チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

FARM STORY HOUSE ファーム・ストーリー・ハウス

Filed under 未分類

 

自家製のお米と手焙煎珈琲で笑顔を
スパイスが香ばしいチキンのセット 130B

ラーチャダムヌーン通りソーイ5の小路を入ってすぐ、
民家を活かしたカフェ&ゲストハウスがある。
木のインテリアで統一され、お座敷席もあってゆっくりくつろれる。
丁寧に淹れてくれる珈琲の香りが漂う


 オーナーのジャンさんが手焙煎する珈琲は、
浅煎り、中煎り、深煎りから選べる。
豆はその時々で良質のものを仕入れるという。
「豆の良さをまっすぐに届けたい」と一杯ごと丁寧にドリップしてくれる。
この焙煎機を使用!この焙煎機を使用!

 ジャンさん夫妻は4年前にバンコクからチェンマイへ、
有機農業をするために移ってきた。
100%オーガニックの米作りをして4年目、
自慢の米をもっと街の人に食べてもらいたいとこの店を開いた。
自家製オーガニック米や石鹸自家製オーガニック米や石鹸

お食事メニューはいろいろ。ファラフェルやサンドイッチも気になるが、
ここはまずごはんを味わってみて。
お勧めは三枚肉と生姜の北部カレー「ゲーンハンレーとオムレツ」のセット。
三枚肉を使うのが一般的だがオーナーのお婆さんが作るゲーンハンレーは脂を取り除いたあっさり味。
ゲーンハンレーのセット 110Bゲーンハンレーのセット 110B

スパイスが効いた鶏肉のステーキとご飯のセット「ゴイ・ザガーデン」、
グリーンカレー、トムヤムなどが人気。
カレン族のスタッフが作る納豆ペーストとオムレツのセット「ナムプリック・ガリヤン」もごはんが進むメニューだ。
もちろん科学調味料は一切使っていない。
香りが良くもちもちしたお米は1キロ110Bで購入も可能(6キロ以上だと1キロ85B)。
 2階は3部屋のゲストルームになっている。
日曜歩行者天国のすぐ側でなかなか便利。
手作りが好きな奥さんによるコーヒー石鹸や蜂蜜入り石鹸、カバンなどの雑貨も要チェック。  (S)
PA130093.jpg

FARM STORY HOUSE情報
【営業時間】8:30~21:00(月曜定休)
【電話】08-4001-6773
【誌面地図】F-4










 



このページのトップへ

| ホーム |