛でるも良し、
買って連れ帰っても良しだという。
harinezumi 7ふわふわワッフル(129B)

遊びたい場合は飲み物付きで1人149バーツから。
(人数が増えるほどお得になる)
注文を済ませると、
分厚い手袋と一緒にハリネズミくんがお店の奥からお出ましだ。
そう、外から眺められるショーケースのハリネズミくんと、
一緒に遊べるハリネズミくんは分けられていて、
遊べるのは人に慣れるよう育てられた人懐っこい子たちなのだ。
harinezumi い1時間に1度餌やりのチャンス!
一緒に出てくる手袋は
ハリネズミに触れるのがちょっと怖いという人向けに用意されたもの。
というのも、人に慣れたハリネズミの針はなんと柔らかいのだ。
触れると手に沿ってやんわりと針がしなる。
harinezumi 6
店長のユーさん曰く、
「ハリネズミは大事に育ててあげると、
身を守る必要が無いと学び、
針が柔かくなってきます。
ただ、寂しがり屋なので毎日可愛がってあげないといけません」とのこと。
harinezumi 2

現在、販売用のハリネズミは飼育中で、
販売再開までしばらくかかるそう。
それまではお店でお世話の練習をしてみるのも良いかも。(Y)
harinezumi あ

ハリネズミ カフェ情報
【営業時間】9:00〜21:00(無休)
【電話】084-174-4898 
【誌面地図】E-5 https://goo.gl/maps/Z2MKtsTuK7R2
【FB】Harinezumi cafe






 



このページのトップへ

| ホーム |