チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Buri Galery House ブリギャラリーハウス

Filed under 雑貨

 

いつもと違うお土産を探している人に
セブンイレブンの隣

ワットプラシンを出てターペー門へ向かってほんの100mほど進んだ左手に、
タイの木造家屋を摸したブティックホテル併設のお土産ショップがある。
商品のセレクトを担当しているのがホテルのオーナーの娘さんであるゲーンさん。
スタッフのゲーンさんもイラストを描くスタッフのゲーンさんもイラストを描く
美術を学び、自らも優しい色彩でノスタルジックな世界を描くイラストレーターだ。
その独自のセンスや繋がりで選んだ、タイらしい個性的なクラフト雑貨を販売している。
籐と合わせたバック
例えば、籐の籠にカラフルな帆布を合わせたバックは、
どことなくタイのテイストを漂わせたお洒落のアクセントになってくれそう。
ランパーン県で作られている器ランパーン県で作られている器
また、観光客に人気なのが、ランパーン県の小さな工房で制作しているセラミックの製品。
ポットやカップはどれも可愛らしい象の形で、値段もお手ごろだからすぐに品薄になってしまうのだとか。
真ん中がお米の石鹸真ん中がお米の石鹸
ちょっと個性的なのが、小さな小瓶にスパイスとオイルが入った「ヤードム」というタイ版気付け薬。
蓋を開けて匂いを嗅ぐと、スパイスの香りがすーっと鼻に抜け、リフレッシュできる。
そしてチェンマイのお土産の定番であるハーブ石鹸。
数種類あるうちの、お米を使った「ライスソープ」は農業従事者をサポートする活動の一環で作られているのだとか。
タイらしい絵やポストカードタイの田舎の風景を描いた絵やポストカード
ポストカードも充実していて、その場で葉書を書くためのテーブルセットがあるのは、
観光客が多い場所ならではうれしいサービスだ。
ここで葉書を書いてみようここで葉書を書いてみよう
その他、豆乳で作ったロウソクや地元陶芸家の陶器など質の良い物が並ぶ。
いつもとちょっと違ったお土産を探している人は覗いてみてはいかが。        (S)
奥はブティックホテル1奥はブティックホテル奥はブティックホテル

Buri Galery House情報
【営業時間】10:00~19:00(無休)
【電話】08-6884-3459
【誌面地図】E-3



 



このページのトップへ

| ホーム |