チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Anchan Vegetarian Restaurant(248号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

安全で新鮮な野菜を彩鮮やかな盛り付けで

パット・パックルアム80B

 ニマーンヘーミン通りのヒルサイドコンドー2の路地に、小さなベジタリアンレストランができた。
 オープンしてまだ1年経たないが、夜は予約を入れないと席がないほどの人気ぶりだ。
 メニューはタイ料理や洋食、フュージョン料理など種類豊富。
 全て、オーナーのエーさんが毎朝市内のオーガニック市場などで仕入れる有機栽培や無農薬栽培による野菜を使用。野菜本来の甘みや香りを安心して堪能できる。
 炒めた野菜とフジッリ、チーズとが1つのボールにぎゅっと入った「パスタ・パックルアム(ミックスベジタブルパスタ)」は、10種類以上の野菜のおいしさをシンプルな味付けで味わうサラダ感覚の一品。
パスタ・パックルアム 100B 
 ベジタリアンレストランなので、お肉の代わりに豆腐を使ったメニューも多い。「タオフートート・ソースマカーム(揚げ豆腐のタマリンドソースあえ)」は、タマリンドの酸味と唐辛子の辛さが刺激的な一品。辛いのが苦手な人はきのこソースをどうぞ。
揚げ豆腐のタマリンドソース90B
 グリーンカレーなどのタイのカレーペーストはエーさんのお母さんの手作り。作り置きはせず注文ごとに作ってくれるから、ペーストに使われたハーブのフレッシュな香りごと味わえる。
グリーンカレー
 食べられないものがある人、辛いのが苦手な人は伝えれば対応してくれる。
そんな細かな配慮が人気の理由なのだろう。
 どれも色彩が美しいうえ、量も多く、なんと玄米は無料サービス。ベジタリアンじゃない人も大満足、まちがいなし。
 食後のデザートにバリ産オーガニックカカオの手作り生チョコ(甘みはドライフルーツと蜂蜜のみ)をお忘れなく。(S)
生チョコレート4つ80B P7277253.jpg
                       喉に爽やかジンジャーアイスティー(左)、青いアンチャンドリンク



Anchan Vegetarian Restaurant(アンチャン・ベジタリアン・レストラン)情報
【営業時間】11:00~21:00(月曜休み)
【電話】08-3581-1689
【誌面地図】K-4





 



このページのトップへ

| ホーム |