チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

エレファント・パレード・ハウス Elephant Prade House(256号)

Filed under ギャラリー

 

クリスマスには「象さん」をプレゼント!?
ワークショップで自分の象を作ろう!

 チャーンクラーン通りからチェンマイランドに入っていくと、
左側に色鮮やかな象の壁画と入り口の屋根の上に
巨大なバナナを飾った白い建物「エレファント・パレード・ハウス」が見えてくる。


 エレファント・パレードが設立されたのは2007年のこと。
 創始者のオランダ人親子マーク&マイク・スピッツがランパーンの象病院を訪問したとき、
地雷を踏んで大怪我をした子象のマーシャに出会ったことがきっかけだった。
モーシャの義足とレプリカモーシャの義足とレプリカ

 以来、有名アーティストによる象の野外作品展を世界各地(ロッテルダム、アムステルダム、
コペーンハーゲン、ロンドン、シンガポールなど)で開催、
収益の一部をアジア象の保護を目的とするAsian Elephant Foundationに寄付してきた。
 
 昨年10月にチェンマイにオープンしたのがこのギャラリー&ショップだ。
 店内には、カラフルな象のレプリカや象関連商品がたくさん並んでいる。
世界各地のアーティスト展示作品を複製した希少品もあれば、
地元アーティストのユニークな作品もある。
次々に新作が誕生している。


 オバマ大統領の顔をした象とか、他の動物のような象(?)など、
いたずらっぽいアイデアに思わずニッコリ! 
オバマだ象! オバマだ象!
ドリアンを割ったら象が出てきた!?ドリアンを割ったら象が出てきた!?
トウモロコシだ象!トウモロコシだ象!"
ミス・トーキョーだ象!ミス・トーキョーだ象!

 ちょっと追加料金を払って特別に名前を入れてもらえば、最高の贈り物、お土産になるはず。
 自分で色を塗りたい人は、気軽にワークショップ(随時受け付け)にトライしてみよう。
材料費、指導料込みで10cmサイズ600バーツ、15cmサイズ1000バーツとお得だ。
 2時間ほどで世界にたったひとつしかないレプリカの出来上がり。
アートボックスは799Bからアートボックスは799Bから
「象さん」ファンは全員集合! (B) 

エレファント・パレード・ハウス Elephant Prade House情報

【営業時間】10:00~19:00 (無休)
【連絡先】tel 0-5327-9816、www.elephantparade.com
E-mail:info@elephantparadehouse.com
【誌面地図】D-6






 



このページのトップへ

| ホーム |