チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

Ruen Come In ルアンカムイン(303)

Filed under ゲストハウス

 

ゴールデンチークが見事なホテル
チーク材を使ったレストランとホテル。1


昔ながらの北部料理とタイ料理を出すレストランで有名なルアンカムイン。
重厚なチークの柱が印象的で、
まるでラーンナー時代にタイムスリップしたような空気が漂っている。
そのルアンカムインが数年前にホテルをオープンした。
Ruen Ngam Grand Suite(どれか1枚使用) (2)1Ruen Ngam Grand Suite

「滞在施設があったらいいのに」というお客さんの声を受け、
少しずつホテルに改造していき、今では13部屋に泊まることができる。
コンセプトは、「友達が家に遊びに来たようなホテル」というように、ゆったりと寛げる空間になっている。
 宿泊タイプは大きく分けて3つある。
元は自宅だったというレストランの2階部分には60~99㎡の広さの部屋が3部屋あり、
床や家具などにチーク材がふんだんに使われている。
部屋によってはジャグジーやサウナもついている豪華さだ。
Ruen Ngam Grand Suite(どれか1枚使用) (1)1Ruen Ngam Grand Suite

 レストランの右横には2部屋(Rosewood)、左には新しい部屋(Ruen Mai)が8部屋ある。
前者はローズウッド材の温もりがあり、後者はモダンを兼ね揃えたスタイリッシュな部屋になっている。
どの部屋も掃除が隅々まで行き届いていてとても心地良い。
Ruen Mai1Ruen Mai1
Rosewood1.jpgRosewood1

 特筆すべきことは、朝食が充実していること。
オーナーのマイさんとラーさんは自分でオーガニック米を栽培するほど食への意識が高く、
素材はオーガニック、化学調味料はもちろん使っていない。
マイさんとラーさん1マイさんとラーさん
プールサイドで朝食。(パッタイ)1プールサイドで朝食。(パッタイ)
お粥やパッタイ、バジル炒め、アメリカン、マクロビ、
もち米&お肉などから選べるボリューム満点のセットだ。
長く滞在するほど心も体も元気になる、そんなホテルだ。      (O)

ルアンカムイン情報

【電話】0-5321-2516、www.ruencomein.com
【誌面地図】F-1



 

 



このページのトップへ