チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

※閉店しました。 クルトッシュ Kurtosh 

Filed under カフェ

 

「煙突ケーキ」はハンガリーのおふくろの味?
煙突ケーキをサクサク切り分ける。

香ばしくてヨダレが出てきそう!

若者向けの楽しそうな店がたくさんあるThink Parkをブラブラしていると、
「煙突ケーキ」という看板があった。
ガラス越しに店の中を覗くと、なんやら面白そうなものを作っているではないか。

イスラエル人のご主人ミロさんは昨年来タイ、
本人の弁によれば「世界一素晴らしい街チェンマイ」が気に入って、今年3月にこの店をオープンした。
クルトッシュは両親の母国ハンガリー、厳密には同国東部トランシルバニアの伝統的なケーキ。
約300年もの歴史を持つハンガリーを代表する食べ物だという。

早速、作り方を拝見しよう。粉をこねた生地を薄く伸ばし、
それぞれの味(15種類ある)の食材を加えてから、渦巻き状の切り込みを入れていく。
それを中心に鉄の棒がついた木製の芯の周りにグルグル巻きつけていく。
あとはオーブンで5分も焼いて芯を抜けば、なるほど香ばしい「煙突ケーキ」の出来上がり。
伸ばした生地を渦巻状に切り込んでいく。

チョコレートなどの甘い味のものはお菓子、チーズ系の味付けは洒落た軽食になる。
外側はサクサクしているが、内側はちょっと柔らかい。
この食感の微妙なバランスがクセになりそう。
コーヒーとの相性はもうバッチリだ。
コーヒーとの相性はバッチリ!

切り分けたリングは1つ20~35B、フルサイズ(リング4つ分)だと80~140Bとお値段も手頃。
その場で熱々を食べるのがベストだが、お持ち帰りしてオーブントースターでちょっと焼いてもよい。
甘い味からチーズ味まで15種類から選べる。

冷蔵庫で3~4日は保存可能だとか。
チェンマイ(おそらくタイでも)初登場のユニークなケーキを召し上がれ!    (B)
クルトッシュ情報
【営業時間】12:00~22:00(無休)
【電話】08-3664-7506、facebook:KURTOSH C.M.
【誌面地図】E-2





 



このページのトップへ

| ホーム |