チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Tongta & Tawan Bakery トンター&タワン ベーカリー(289号)

Filed under ケーキ

 

アレルギーの人も安心、健康スイーツ

P4070111.jpg
 植物に覆われた不思議な雰囲気のケーキ屋さん。
ここで販売されているインドネシアのケーキ「ラピス」が美味しいという噂を聞いて訪ねてみた。
販売だけのこじんまりした店内で、お目当ての「ラピス」は右側の冷蔵庫の中にあった。
何層にも重なったケーキの見た目はバームクーヘン。
うわさのラパスケーキうわさのラピスケーキ
1~2人前の食べやすい薄切りパックもあるし、
冷凍庫の中には大きな塊サイズもあり、厚切りで食べたい人やお土産にはこちらが良さそう。
わずか1ミリ程度の層が幾重にも重なっていて感動的。
バニラ味からチョコや抹茶、レモン味まで、いろいろな味がある。
オーナー家族

オーナーのパチュラーさんも2人の娘さんも、それぞれ海外でお菓子作りを専門に勉強した経験あり。
地元チェンマイで、一般的には焼き菓子に使われないタイの果物を取り入れたケーキ作りなど、
常に独自の研究と工夫を重ねている。
リボンの色でグルテンフリーなどが分かる。リボンの色でグルテンフリーなどが分かる。

ガラスケースにはパチュラーさん自身も
一体何種類あるのか把握していないほどの種類のクッキーが並んでいる。
大きく分けて、ビーガン(卵、乳製品を使わない)、
ビーガン+グルテンフリー(小麦を使わない)、一般向けの3種類。
それぞれにタイの果物とスパイスとが組み合わされている。
スパイスいろいろ

そもそもグルテンフリーのお菓子作りを始めたきっかけは、
末っ子のタワンさんが小麦アレルギーだったからだとか。
店名は2人の娘さんの名前からつけた。
そんな愛情たっぷりのケーキやクッキーなのだ。
手作りハーブジュースも人気!手作りハーブジュースも人気!

39年間、宣伝は一切しない主義で店を続けてきたというが、
常に客足が途切れないことが、美味しさを証明しているようだ。 (S)
P4080169.jpgマトゥーンのケーキガトーン(左)とマトゥーンのケーキ

Tongta & Tawan Bakery情報
【営業時間】7:30~20:00(無休)
【電話】0-5327-5438
【誌面地図】マヒドン通り沿い、チェンマイランド入口手前。C-6




 



このページのトップへ

| ホーム |