チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

The River Market

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

シークローン・ムー・ソース・マカーム 195B 木造の建物でゆったり寛ぐ。

 日本からの大切なお客さんや友人を食事に連れて行くならどこがいいだろう? 適度にラーンナー風でそれなりに観光っぽく、雰囲気がよくて食事もおいしいところ……そんな条件にぴったり合うのが、ピン川の岸辺に半年前にオープンしたばかりのこのレストラン。ナイトバザール観光でお腹が空いたとき、気軽に歩いていける距離にあるのも便利だ。
 高い屋根を木の柱で支えた立派な木造の建物の中に入っていくと、すぐ目の前にピン川が流れている。川沿いのレストランはたくさんあるが、ゆったりとした開放的な雰囲気ではこのお店がピカイチだろう。若者の夜間撮影スポットとして人気の高い鉄橋脇にあって、のんびり旅情に浸るにはもってこいのロケーションだ。

ヤム・ソムオー・プラー・タプティム 195B ピークガイ・ヤッサイ・サイウア 165B

 タイ料理メニューのお奨めは、揚げた淡水魚プラー・タプティムとソムオー(タイのポメロ)を和えたヤム、鳥の手羽にサイウア(腸詰)を入れた珍品、スペアリブのタマリンド・ソース焼き、淡水魚の代わりにサーモンを使ったホーモック(卵とカレーを蒸した料理)など。西洋人客が多いせいか、どのメニューもボリュームたっぷり、比較的マイルドな味付けで食べやすい。料金はやや高めだが、数人で何品か注文して分ければ経済的。タイ料理が苦手な人は、ステーキや寿司などをどうぞ。
 1階のテーブル席のほかに、川に向かって腰掛けるカウンター席もあるし、眺望抜群の2階席もある。たゆたうような北タイ音楽を聴きながら、タイ料理とピン川の眺めをまとめてたっぷり楽しんでいただきたい。(B)

ザ・リバー・マーケット情報
【営業時間】11:00~24:00(無休)
【電話】0-5323-4493
【サイト】www.therivermarket.com
【地図】誌面地図F-5


 


リバーサイドのレストラン

このページのトップへ

| ホーム |