チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ~お』は毎月10日、25日に発行。

ポー・カーオパット・プー

Filed under タイ料理レストラン・食堂

 

あのカニ・チャーハンがこんなに安いなんて…。
カーオパッツト・プー 40Bカーオパッツト・プー 40B

 チェンマイラム病院前の交差点からハサディセーウィー通りを
ワット・サンティタム方向に進んだ右側(セブンイレブン向かい)に
カーオパット・プー、つまりカニ・チャーハンを店名に掲げたお店ができた。
ちょっと不思議な色の組み合わせです。

 プレー出身のご主人トンチャイさんは、
この8月にお店を開くにあたってバンコクの料理店でチャーハンの作り方を習ってきたというから気合十分。
強火で一気に炒めていく。

「なぜチャーハンのお店にしようとしたのか?」と訊いてみたら、
「簡単に素早く作れるから」とこれまた簡単な答えが返ってきた。
 タイではチャーハンの具となると一般的にエビの人気が高いが、
ここでは敢えてカニを前面に出して、しかも安い値段で提供している。
その狙いが見事にあたって、1日に300食ほど売れるチャーハンのほぼ半数がカニ・チャーハンだという。
カニの肉は傷みやすいので、毎日の使用分として5、6kgずつ市場から仕入れている。
 カニ、エビ以外にイカ、プラー・カポン(魚)、プラー・ケム(塩魚)、ツナ、豚、ネーム(発酵ソーセージ)など、
いろいろなチャーハンを注文できる。
カーパット・トムヤム・クン40B+卵10Bカーパット・トムヤム・クン40B+卵10B

普通の味付け(タイ人向けにちょっと甘い?)以外に、
トムヤム味、激辛パッキーマオ味も選べる。
ワンランクアップの米を使えば、ご飯のパラパラ感がさらに際立つはずだが、
この値段を考えれば文句は言えまい。
アパート暮らしの学生さんがお持ち帰りするケースが多いせいか、量もたっぷり。
 チャーハン以外にはお粥の種類も豊富。
その他単品メニューも他店よりずいぶん安い。
プラー・カポン・ルアック・チム 50Bプラー・カポン・ルアック・チム 50B
クン・オップ・ウンセンクン・オップ・ウンセン

付け合せ野菜は食べ放題。薄利多売のこの店は庶民の味方なのだ。   (B)
DSCN7945.jpg

ポー・カーオパット・プー情報
【営業時間】10:00~22:00(月曜休み)
【電話】09-7001-5534
【誌面地図】F-2


※近々、向かいのセブンイレブン脇の路地を入った先に移転する予定。

 



このページのトップへ