チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Cotton Tree Coffee コットントゥリー・コーヒー

Filed under カフェ

 

広々した空間でコーヒーの香りに包まれる幸せ
天井が高くて広々

 MAYAを過ぎ北へ少し進んだ左側の
Green Hill Placeというコンドミニアムの駐車場の一角にお洒落なカフェがある。
お店に入ったとたん感じる独特の解放感、
それはタイの建物には珍しい高い天井にあるのかもしれない。
元々は家具を収納する倉庫だった建物を、
オーナーのファーイさんとトンさんの2人がアイデアを出し合い、
シンプルで落ち着いた雰囲気のカフェに改装。
白い壁によく似合う、木と鉄とを組み合わせた素朴な家具も2人の手作りだ。
美男美女のファーイさん、トンさんファーイさん(左)、トンさん
バリスタのトンさんは、大学を卒業後、
バンコクの有名なカフェで働いた経験を活かしつつ、
おいしいコーヒーを追求して日々研究を重ねている。
人気のドリップコーヒードリップコーヒー90Bドリップコーヒー90B
毎朝、開店1時間前に行う、
その日の天候に合ったブレンドを選ぶ作業は欠かせない日課だとか。
カウンターで淹れてくれるカウンターで淹れてくれる
最近のお勧めは、チェンマイの2か所の山地で採れた豆のブレンド。
やや浅煎りで、爽やかな酸味と豆の香りが際立つ。
イタリア製のエスプレッソマシーンで淹れてくれるラテは、苦みが全くなく、まろやかな風味だ。
ハムチーズ・クロワッサンサンド85Bハムチーズ・クロワッサンサンド85B
ホームメイドの大きなクッキーやクロワッサン・サンドなど、
カフェの食べ物を担当するのはファーイさん。
ラテ70Bと手作りクッキー35Bラテ70Bと手作りクッキー35Bスイーツはカウンターをチェック
店名はオーナーの2人の名前からとっているそうだ(ファーイは英語でコットン、トンはトゥリーの意味)。
2人による息の合ったサービスが、このカフェの心地良さの一番の理由かもしれない。
これから自家焙煎も始める予定で、ますますファンが増えそうな予感。
土日のお昼は込み合うので、ゆっくり座るなら平日がおすすめだ。  (S)

自転車での来店かマイカップ持参の人はコーヒー5B割引きのサービス中!
自転車での来店かマイカップ持参の人はコーヒー5B割引きのサービス中!

Cotton Tree Coffee情報
【営業時間】8:00~16:00(火曜日休み)
【電話】08-6090-9014
【誌面地図】Eー1



 

 



このページのトップへ

| ホーム |