チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Wrap and Roll ラップ・アンド・ロール(281号) ※閉店しました

Filed under 多国籍レストラン

 

※閉店しました
路地散策で立ち寄りたいサンド屋さん
路地の小さなお店

旅人が行き交うムーンムアン通りの路地6に、また面白い店が登場! 
旧市街にあるオーガニック・カフェレストラン「バーズネスト」のオーナーのヤオさんが手がける
ラップサンドやピタサンドの専門店だ。
具がたっぷり!具がたっぷり!

ラップサンドはメキシコ料理のひとつで、
薄い皮に豆のペーストやサルサなどを巻いて食べる。
カウンターにメニューが書かれたプリントが置いてあり、
お客さんは具を選んで印をつけて渡す。
メキシカンライスはもちもちの玄米にメキシコ風の味付けがしてある。
フライドビーンとは黒い豆のペーストで優しい味。
人気のサワークリームが中の具をまとめてくれる。
サルサソースやレタス、独特の香りが食欲を誘うコリアンダーはサービスだ。
玉子も野菜もお米も、使われている材料は全てオーガニック農園で収穫されたもの。
7種類ほどチョイスして約80B。
包むところを見せてもらったら、「巻けるの!?」と心配になるほど山盛りに具をのせ巻いてくれた。
両手にずっしりと重い。覚悟を決めて大きな口を開けてかぶりつく。
食べ応え満点!食べ応え満点!

イスラエルの伝統料理ファラフェル・ピタサンドは、
ひよこ豆のボールをフライと豆のペーストを詰めたやさしい味。
もちろん、こちらもボリューム満点。
ピタサンド80Bもこのボリューム!ピタサンド80Bもこのボリューム!

飲み物にはワインやビールもあり。ケフィアヨーグルトも人気だ。
美味しいコーヒーはお隣のレンディーデザインで注文できる。
ワインやビールもあります
道に面した席で路地を行きかう人を見ながら食べれば旅の気分も味わえるかも。
小さなお店の奥はギャラリースペースで、毎月アート作品を展示している。(S)
スタッフのRasmeeさんの絵画展スタッフのRasmeeさんの絵画展開催中

Wrap and Roll ラップ・アンド・ロール情報
【営業時間】9:00~19:00(無休)
【電話】08-3680-5593
【誌面地図】F-4





 



このページのトップへ

| ホーム |