チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ラートナー・モ・オーチャー (228号) Raat-na Mo Ocha Noodle

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

小さな食堂 ラートナー・ムークローブ 40B

 ワット・ナンタラームというお寺の通りにある小さな食堂は、お昼時になると大勢のお客さんで溢れかえる。店名にもある「ラートナー」とは、あんかけ麺のことで、米粉で出来た幅広のペロンとした麺と具とを炒め、その上にとろっとしたあんをかけたもの。少し甘めの濃い味がこの店の味である。具はたれに漬け込んだ豚肉やシーフード、豚肉をカリッと揚げたムークローブなどから選べる。そして、もうひとつの看板メニューは「パッシーイウ」。幅広の麺をシーイウ(醤油)で炒めるのだが、最近はどこもナンプラーなど他の調味料で作っている所が多い中、ここの店は、頑固に昔ながらの味付けにこだわっている。パッシーイウ・タレー(シーフード)を注文すると、日本の縁日のイカ焼きのような醤油が焦げた香ばしい匂いが漂う。その他、ご飯ものは、カーオパット(焼き飯)とガパオ(バジル炒め)。素材は毎朝仕入れ、その日のうちに使い切るので、野菜も肉も新鮮だ。

カーオパット・グン 40B パッシーイウ・タレー 40B

 実はこのお店の本店は、アヌサーン市場の有名なシーフードレストラン「モ・オーチャー」である。かれこれ40年前、モさんと奥さんのソーパーさんがナイトバザールでラートナーを売る屋台をはじめ、それが、今のレストランにまで大きくなった。レストランでは魚介類をふんだんに使った料理がメインだが、その頃のメニューを出したいという奥さんの希望で、長男夫婦がこの店を開いたのだそう。40年前の味を求めて古いお客さんも食べにくるという。昼時は座る場所がないこともあるので、時間をずらしていくといいだろう。     (S)

ラートナー・モ・オーチャー情報
【営業時間】9:00~17:00(売切れ終了)
【電話】0-5327-5108
【地図】誌面地図C-5
【住所】120/2 Nantharam Rd


 


あんかけ麺の店

このページのトップへ

| ホーム |