チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ギック(251号)

Filed under 雑貨

 

手縫いの服やバックで北タイ風お洒落を取り入れて
楽しいポーチ。紐にも工夫があります。刺し子が素敵なジャケット
楽しいポーチ。紐にも工夫があり。刺し子が素敵なジャケット

 ウアラーイ通りにある小さな洋服店「ギック」には、
柔らかなコットンの貫頭衣やチャイナカラーの民族衣装が並ぶ。
一点ずつ手で縫われた服は、同じものは世界中どこにもない個性的なものばかり。
 これらはオーナーのギックさんがデザインし、手縫いの職人に刺繍や刺し子を発注したものを、
最後に彼女が自分で組み合わせて縫製しているとのこと。
刺し子模様が表は水玉模様、裏はストライブとリバーシブルで刺してあるジャケットを素敵だなと
見とれていたら、目の前で他のお客さんが購入。
その服はもう作らないから2度と手に入らないと言われガッカリ……
ということもしばしばおきる。気に入ったら迷わない方がいいだろう。

 壁にかけられたバックも刺し子で埋め尽くされたり、
カラフルなクジャクの刺繍があったりと、持ってでかけたら
コーディネートの楽しいアクセントになることまちがいなし。
これだけ手が込んでいても、小さなものなら450B、大きいもので1000B程度と値段は控えめだ。

 バックやポーチに施された魚や鳥などの刺繍の模様の中には、
ギックさんの7歳になる双子の娘さんが描いたイラストをギックさんが縫い取った、
というものある。子供の描く、楽しげでほのぼのとした表情が魅力だ。
ノースちゃん、ヌアちゃん
ノースちゃん、ヌアちゃん

 小さなマスコットやポーチなどの小物は、ちょっとしたお土産にも喜ばれそうだ。
全身に縫い子がぎっしり挿してあるジャケットは、服そのものに大変な存在感がある。
誰にでも似合う訳ではなさそうだが、ぜひ試しに羽織ってみて。 (S)
刺し子で埋め尽くされたジャケットは圧巻同じものはひとつもないバック



ギックさん
ギックさんと娘さん

ギック情報
【営業時間】9:00~16:00土曜日は歩行者天国のため、23:00まで営業。
【誌面地図】地図D-4




 



このページのトップへ

| ホーム |