チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ジャリン จริณ

Filed under カフェ

 

庭の席もくつろげつ


木造の民家でパイとコーヒーでくつろぐ

北タイに長い人なら、チェンラーイに向かう途中の「ジャリン」という店のパイの味を覚えているだろう。
そのお店がニマーンヘーミンに店を出して早5年。
最近ソーイ17に引っ越したというので行ってみた。
 まずは入ってすぐ右手の小部屋でパイや飲み物をオーダーし、奥の母屋に入る。
右側のピンクのドアを開けて注文を右側のピンクのドアを開けて注文を

木造の民家を改造したアットホームな雰囲気がアメリカンスタイルのパイにぴったり。
 パイはふわふわメレンゲでお馴染みのココナッツ・パイとレモン・パイの他、
ココナッツ・パイココナッツ・パイ
甘さ控えめのカボチャのパイやティラミス・パイ、チーズケーキ、ブラウニーなど目移りする。
ティラミスパイティラミスパイ

一番人気なのがマンゴークリーム・パイ。
クリームチーズのコクがマンゴーの酸味とよく合う。
マンゴークリームパイマンゴークリームパイ

パイに使用している果物はほどんどが自分の果樹園で採たるものだそう。
1代目のジャリンおばあさんはアメリカで看護婦をしていた合間に、
大好きなパイづくりを勉強した。
タイに戻ってきてから、タイならではの美味しいトロピカルフルーツを使ったパイを作って販売するようになり、
もう23年だそうだ。
93歳の今も毎朝5時起きでお菓子を作っている。お店は3代目夫婦が切り盛りしている。
木造民家の落ち着いた雰囲気

珈琲は息子さんが自家焙煎をしていて、いつも挽きたてが味わえる。
浅煎り、中煎り、深煎りの3種類から選ぶ。
カフェスペースは親戚のおばさんの家を訪れたような懐かしいテイストの調度品が配置されていて、
なかなか味わえないのんびりした感じは貴重かもしれない。
ゆっくりくつろぎたい甘党さんにお勧めのお店である。   (S)

チリ・ビレッジ情報
【営業時間】9:00~21:00 ハイシーズンは8:00~22:00(日曜定休)
【電話】08-6883-3883 www.facebook.com/CharinPie






 



このページのトップへ

| ホーム |