チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

エンタフォー・シーピン เย็นตาโฟศรีพิงค์(313号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

P4080650.jpgラウィーポンさん

地元民から愛される45年の味

 ステープ通りのチェンマイ歯学部前にあるエンタフォーの有名店。
お昼時は相席でも座れればラッキー、という賑わいぶり。
開業45年という老舗の味を守り続けているのが、ラウィーポンさんご夫妻だ。
 いつもお洒落な奥さんは今もれっきとした「看板娘」として麺をゆで、
旦那さんは店内を切り盛りして奥さんを支え続けている。
クウェティアオ・エンタフォー(メイン)クウェティアオ・エンタフォー 50B
「エンタフォー」というラーメン、スープが鮮やかなピンク色だからという理由で
食べず嫌いをしている人がいたらもったいない!
 ピンク色の素は「紅腐乳」。
紅腐乳特有の深い旨味とほんのり酸味の効いたスープは病み付きになる旨さ。
そして、魚のつみれボール、さつま揚げ、スルメ、血の塊、空芯菜などなど、
クウェティオ麺が見えないほど具がたっぷり。
さらに豚肉入り揚げワンタン「ギヤオトート」が2つものっかって、食べ応え満点。

毎日ご夫婦が仕込む大きな揚げワンタンは、
パリッパリに揚がった歯ごたえが後を引く美味しさで、
これだけを追加注文するファンも多いとか。
ギヤオ・グローブ50Bギヤオ・グローブ50B
 もう一つの人気メニューが、「クウェティアオ・トムヤム」。
クウェティアオ・トムヤムクウェティアオ・トムヤム 50B
エンタフォーよりさっぱり味だが、しっかり味付けされているので、
テーブルの調味料を追加するhttp://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#前に味見をしてみて。
スライスされた豚肉とレバーがトッピングされ、こちらもやはり具沢山。
バミーヘーン汁なしの卵麺「バミーヘーン」や「クウェティアオ・ヘーン」も人気だ。

 ラーメン一杯でこれだけいろんな味を楽しませてくれるとは、
店主のサービス精神の高さを感じる。
混むとは言え、お昼時を少し外せばゆっくり食べられる。
ぜひ一度、老舗の味をお試しあれ。         (S)
P4080700.jpg

エンタフォー・シーピン情報
【営業時間】8:00~14:00(不定休)
【電話】0-5380-9129
【誌面地図】C-3、チャーンプアック通りにお姉さんの1号店あり。








 



このページのトップへ

| ホーム |