チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

カーオソーイ・メー・パーシー (235号)

Filed under 北部料理レストラン・食堂

 

パーシーお母さんとメムさん(左) カノムジーン・ナームニヤオ(30B)

 せっかくチェンマイに来たのだから北部料理を食べたい!と思う人は多いものの、意外に郷土料理を食べられる店が少ない。チェンマイ名物のカーオソーイ(カレーラーメン)やサイウア(ハーブソーセージ)、スープなどを1箇所で味わいたい人は、パーシーお母さんが15年ほど前にオープンしたこの店へ行ってみよう。最初はカーオソーイだけを売る小さな店だったが、評判が良く、娘のメムさんが手伝い始めてからはお店を広げ、北部料理もメニューに加えた。レシピはメムさんのおばあさんが家族のために昔から作っていたもので、化学調味料を使わず、1つ1つ手作りしている。

カーオソーイ(35B) サイウア(50B)

 看板商品は、店名にもなっているカーオソーイ。ここのはココナッツミルクが多目で、椰子砂糖とココナッツミルクの自然の甘味があり、ピリリッと唐辛子のアクセントがきいている。鶏肉、牛肉、豚肉、ルークチン(つみれ)の他、焼き鶏(ガイヤーン)がのったものもある。
 ミャンマー風カレーの「ゲーン・ハンレー」はコトコトと煮込んであり、タマリンドの酸味とスパイスがきいた味。手作り「サイウア」は皮はパリッと、中はジューシーで、レモングラスやコブミカンの葉がふわっと口に広がる。どちらももち米が進む1品だ。北部料理をいろいろ食べたい人は、「オードブル・ムアン」や「アハーンプーンムアン・メーパーシ」がオススメ。前者は北部のソーセージ系つまみ、後者はスープや野菜ディップ、肉料理などがセットになっている。
 また、郷土料理以外にも、パッタイやトムヤムなどもある。家庭的な店で気軽に料理を楽しめる店だ。

カーオソーイ・メー・パーシー情報
【営業時間】8:00~17:00(基本的に無休)
【電話】0-5327-7194
【地図】誌面地図D-4
【住所】179 Ratchamanka Road(PBシティーチェンマイホテルの向かい)


 


北部料理の店

このページのトップへ

| ホーム |