チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ロット・スアイ

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

クウェティオ・ガイトゥン・ヤーチーン 50B  午後2時過ぎでも、お客さんがたくさん。

「市民の憩いの場」ブアクハート公園の隣(コーナーを曲がるすぐ手前)にある人気店。ご主人はチュンポーンの中国系の家庭に生まれ、バンコクで育った女性ジョイさん。大学生のとき勉強した街、チェンマイが気に入り10年ほど前に食堂を開くことにしたという。その頃はこのタイプの麺類(クウェティオ・ガイトゥン・ヤーチン=漢方スープの鶏肉煮込み麺)を売る店はここだけだった。それから真似をする店がたくさんできたが、やっぱりオリジナルな味は他店の追従を許さない。
 まず新鮮な鶏肉を選んで調達し、漢方ハーブ入りのスープに入れて10時間以上弱火でじっくり煮込む。クウェティオやバミーなど麺類は、バンコクから仕入れた取っ手付きの土鍋に入れてテーブルに出す。この土鍋はジョイさん自身のアイデアだとか。保温効果に優れている上に、見かけ的にもなかなか雰囲気がよろしい。

各種肉の盛り合わせ 70B カオーナー・ガイトゥン 50B

 麺類を注文すると、鶏の手羽、腿、足、血のかたまりをワンセット入れてくれる。肉が柔らかくなるまで徹底的に煮込んであるので、箸でつまむだけで骨と肉がきれいに分かれる。足は一見グロテスクだが、慣れればそれほど抵抗ない。良質なコラーゲンのかたまりだから、美容にもよいはず? 漢方入りスープは胃腸を整える効果がある。最近の客層は若い人が増えてきたこともあって、スープの味は濃い目にしているそうだ。ラーメンライスのように麺とご飯を同時にオーダーしてもよい。鶏肉の盛り合わせをお持ち帰りして、日本米と一緒にいただいたら、ご飯がどんどん進むこと間違いなしだ。(B) 
      
ロット・スアイ情報
【営業時間】8:00~19:00 (無休)
【電話】08-8547-5536、08-8547-1639
【地図】誌面地図C-4


 


漢方スープの鶏肉煮込み麺

このページのトップへ

| ホーム |