チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

The Flowery Home (216号)

Filed under カフェ

 

外観 穏やかな時間が流れる
 ジャルンラート通りに水色の洒落た喫茶店がオープン。入口の植物を観賞しつつ店内に入ると、ふわっと花の香りが…。店内にはあらゆる種類の可憐な花が飾られている。でも、よく見るとそれは造花で、さっき感じた花の香りは本物ではなく、フローラルなイメージがもたらした心地よい錯覚である。
オップさんのお勧めはハイティーのセット。大きなポットで出される紅茶は、メニューの中から選ぶことができる。燻製の手羽先やクッキー地のタルトに入ったヤム・ポンラマーイ(果物の辛酸っぱいサラダ)など、タイテイストを楽しめるのは、このお店ならではだろう。2~4人で行けば、いろいろな味を楽しめてお得だ。

季節限定メニューをぜひ! ノスタルジックな雰囲気の造花やインテリアも販売
 季節限定の完熟マンゴーとパッションフルーツのスムージーは、ビタミンカラーのオレンジ色とパッションフルーツの酸味の効いたトロピカルな味とが、暑さで疲れた体に元気を取り戻してくれる。マンゴーチーズケーキにはカオニャオ・マムアン(マンゴーともち米のタイスウィーツ)が添えられ(!)、ボリュームたっぷり。
 白い籐の椅子や古びた木の机などインテリアはヨーロッパのヴィンテージスタイルで統一。もともと家具のデザイナーであるオップさんが手がけたこれらの家具は販売もしている。家具と一緒に飾られたガラスの瓶や真鍮の置物、造花などもすべて買い求めることができる。
 程よく空調され、美しい花に囲まれてお茶を飲んでいると、室内で飼われているカナリアの鳴き声が聞こえてくる。暑い昼下がりのオアシス的カフェである。 (S)

フラワリーホーム情報
【営業時間】10:00~19:00(年中無休)
【地図】紙面地図 G-4 
【電話】0-5324-7212
【住所】252/1Charoenrat Road


 


カフェ

このページのトップへ

| ホーム |