チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Lady Sha Sha 莎莎家(315) ※閉店しました

Filed under 中華料理

 

※閉店しました
中国のローカルな家庭料理はどんな味?
●涼皮はこうやって作る。涼皮はこうやって作る
ここ数年の中国人観光客ブームで
チェンマイ市内には新しい中華料理店がどんどん増えてきた。
そのなかでもチャーンモーイ通りの日本料理店「ジガンティア」の1階スペースに
4月にオープンしたばかりのこのレストランはとりわけ個性的なお店だ。
IMG_7664.jpg●家庭的なお店です!家庭的なお店です!
このお店を始めたのは中国の宁夏(NING XIA ニンシャー)出身の人たち。
2年前、観光旅行で訪れたチェンマイがすぐ気に入って、
中華料理店を開くことを決心したという。
料理長のママさん、息子さん夫婦(店名のSha Shaはお嫁さんの名前)など
息の合った5人の仲良しチームだ。
ここでは中華料理専門店のメニューではなく、
中国の家庭で一般的に食べられている料理を注文することができる。
●涼皮 60B涼皮 60B
たとえばチェンマイ初登場(?)の涼皮にトライしてみよう。
これは小麦粉(米粉のこともある)の生地から作る平たい麺のようなもので、
独特の歯応えとつるつるした食感がたまらない。
ピリ辛の味付けが食欲をそそる逸品だ。
●野菜の餃子  90B野菜の餃子  90B

水餃子は野菜だけのもの(90バーツ)と肉入りのもの(130バーツ)の2種類で食べ応え十分。
もちもちした手作りの皮が美味しさの決め手だ。
●三枚肉とジャガイモの炒め煮 220B三枚肉とジャガイモの炒め煮 220B
三枚肉とジャガイモの炒め煮はご飯のおかずにピッタリ。
ふんわり卵とトマトの炒めものは万人向け中華風オムレツといったところ。
他にさっぱりキュウリ炒め、ジャガイモの細切り炒めなど、
どれも食べやすい味付けになっている。
ジャガイモの細切り炒め 80Bジャガイモの細切り炒め 80Bキュウリのさっぱり炒め 80Bキュウリのさっぱり炒め 80B
チェンマイで懐かしい「おふくろの味」を求める中国人旅行者にも人気の家庭的雰囲気のお店だ。  (B)               
Lady Sha Sha情報
【営業時間】11:00~21:00(月曜休み)
【電話】08-1859-4739(日本語OK)
【誌面地図】F-4


  


 



このページのトップへ

| ホーム |