チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

チヤン・ルークチンプラー

Filed under 屋台

 

クウェティオ・ルークチン・プラー40B ルークチン・プラー・ルアム・ルアク55B
 クウェティオなどの麺に入っているつみれ(ルークチン)には、豚や鶏、魚などの種類があるが、「魚のつみれ(ルークチン・プラー)が一番好き」という人にぜひ食べて欲しいが、このお店の「クウェティアオ・ルークチン・プラー」だ。ビーフン麺と一緒に、海苔入りルークチンやエビ団子、さつま揚げ、ワンタン(皮も魚のすり身でできていて、とろっとした具入り)など、7種類のルークチンが入っている。あっさりした豚骨スープがルークチンの味をうまく引き立てている。特筆すべきがスープの温度。タイ人は麺をすすって食べないからか、麺類のスープはぬるめの店が多いのだが、ここのスープは熱々! 辛いのが好きな人はトムヤム味で注文しよう。

パッタイ・センプラー 50B 飲茶 22~25B
「クウェティアオ・センルークチン・プラー」は、なんと麺まで魚のすり身でできている。この麺を使った「パッタイ(タイ風焼きソバ)」なんてメニューもある。プリプリした麺の触感が独特の一品で、一度は味わってみておきたいもの。
 ビールのおつまみには、ルークチンをゆでた盛り合わせがぴったり。このお店で使われているルークチンは海の魚が使用され、バンコクにある本店から届けられているとのこと。
 麺以外の人気メニューに飲茶もある。どれも一皿22~25Bと安くておいしい。チャーンクラーン店(1号店)、スアンドーク店(2号店地図D-3)のどちらも空調のある室内と外の席が選べ、食事時は大勢のお客さんで賑わう庶民的なお店である。(S)

チヤン・ルークチンプラー情報
【営業時間】9:00~21:00 (無休)
【電話】0-5327-3637
【地図】誌面地図E-5


 


魚ラーメン

このページのトップへ

| ホーム |