チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ルアン・カム・イン・レストラン

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

イメージ 北部オードブルセット
 
北タイ料理でお客さんをもてなしたい、という時にぴったりのレストランがここ。
見事なチークの柱をふんだんに使った建物は、まるで貴族のお屋敷のようにゆったりと落ち着いた雰囲気。
ラーンナースタイルの結婚式にも使われるほど、広々とした心地よい空間である。
オーナーのニットさんは、マクロビオティックに凝る日本料理好き。
レストランで出される料理は全体的にまろやかで優しい味付け、そして身体に良いものばかりだ。
食材はすべて安全野菜で、お米は自分の畑で育てたオーガニック米というこだわりようには頭が下がる。
さらに、日本語のメニューや日本語ができるウェイトレスさんもいるので、日本人のファンが多い。

グン・マカーム・ワーン ガイバーン・ルアン・カムイン
 
人気メニューのひとつ、「ガイバーン・ルアン・カムイン」は、鶏肉とコブミカンの葉とを一緒に揚げたもの。
甘辛くに味付けされた鶏肉と、コブミカンの葉の香りとが実によく合う。
代表的北部料理の「ゲーン・ハンレー」は、本来は三枚肉を使用するところだが、豚足を使い脂分を控えている。
その分さっぱりとしていて、長時間煮込まれた豚肉の旨さとやわらかさを堪能できる。
見た目も華やかな「グン・マカーム・ワーン」は、プリプリのエビをフルーティーなタマリンドソースとからめて食べる一品。
カリカリに揚がったニンニクが香ばしい。
レストランの2階には宿泊用の部屋があり、さらに現在、敷地内にゲストハウス用の古民家を増築中。
「古い建物の建築方法に興味のある方は、いつでも見に来てくださいね」とは、オーナーからの伝言だ。(S)

ルアン・カム・イン・レストラン情報
【営業時間】11:00~22:00(無休)
【場所】本誌地図 F-1
【電話番号】0-5321-2516

 

 


チェンマイでのおもてなしにぴったりな、タイ北部料理のお店、ルアン・カム・イン・レストラン。日本語のメニューもあり。

このページのトップへ

| ホーム |