チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ラーン・パーパイ ร้านป้าไพ(289号)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

相席でも食べたい本格カオソーイ
P4190949.jpgカオソーイ・ヌア 35、40B

ピン川沿いのワット・ゲートの東側、
ムスリムの人たちが多く住むエリアにある老舗カオソーイ店
「ラーン・パーパイ」は「ラーン・カオソーイ・パーパイ」とも呼ばれ、
ジンホー(中華系ムスリム)の本格カオソーイが食べられる。
お昼時は満席で相席が当たり前、の人気ぶりだ。
P1161686.jpg

 カオソーイは、ヌア(牛肉)とガイ(鶏)の2種類ある。
長時間煮込んだ牛肉入りのカオソーイ・ヌアが一番人気で、
昼過ぎには売り切れることも。
「カオソーイはスープの味と麺が大切よ」とは、店主のパー・パイ(パイおばさん)さん。
パイおばさん

他の有名店などでは平麺を使っている店が多いが、
ここの店は丸い麺が特徴だ。
スープは最後まで飲み干せるあっさり系。
パイおばさんはジンホーのご主人との結婚を機にここでカオソーイ店を始めたのだそう。
スープも麺もご主人が作っていたそうだが、
数年前にご主人が亡くなられた後、娘さん夫婦と共にご主人の味を守っている。
麺はご主人が作っていた麺と同類の、丸い手打ち麺が毎日届けられている。

 お店ではカオソーイ以外にも、素麺に似たカノムジーンや
自家製揚げ餃子、一口シュウマイ、あんまん、チキンまんなどもある。
生姜の効いたタレが美味。揚げ餃子 生姜の効いたタレが美味。揚げ餃子
サラパオ(あんまんと鶏まん)サラパオ(あんまんと鶏まん)
カノムジーン・ナムニヤオカノムジーン・ナムニヤオ

セルフサービスの中国茶はほんのりジャスミンの香りがして爽やか。
お茶はセルフサービスお茶はセルフサービス
カオソーイはどちらかといえば観光客や外国人に人気の料理だが、
ローカル度満点の店内には、頭に布を被ったムスリムの女性をはじめ、
地元のお客さんがほとんど。
近所の人々に愛されているカオソーイ、一口食べればその理由が分かるだろう。  (S)

ラーン・パーパイ情報
【営業時間】9:00~16:00(不定休)
【電話】0-5326-0929
【誌面地図】H-5




 



このページのトップへ

| ホーム |