チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ナーイ・ムー・バクテー(287号)

Filed under 中華料理

 

煮えたぎる肉骨茶でスタミナをつけよう!
器に盛るとこんな感じ。


ここ数年のミーチョークプラザ(ルアムチョーク市場)周辺の発展には目を見張るばかり。
個性的な新しいお店も次々と出現している。
ルアムチョークミーチャイ交差点からメージョー寄りにある
フィフスアベニュー内に昨年オープンしたこのレストランもそのひとつだ。
オーナーのムーさん(右)とマネージャーのペーンさん
オーナーのムーさん(右)とマネージャーのペーンさん
 ここのご主人ムーさんは南タイのパンガー出身。
メージョー大学を卒業後、約10年間プーケットで銀行勤めをしていたが、
学生時代に住んで気に入ったチェンマイに戻って仕事をしたくなった。
そこで閃いたのがシンガポール~マレーシア~南タイの中華系の人たちが大好きな
バクテー(肉骨茶)の専門店。
とくに寒い時季のチェンマイでは、
身体を温める効果抜群のこの薬膳料理がピッタリだと思ったからだ。
やっぱり鍋料理は仲間と食べるのがいちばんだ。

バクテーは滋養強壮、血行促進などの効能がある13種類の漢方ハーブを
2日間じっくり煮込んだスープに豚の骨付き肉、
内臓類、肉厚の干しシイタケ、マッシュルーム、エノキダケ、ユバなどを入れた料理。
注文するとグツグツ煮えたぎった状態の土鍋がテーブルに運ばれてくる。
1~2人なら150Bのセットで十分だ。1~2人なら150Bのセットで十分だ。

1~2人なら150Bのセットで十分だが、
300B・500B(豚足入り)・1000B(シーアスパラガス入り)・
2000B(アワビ入り)のセットだと量も具のグレードもアップする。
熱々の状態でご飯(パートンコー=揚げパン、白い中華細麺もあり)と一緒に食べれば、
すぐに身体全体がポカポカしてくる。
フレッシュな安全野菜もたっぷりついてくるから、栄養バランスは完璧。
北タイ初登場の本格的バクテー専門店で元気になろう!    (B)


ナーイ・ムー・バクテー情報
【営業時間】8:30~22:30(毎月1日・16日休み)
【電話】08-1796-6984
【誌面地図】J-3の先




Untitled-1_2015033009570341c.jpg

              

 



このページのトップへ

| ホーム |