チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

チョーンポー (252号)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

街のど真ん中に田んぼがあるなんて…。
チョーンポーの花が咲いていた。チョーンポーの花が咲いていた
 車がどんどん増え続け、賑やかになる一方のチェンマイ旧市街のど真ん中に
長閑な田んぼがあるなんて言ったら、まず誰も信じないだろうが…。
早くも稲が実り始めていた。早くも稲が実り始めていた
 3人の王様像広場前からワット・ドゥアンディーに入る路地を道なりに進んでいくうちに、
左手に見えるのがこの滞在施設。
門をくぐると、池のある庭園があり、その奥に稲穂の揺れる田んぼが広がっている。
街の中と思えない雰囲気が漂う。街の中と思えない雰囲気が漂う。
 なんか瞬時にして都会から田舎にワープしてしまったような不思議な気分になる。
施設名のチョーンポーは、敷地内に以前から植えてあった赤い花の木から付けられたもの。
落ち着いたデザインが好ましい。
 2年前にオープンしたこのブティックホテル&レストランは、
最高に便利な立地条件からすると、意外なほどに静かで落ち着いた雰囲気が漂う。
ラーンナー世界へようこそ!ラーンナー世界へようこそ!
 ホテルは18部屋のみ、そのうち5部屋はラーンナー風木造の建物の中にある。
 個人のお屋敷に泊まるようなプライベート感覚で
のんびりチェンマイを楽しみたい人には願ってもない場所だろう。
 ワット・ドゥアンディーとワット・ウモーンマハーテーラチャンの2つの古寺に挟まれた界隈に残る昔ながらのラーンナーの雰囲気をそのまま保存しようというのがオーナーの意向だとか。
トートマンプラー 80Bトートマンプラー 80B

ゲーン・ハンレーがウマイ! 80Bゲーン・ハンレーがウマイ! 80B
 併設のレストランでは、ゲーン・ハンレー、ゲーン・カヌーンなど、
本格的な北タイ料理を実に良心的なお値段で味わうことができる。
お好きな場所でどうぞ! お好きな場所でどうぞ!
 街中の喧騒に疲れたときは、ここに避難してゆったりした時間を過ごしてみては? 
 夕方以降は、池の近くに特別席を用意することもできる。
 本誌持参の方は、食事代10%割引サービス!(B)    


チョーンポー情報
【レストラン営業時間】10:00~21:30 (ただし朝食メニューあり)
【電話】0-5325-1828
【誌面地図】E-4






 



このページのトップへ

| ホーム |