チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ラーン・ナーム・メーピン(閉店)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

オードブル カオソーイ

ナワラット橋のすぐ近く、ピン川沿いのチェンマイ・ランプーン通りのバス乗り場があった場所に美味しい北部料理を食べさせる店ができた。
料理を作るのはメー・ナーイさん(ナーイ母さん)。
彼女の母親もまた料理上手で有名だったそうで、そのレシピを受け継いだメー・ナーイさんが心を込めて作る北部料理は、まさしくお袋の味。
新鮮で良質の材料が惜しみなく使われ、しゃきっと瑞々しいレタスやハーブはお店の裏で栽培しているから農薬の心配は不要。
開放的で気取らない内装や、メニュー作りなどは2人の娘さんが担当している。
そんなアットホームな雰囲気も魅力のひとつだ。
日本人に人気のメニューは、カーオソーイとゲーンハンレー。
カーオソーイはこだわりの麺が使われ、柔らかくかつコシがある。
ゲーンハンレーは豚の喉の部分のみを長時間煮込んでいるから、脂身が少なくとっても柔らか。

グンチャン 季節のジュース(苺)
 
以前は北タイのソーセージ「サイウア」を作ってターペー門付近で売っていたそうだが、それがなんと、世界一長いソーセージとしてギネスブックにも載っているそうだ。
サーブされるときには食べやすく切って出されるからその長さを確認することはできないが、7種類のハーブがぎっしり詰まっていて美味。
店のお勧め料理はミークローブ・ラーンナー(ラーンナースタイルの揚げ麺)。
カリカリに揚がった麺に甘みのある汁をかけて混ぜ時に麺がパリパリッと音を立てるのが、なんとも楽しい。
その他、パッタイやカーオパットなどタイ料理も充実。
ぜひ召し上がれ。(S)

ラーン・ナームメーピン情報
【営業時間】10:00~22:00(無休)
【電話】0-5326-6046
【場所】(地図G-5)

 

 


チェンマイの家庭的な北部料理の店。

このページのトップへ

| ホーム |