チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ガイヤーン・ロット・ウィセート(302)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

本場イサーンのガイヤーンはひと味違う
ガイヤーン 半羽 100Bガイヤーン 半羽 100B

 このところコラートやコーンケーンなどイサーンのガイヤーン専門店がどんどんチェンマイに進出してきた。
チェンマイランドのソーイ7(日本人経営のマッサージ店「ピュア・タイ」の手前を左折)に
10月にオープンしたばかりのこのお店もそのひとつ。

 オーナーのチョークさん&クンさん夫妻はコーンケーン県の出身。
チョークさんの姉はコーンケーンでも特にガイヤーンが美味しいことで有名なカーオスアンクワーン郡で
25年間もその専門店をやっている。
その「素晴らしい味」(店名のロット・ウィセートの意味)をチェンマイでもバッチリ堪能できるのがこのお店だ。

 カーオスアンクワーン流ガイヤーンは丸ごと開いた地鶏(ただし、ファームで飼育したもの)を
じっくり時間をかけて焼いていく。
底の抜けた大きな金属製の容器を釜のように使うのがポイント(本誌296号の気になるお店でも紹介)。
こうやってじっくり焼いていくのだ。こうやってじっくり焼いていくのだ。

これで炭火の熱をほどよくコントロールしながら、皮がカリカリになるように焼き上げる。
鶏自体は生後45日の小さめのものだから、脂肪分は少なく、肉質も適度に柔らかい。
お持ち帰りもできるが、やっぱり焼きたてアツアツのところをかぶりつきたい。
 その他イサーン料理メニューは、どれも甲乙つけがたい美味しさだ。
サイクローク・イサーンやネーム・プラー・トート(発酵魚肉揚げ)、
モック・プラー(魚の卵蒸し)などはビールのつまみにピッタリ。
モック・プラー 60Bモック・プラー 60B
ネーム・プラー・クラーイ・トート 60Bネーム・プラー・クラーイ・トート 60B
ジェーウ・プラーラー・パックソット 35B ジェーウ・プラーラー・パックソット 35B
サイクローク・イサーン 80Bサイクローク・イサーン 80B
ゲーンオーム・プラードゥック 75Bゲーンオーム・プラードゥック 75B

他の店にない珍しいメニューにも挑戦してみよう。
もちろん、定番のソムタム、ラープ・イサーンもお忘れなく。   (B)
この看板が目印この看板が目印

ガイヤーン・ロット・ウィセート情報
【営業時間】11:00~20:00、基本的に無休
【電話】08-8251-9419、08-8266-8450
【誌面地図】C-6







 



このページのトップへ

| ホーム |