チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ジャガジー(254号)

Filed under 洋食レストラン

 

今晩はタパスとワインでリラックスしよう!

今宵はこんな組み合わせで。今宵はこんな組み合わせで。


 タパスはスペインの小皿料理。これをつまみながら、ワインやビールを飲むのがお決まりのパターンだ。
ヘビーな食事はちょっと敬遠したいときなど、ニマーンヘーミン通りソーイ15の入り口近くにある
このタパス・バーに気軽に立ち寄ってみよう。
カウンターに座って気軽ニタパスをつまもう! (2)カウンターに座って気軽ニタパスをつまもう!

 店名はタイ語で「くすぐったい」という意味。
いかにもユーモア感覚たっぷりのシャレたネーミングだ。
ご主人のウィンさんはバンコク生まれだが、タイ航空に勤務していた父親の関係で海外暮らしが長く、
ドイツには24年間も住んでいたそうだ。
カジュアルでヘルシーな感覚のフュージョン料理レストランなどで仕事をしていたが、
3年前にタイに帰国。
まずフレンチフライの立ち飲み店bar fry(通路を挟んで向かい側の小さなスペース)から始めて、
2年前にこのタパス・バーをオープンした。
「ステーキ屋みたいな普通の西洋料理では面白くない。
スペイン旅行したときに気に入ったタパス・バーのスタイルをやってみよう」と思ったのだという。
気さくなオーナーのウィンさん気さくなオーナーのウィンさん

 カウンターのガラスケースの中には、日替わりのタパス(どれでもたった50B)がいろいろ並んでいる。
お好みの小皿を指差していくつか選び、あとはワイン(グラス100B~)かビールを注文するだけでいい。
料理によっては、ちゃんと温めてくれる気遣いが嬉しい。
タパスはどれでも50Bです。タパスはどれでも50Bです。
ガラスケースの中からお好みでどうぞ!  (2)ガラスケースの中からお好みでどうぞ!
ドイツ仕込みのポテトサラダドイツ仕込みのポテトサラダ


 本場ヨーロッパで仕事をしていたシェフの味付けはさすが上品で、
どれも酒の肴にピッタリ! 
協力関係にある隣のワインバーや日本料理店からの注文もOKだ。
低予算でワインを飲みたいときには最適のお店だろう。   (B) 
外の席で寛ぐのもいい。 (2)外の席で寛ぐのもいい。
bar fryではフライドポテトを! (2)bar fryではフライドポテトを!

       
ジャガジー(jagajee)情報
【営業時間】18:00~24:00(日曜休み)
【電話】08-0127-7477
【誌面地図】D-2、ニマーン地図L-4
【URL】www.jagajee.com
www.facebook.com/jagajeebar


       



 



このページのトップへ

| ホーム |