FC2ブログ

チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ほっか湯 Hokkayu(356)

Filed under 未分類

 

人工炭酸泉、ホワイトイオン、水の3つのお風呂がある。人工炭酸泉、ホワイトイオン、水の3つのお風呂がある。

街中のワザあり「秘湯」でリラックス!

日本人のタイ暮らしで、もの足りないのはお風呂だろう。
温水シャワーしかなかったり、お風呂があっても西洋式のバスタブではリラックスできない。
たまには大きな湯船で肩までゆったり浸かってみたい……
そんな人にぜひお奨めしたいのがこのユニークな「銭湯」だ。
ロッカー付き脱衣所も日本スタイルなのだ。ロッカー付き脱衣所も日本スタイルなのだ。

サンティタム地区に昨年完成した
宿泊施設「北花庵」のオーナーであるスパチョークさんは、
不動産からアートまで多彩な分野で活躍するビジネスマン。
息子さん2人を日本留学させたほどの親日家だ。
何よりもまず日本式「銭湯」を造りたくて、この宿泊施設を建てたという。
お風呂脇のサウナで汗をかく。お風呂脇のサウナで汗をかく。

1階フロント右手にあるその「銭湯」の扉を開けると、
ロッカーと大きな鏡付きの日本スタイルの広々とした脱衣所に出る。
浴場には、それぞれ特徴が異なる大きなお風呂が2つある。
「シルクの湯」では、温泉気分も楽しめる。「シルクの湯」では、温泉気分も楽しめる。
1つは人工炭酸泉の「ソーダの湯」。
細かな泡の炭酸ガスが溶け込んだこのお湯には、
血管を拡げて血流を増やし新陳代謝を促進する効果がある。
ガスが抜けないためにちょっとぬるめの温度(35~38度)に設定されているが、
湯上り後もポカポカと身体の芯から温まる。
洗い場はまさに銭湯の雰囲気?洗い場はまさに銭湯の雰囲気?

もう1つのお風呂は、ホワイトイオンバスの「絹の湯」。
毛穴より微細な酸素の泡による美肌効果やデトックス作用が期待できる。
この白濁したお湯(40度ぐらい)に浸かると、
超音波とマイナスイオンによって、
全身エステを受けたようなトリートメント効果が得られるとか。
マンージャーの佐々木結衣さんです。マンージャーの佐々木結衣さんです。

チェンマイの街の中にこんな「秘湯」があったとは嬉しい限り。
風呂上りに隣の「湯元亭」(会席料理もあり)でビールをぐいっとやれば、もう言うことなし。(B)

ほっか湯 Hokkayu情報
【営業時間】月~木 16:00~22:00 金・土・日 10:0 0~22:00 ※21:00までに入場
【電話】09-5681-2421 FB: 北花庵
【誌面地図】G-2
【料金】1人1回280B(子供半額)、回数券5枚1,250B、10枚2,400B、北花庵住人は1ヶ月3,000B入り放題、1回250B
【休み】無休(メインテナンス日以外)
【地図】見開き地図 F-2、ニマーン地図N-4 





 



このページのトップへ

| ホーム |