チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Singapore Chicken Rice 周記新加坡海南鶏飯(315)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

ふっくらジューシー、シンガポールのチキンライス
カオマンガイ・トム 65B カオマンガイ・トム 65B 
柔らかく茹でた鶏肉と、その茹で汁で炊いたご飯がたまらなく美味しい「カオマンガイ」。
タイやインドネシア、シンガポールなどで一般的な料理だ。
ショッピングモールMAYAにオープンしたカオマンガイの専門店は、
シンガポール人の周さんとタイ人の奥さんギップさんのお店。
壁にシンガポールの夜景がオーナーのギップさんオーナーのギップさん

周さんの実家はシンガポールのカオマンガイ(シンガポールでは「海南鶏飯・ハイナンチーファン」)屋の老舗で、
その味を引き継いだ周さんが奥さんと共にチェンマイで開店させた。

ふっくらジューシーな鶏肉に、
鶏の出汁が浸みこんだご飯が香ばしい。
ナムチム(タレ)はシンガポール風の甘い醤油と唐辛子入りの酢、そしてタイ風の生姜+タオチアオ。
左がタイ風、右がシンガポール風のたれ左がタイ風、右がシンガポール風のたれ

これが鶏の美味しさを引き立ててくれる。
ギップさんの説明によれば、シンガポールのカオマンガイはご飯と鶏肉を別に注文すると鶏肉にゴマ油のタレをかけて出すらしい。ご飯に載せて注文もできるが、それを聞くと別で注文したくなる。
ガイトム(煮た鶏)とガイヤーンのミックス。ご飯を別盛りにすると+20B。ガイトム(煮た鶏)とガイヤーンのミックス。ご飯を別盛りにすると+20B。

 秘伝のタレに付け込んでローストしたガイヤーンは、
余計な脂が抜けてさっぱりとした味。どちらもシンガポール風パイナップル入り漬物とスープがついてくる。
カオマンガイ・ヤーン 75Bカオマンガイ・ヤーン 75B

その他、シンガポールのローカルフード「バクテー(肉骨茶)」は
スペアリブをニンニクや5種類の中華スパイスで煮込んだ料理で、
柔らかいお肉に胡椒が効いたスープが良く合う。
バクテー(肉骨茶) 75Bバクテー(肉骨茶) 75B
タオフー・トート 45Bタオフー・トート 45B
また外はカリッ、中はふんわり揚がった豆腐のサラダもさっぱりした一品でおすすめ。
チャーシューご飯やチャーシュー麺も販売中。 (S)
Singapore Chicken Rice情報
【営業時間】MAYA4階 10:00~21:00(無休)
【電話】09-1715‐2032
【誌面地図】k-1、MAYA4階ブラックキャニオン横



MAYA店MAYA店



 



このページのトップへ

| ホーム |