チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ゴーイー (218号)

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

カーオマンガイ(30/35B) カーオマンガイ・トート(30/35B)
 カーオマンガイ(鶏飯)を好きな人は多いが、ちょっと脂っこくて苦手という人はぜひこの店へ行ってみよう。ここのは鶏肉もご飯もスープもさっぱりしていて、毎日食べても飽きないのが特徴だ。
 バンコクのゴーイーおじいさんのレシピで、子どもの頃から食べ慣れ親しんだトップさんが伝授してもらい、チェンマイで店をオープンした。カーオマンガイの店というのは簡易な食堂形式のところが多いが、ここはミシン台を改造したテーブルや木枠のガラスケースを使用するなど木彫で統一していて、まるで一昔前の食堂のようで温かな雰囲気がある。

カーオ・カームー(30/35B) カフェー・ボーラン(10B)
 カーオマンガイはお馴染み茹でたものと、揚げたカーオマンガイ・トートがある。前者につけるタレは酸味・甘味・辛味がほどよく混ざったもの。好みで卓上のシイーウワーン(甘い醤油)をかけてもいい。揚げたものは、鶏のもも肉を使っているので、外はカリッと中はジューシーに仕上がっている。セットでついてくるスープは、鶏骨でダシをとったもので、海藻や野菜が入ってくる。カーオマンガイはとかく肉だけに偏ってしまいがちなので、栄養バランスを考えたそうだ。また、長時間コトコトと煮込んだ豚肉のカーオ・カームーは中までしっかり味がしみていて、口の中でとろける柔らかさだ。
 飲み物はトップさんのお父さんが作る昔ながらのコーヒーや紅茶を味わいたい。布にコーヒー豆や茶葉を入れて煮出して作るためとても濃厚。それに甘い練乳が混ざり合い、どこか懐かしい記憶を呼び起こすだろう。(O)

ゴーイー情報
【営業時間】7:30~15:30
【電話】082-694-6711
【場所】誌面地図 N-2(Srimankhalaja RoadとHuay Kaew Roadの三叉路近く)


 


鶏飯・豚足ごはんの店

このページのトップへ

| ホーム |