チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

クルア・パーオーイ (324号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

パッポンカリー・タレー 40Bパッポンカリー・タレー 40B
「おばさんの食堂」なのに、どこかホテルの味がする?

このコラムの取材で長年培った嗅覚がはたらくのか、
一見どこにでもあるようなごく普通の食堂でも、
「ちょっと入ってみようか」と思うことがある。
学生のアパートだらけの庶民的なサンティタム地区にある
この小さな店を通りかかったときもそうだった。
タイ語

まずは看板の写真を見て食指が動いた
パッポンカリー・タレー(シーフードのカレー粉炒め)を注文してみる。
ひと口食べてみて、ふんわり柔らかな卵の食感と洗練した味付けに感心
(これでたった40バーツなんて信じられない!)。
ふと壁を見やるとそこにはウェスティン・ホテルの表彰状が飾ってあった…。
オーイさんとチャリオさんオーイさんとチャリオさん

アユタヤー出身のここの調理人オーイおばさんは、
バンコクのホテルに約20年、
チェンマイのウェスティン(今のホリデイイン)ホテルの
コーヒーショップに約10年ほど勤務した後、
シンガポールなど外国のホテルのタイ料理担当として働いてきた大ベテラン。
それから独立して自分の店を持ち、2年ほど前にここに移ってきた。
どのメニューにも経験豊富なおばさんの確かなワザが見え隠れしている。
パッタイ 40Bパッタイ 40B

アユタヤ流パッタイはタマリンドの実を溶いたソースを使用、
甘いだけでなくほどよく酸味が利いている。
スパゲティはタイ洋折衷の庶民的で懐かしい味に仕上がっている。
スパゲティ・タレー 45Bスパゲティ・タレー 45B
素材のエビが上等なのは、市場に親しい知り合いがいるからだとか。
トムヤム・クン 60Bトムヤム・クン 60B
カイシン 60Bカイシン 60B
タイ風卵焼きの上に炒めた挽肉と塩漬け卵を載せたカイシンは、
ここのオリジナル・メニュー。
どれもとにかく安くて旨いから、
近所の学生さんたちが日参するのも当然だろう。(B) 

チリ・ビレッジ情報
【営業時間】10:00~20 :00(月曜休み)
【電話】08-1716-0938 facebook:auntaoykitchen
【誌面地図】F-2





 



このページのトップへ

| ホーム |