チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

功夫干鍋 Kung Fu Pot(336)

Filed under 中華料理

 

餃子 100B餃子 100B
中華の「おふくろの味」でご飯が進むわけ
 ここ数年の中国人観光客ラッシュの影響で、
チェンマイの街を歩いているとあちこちで中華料理っぽい食堂を見かけるようになった。
オーナーもお客さんも中国人というお店が多い。

ワット・プラシン郵便局そばの信号からお堀(スアンドーク門方向)に向かって
進んだ右手に中華風の看板を出しているお店を見つけて入ってみた。

昨年7月にオープンしたこのお店のオーナーは、
パーイ出身の雲南系中国人ベンさんと雲南省出身のナムワーンさん。
プレー県の小学校で3年間、中国語を教えていた女性ナムワーンさんが
パーイに遊びに行ったことがきっかけで生まれたカップルだ。
店を開くにあたって、彼女の母親がやってきて、
雲南(四川、貴州)の「おふくろの味」をいろいろ伝授してくれたそうだ。
この店では特殊な調味料は中国から取り寄せているという。
お鍋に入れる具はお好みで。お鍋に入れる具はお好みで。
店名からも判るように、ここの売りは肉や野菜など、
お好みの具を選んで注文する鍋料理(汁あり、汁なし)だが、
一般日本人には普通の中華総菜的メニューのほうがとっつきやすいだろう。
雲南ハムとネギの炒め物 250B雲南ハムとネギの炒め物 250B
とくにオススメは本格的な雲南ハムとネギを炒めたものと、
小さく切ったスペアリブを甘辛ソースに絡めたもの。
スペアリブの甘辛ソース 250Bスペアリブの甘辛ソース 250B
これだけでも、ご飯が(ビールも)どんどん進んでしまうこと請け合い。
麻婆豆腐 100B麻婆豆腐 100B
ピリ辛中華の定番である麻婆豆腐や回鍋肉、
食べ応え充分のもちもち厚皮水餃子も人気メニューだ。
どれも量がたっぷりだから何人かでシェアするのがベストだが、
ランチなどで軽く済ませたいときは、
ご飯にそれぞれのおかずをかけたメニュー(50~80バーツ程度)もどうぞ。
野菜とひき肉の炒め物 160B野菜とひき肉の炒め物 160B

功夫干鍋情報
【営業時間】11:00~23:00(無休)
【電話】08-6596-7964、0-5327-0880
【誌面地図】D-4




 



このページのトップへ

| ホーム |