チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

パパカレー PAPA CURRY(284号)

Filed under 洋食レストラン

 

こだわりの「日本のカレー」が食べたくなったら…。
トタン板の外装がユニークだ。

日本料理人気とともに
「日本のカレー」が好きなタイ人がどんどん増えてきた。
カレーライスがどこでも気軽に食べられるようになったのは嬉しいが、
もうひとつ味にピリッとしたものが欠けているような・・・。
ラチャダムヌーン通りはワット・チャイプラキアット前にあるこのお店では、
まさにこだわりの「日本のカレー」が出てくる。
それもそのはず、若きご主人(パパ)のエーさんは、
大阪でタイ料理を営むお兄さんの勧めもあって
5年連続毎年1カ月間、
天神橋の人気カレー専門店「カルダモン」で
カレー修行をしてきた本格派なのだ。
エーさんは日本語もちょっと話せます。エーさんは日本語もちょっと話せます。

まずニマーンヘーミンのコーヒー店で
カレー・メニューを提供し始め、
1年ちょっと前に実家の敷地内に
晴れて自分自身の店をオープンした。
カレーのルーは1週間に1回(その日は店を閉める)、
10種類以上のスパイス類とリンゴやマンゴーなど
5種類以上の果物などを13時間じっくり煮込んで作るというから気合が入っている。
いちばん人気のカツ・カレー150Bいちばん人気のカツ・カレー150B
いちばん人気は、揚げたての大きなトンカツが載ったカツ・カレー。
否が応でも食欲をそそる適度な辛さと風味に
嬉しさが込み上げてくる。
エビ入りクリームコロッケ150B+目玉焼き15Bエビ入りクリームコロッケ150B+目玉焼き15B

エビ入りのクリームコロッケ・カレーや
厚切りビーフ・カレーもお試しあれ。
厚切りビーフ・カレー 180B厚切りビーフ・カレー 180B

どのカレーも掻き揚げ風のカリカリ野菜がついているが、
これはこの店独自のアイデア。
その発展形ナス・カレーは女性人気が高い。
女性に好評のナス・カレー150B女性に好評のナス・カレー150B

大き目の揚げナスとカレーとの
意外にも絶妙なマッチングに納得。
カウンター席と内外のテーブル席を合わせても
全15席しかないお店は、
いつもカレー大好きのタイの若者たちで賑わっている。  (B)        
今時の学生さんはカレー大好き!
パパカレー PAPA CURRY情報
【営業時間】火~金 11:30~14:00、17:30~21:00
土・日 11:30~18:30 ※ラストオーダーは閉店30分前
【休み】月曜とカレールー作りの日(週1回) 【電話】08-2620-4440 【誌面地図】E-4





 



このページのトップへ

| ホーム |