チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

クウェティオ・ルットローク(276号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

見て食べて満足、トムヤム・ラーメン
クウェティオ・ルットローク(ナームコン)130Bクウェティオ・ルットローク(ナームコン)130B

世界を超えて他の店とは全く違うものを作りたい、
と思って店を開いたのはディムさんとギフトさんのカップル。
以前の場所からニマンヘミンに移って2カ月経つが、
その奇抜な発想と味に定評があり、店はいつもお客さんで賑わっている。
ディムさんとギフトさんディムさんとギフトさん
 看板商品はトムヤム・ラーメン。あの世界三大スープのトムヤムをベースに、
具や麺をいろいろとアレンジできるようになっている。
トムヤムはミルク入りの「ナームコン」とすっきりタイプの「ナームサイ」がある。
前者はミルクとチリペーストが入った、まろやかだけどピリピリくるスープ。
後者は生唐辛子とライムが味の決め手になった酸味と辛さがきいたものだ。
骨付き豚のスープ 30B骨付き豚のスープ 30B

どれも見た目がおいしそうで、
まずは目で楽しみ、そして舌で味わえる。
ディムさんによると、盛り付けは日本のラーメンに影響されたという。
チャーシューやメンマ、海苔などがきれいに並べられていておいしそうなので、
それをタイのラーメンにも取り入れたそうだ。
具は豚肉やエビという定番のものから、
タイの若者が好きな温泉卵、塩卵、イワシのトマト煮(缶詰)、海苔、
はたまたトンカツのせなんていうものもある。
トンカツ・ラーメン(ナームコン)50Bトンカツ・ラーメン(ナームコン)50B
さらに、川エビ、ムール貝、魚、イカなどがたっぷり入った
店名の「クウェティオ・ルットローク」なんていう豪華ラーメンも味わえる。
どれも発想が面白いだけでなく、
味付けもしっかりしていてクセになるおいしさだ。
ガツンと辛いが、辛さは調整してもらえる。(O)
店内
手作りゲーンハンレー 55Bなどご飯系も充実手作りゲーンハンレー 55Bなどご飯系も充実

クウェティオ・ルットローク  ก๋วยเตี๋ยวหลุดโลก情報
【営業時間】10:00~16:00(毎月1、16日休み)
【電話】08-8978-7996
【誌面地図】D-2




 



このページのトップへ

| ホーム |