チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

The Chef Restaurant ザ・シェフ・レストラン(340)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

木造の米蔵レストランで味わうタイの味
ゲーンキアオワーン・プラーサリット・トーグロープ 149Bゲーンキアオワーン・プラーサリット・トーグロープ 149B

旧市街のチェンマン寺の南側、米蔵を改装した素敵なレストランがある。
古いチーク材の柱を活かしたシンプルな内装、
大きな窓から植物を愛でつつ、
タイ料理を中心に洋食やフュージョン料理を味わうことができる。
DSC05422.jpg
DSC05438.jpg
オーナーはタイ人男性のビーさんとタイさん。
ビーさんは、高級ホテルのレストランのマネージャーや
ワインのソムリエを務めた経験をいかし、接客を担当。
そして、タイさんは、コックドールなど有名フレンチレストランのシェフ暦20年。
そんな実力のある2人が志しているのが、
タイ料理の美味しさを伝えること。
高級魚のフライやオーストラリア牛のステーキなども提供しているが、
2人にお奨め料理を尋ねるとタイ料理が上がってくる。

まずは「サリット」という淡水魚のフライを添えたグリーンカレーを。
ココナッツミルクのコクとハーブの香り豊かなカレーと、
タンパクな白身魚との相性が抜群。
元フレンチのシェフらしい盛り付けが美しい。
P5273783.jpgベーコンのスパゲティー 69B

もう1つは、お馴染みタイの焼きそば「パッタイ」。
タマリンドソースの甘酸っぱさがほんのり感じられ、
麺と具とのバランスが絶妙。
カーオオップ・サッパロット 119Bカーオオップ・サッパロット 119B
お子さんにも人気のパイナップル蒸しご飯「カーオオップ・サッパロット」は、
パイナップルをくりぬいた器に、レーズンやナッツ、
豚のでんぶ、パイナップルの入った、
食べればハッピーになる蒸しご飯だ。
DSC05458.jpgパッタイ・グン(エビ) 79B
DSC05474.jpgフルーツのジュースは59B~
こんなに美味しいのに値段は69バーツからと、とても良心的。
タイ料理以外にも、スパゲティーやステーキ、ハンバーガーなどの洋食メニューも豊富。
いろいろ食べに通いたくなるレストランだ。         (S)
DSC05415.jpg
The Chef Restaurant ザ・シェフ・レストラン情報
【営業時間】11:30~21:00(毎月15日定休)
【電話】08-6659-0740
【誌面地図】F-3





 



このページのトップへ

| ホーム |