チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Eat@Rincome(342)

Filed under 洋食レストラン

 

できたてのホテルで美味しいひととき
予備(レストラン)1

ニマーンヘーミンのリンカム交差点にU Nimman Chiang Maiホテルがついにオープンした。
横のコンベンションセンターはまだ建設中だが、
ホテルはほぼ満室状態で、併設のレストラン「Eat@Rincome」では、
シェフこだわりのタイ料理と洋食を食べることができる。

シェフのティティさんシェフのティティさん

シェフのティティさんはバンクーバーやシンガポール、
クアラルンプール、バンコクなどのホテルやレストランで30年以上働いてきたベテランで、
ここのメニューをすべて考案している。
Chilean Sea Bass (450B)、Chefs Salad、Spicy TagliatelleChilean Sea Bass (450B)、Chefs Salad、Spicy Tagliatelle

オーブン焼きシーバスのバルサミコソース添え(Chilean Sea Bass)や
クリーミーなハーブドレッシング味のシェフサラダといった洋食の他、
北部のソーセージ「サイウア」をタリアテッレとあわせたパスタ(Spicy Tagliatelle)や
大きな川エビを生胡椒と炒めたぴり辛タイ風スパゲッティー(Hot Basil Spaghetti)、
殻ごと食べられるソフトシェルクラブのソムタム(Som Tam Poo Nim)、
塩卵の焼き飯(Kao Pad Goong Kai Kem)といったフュージョン料理など、
どれもここでしか味わえないものばかりだ。
Som Tam Poo Nim(220B)Som Tam Poo Nim(220B)

Hot Basil Spaghetti(250B)Hot Basil Spaghetti(250B)

また、図書館をイメージしたロビーラウンジではアフタヌーンティーを楽しむことができる。
本にちなんで「First Edition」(初版)、
「Limited Edition」(限定版)といった名前がついていて、
タイ菓子を中心にしたものから洋菓子がメインのものまで4種類あり、
飲み物とセットで199B~(2人分。税・サ込)とお手頃。
本のような箱に入っているLimited Edition (2人分で299B)本のような箱に入っているLimited Edition (2人分で299B)
ビュッフェは金・土の18:00~22:00、250B。こちらも要チェックだ。(O)


Eat@Rincome情報
【営業時間】6:30~23:00(~11:00朝食メニュー)
【電話】0-5200-5111、(URL)www.unimmanchiangmai.com
【誌面地図】見開き地図E-2、ニマーン地図L-2







 



このページのトップへ

| ホーム |