チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

バイ・ハンド・カフェ By Hand Café(325)

Filed under 洋食レストラン

 

薪の直火で焼いた石窯ピザは香ばしさが違う。
このこんがりした感じがたまりません。このこんがりした感じがたまりません。
ゲストハウスがひしめくソンペット市場裏手のエリア、
ワット・ラームチャーン前にピザ焼きの石窯が目立つ店を発見。
実際にピザを焼いているところを見ていたら、
香ばしい匂いに誘われるままに立ち寄ってみたくなった。
このお店のオーナー、オランダ人のエリックさんは
チェンマイでまずベーカリーを始めてみたものの、
商売的にうまくいかずに撤退、
約3年前にこのピザ専門カフェ(ピツェリア)をオープンした。
リラックスしてピザを楽しめる雰囲気が受けている。リラックスしてピザを楽しめる雰囲気が受けている。
店頭の立派な石窯は、インターネットなどで情報を収集して自ら作ったもの。
焼き時間は6分間ほどで、
一度に4枚のピザを焼くことができるという。
石窯の上に鎮座する1対の狛犬は、ピザの焼き加減を神妙に見守っているかのようだ。
石窯はオーナー自ら作ったとか。石窯はオーナー自ら作ったとか。
ときどき焼き具合を確かめる。ときどき焼き具合を確かめる。

ここのピザの特徴は、ガスや炭ではなく、
薪(ラムヤイの木)の直火で焼き上げている点だ。
そうすることによって、スモーク効果でより香ばしい味わいになる。
その違いを確かめたければ、
いちばんシンプルなピザ、マルガリータ(160バーツ)を注文してみよう。
こんがりと焼けた匂いに思わずニンマリしてしまうはずだ。
おいしさのヒミツはメラメラ燃える薪なのだ。おいしさのヒミツはメラメラ燃える薪なのだ。

人気のサマー・ピザ 275B人気のサマー・ピザ 275B
人気があるのは、いろいろな具を載せて焼いた後に
リコッタ・チーズを加えたサマー・ピザ(275バーツ)。
他にもいろいろな味のバリエーションが楽しめる。
ファーストフードのように肩肘張らずに食べるのが本来のピザの食べ方。
その意味では、この店の飾らない雰囲気はピザにピッタリ。
こりゃウマイぜ!こりゃウマイぜ!

やはりオーナー自作のスピーカーから流れる音楽に包まれ、
手作りピザを頬張ってリラックスしたひとときを過ごしてみよう。    (B)
バイ・ハンド・カフェ情報
【営業時間】17:00~23 :00(無休)
【連絡先】FB:byhandcafe※電話はなし
【誌面地図】F-4




 



このページのトップへ

| ホーム |